演奏家のための表現理論を指導する音楽表現法研究家

稲森訓敏

いなもりのりとし

リュシーメソッド

[ 三鷹市 ]

コラム

 公開日: 2016-04-10 

マティス・リュシーのプロフィール


 マティス・リュシー(Mathis Lussy)は、1828年スイスのシュタンスで生まれました。12
歳の時に父を亡くし、その後アベ・ブジンガーという音楽に精通した聖職者兼オルガニストに
育てられ、彼に音楽への入門の手ほどきをしてもらいました。18歳の時にパリに行き、ブジ
ンガーの薦めで多くの音楽家、アドルフ・アダム、エルワルト、シェヴェなどの門を叩きました。
その後ある修道院の教師になるように薦められ、40年間音楽の授業を受け持つ事となりま
す。 
 1863年、35歳の時に初めての著書である「ピアノ教育法の改革」を出版しました。この
著 書が出版されるや否やピアノ教育の大家たち(リスト、タルベルク、モシュレス、マルモンテル
、その他多くの巨匠たち)の注目を浴びました。1873年に出版した「音楽表現概論」は音楽
教 育に革命をもたらし、リーマン、ビューローの賛辞をうけることとなりました。この著作のもっと
も興味深い部分はリズムに関するところであり、リュシーは1883年にさらにその章を発展さ
せ「音楽のリズム」という著書を出版します。さらに1903年には「近代音楽におけるアナクル
ーズ」を出版し、ボルダン賞を受け、1912年には遺作となった「ベートーベンの悲愴ソナタ」
を出版しました。この著書はリュシーの理論を実際の楽曲によって証明しようとしたものです。リ
ュシーは、生涯をリズムと音楽表現の理論を探究することに捧げ、1910年82歳で亡くなり
ま した。 
 リュシーの弟子にはリトミックの創始者であるダルクローズなどがおり、ダルクローズはリュシー
のリズムと表現の理論を基にリトミックを開発し成功を収めました。他にコルトーとティボーは直
接パリ のコンセルヴァトアールでリュシ-自身からリズムと表現の理論を学び、ホロヴィッツ、ラフマ
ニ ノフは授業で、カザルス、シュナーベル、ブゾーニ、バレンボイムは独学でリュシ-の 理論を学
んだそうです。


 

この記事を書いたプロ

リュシーメソッド [ホームページ]

稲森訓敏

東京都三鷹市下連雀3-44-13ライオンズプラザ三鷹1006 [地図]
TEL:0422-42-7465

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
 
このプロの紹介記事
稲森訓敏 いなもりのりとし

演奏は理論で生まれ変わる。140年前の欧州に影響を与えた音楽表現理論をメソッドに(1/3)

言葉を越えて感動を与えてくれる音楽。プロの演奏家や声楽家は、聴衆を魅了するために日夜演奏技術を磨き、曲の理解や表現を研究し、その結晶が心震わせる音楽となるのでしょう。ヨーロッパの音楽家・マティス・リュシーが約140年前に発見し、当時のヨ...

稲森訓敏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽の表現法則の理解で情感溢れる演奏を理論的に作れるよう指導

会社名 : リュシーメソッド
住所 : 東京都三鷹市下連雀3-44-13ライオンズプラザ三鷹1006 [地図]
TEL : 0422-42-7465

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-42-7465

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲森訓敏(いなもりのりとし)

リュシーメソッド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ