演奏家のための表現理論を指導する音楽表現法研究家

稲森訓敏

いなもりのりとし

リュシーメソッド

[ 三鷹市 ]

コラム一覧

1件~10件(10件)

9.拍子の訂正について(2)

イメージ

拍子の訂正の為の4つの法則を説明します。1)小節線はそのままで拍子の単位のみ変える。上例の場合、訂正前の4/4の拍子だと右手のメロディーに8分音符2つずつのメトリックアクセントがついてしまい、ギクシャクした表現になってしまいます。しかし訂正後の2/2の拍子では8分音符4つずつの... 続きを読む

2017-04-17

8.拍子の訂正について(1)

イメージ

皆さんに驚くべきことをお伝えしなければなりません。作曲家が拍子を間違えて書いていることを。バッハしかり、モーツァルト、ベートーベン、ショパンなども拍子を間違えて書いているのです。これは重大なことでリュシーも最重要なこととして考えています。もちろん作曲家の創造力を否定しているの... 続きを読む

2017-04-17

7.リズムを発見する為の法則(フレージングの法則)とリズム内部の3つのアクセント法則

リュシーのリズム理論にはリズムを発見する為の法則(フレージングの法則)とリズム内部の3つのアクセント法則というものがあります。これはリュシーメソッドと呼ばれるものの前半の部分ですが、是非マスターして欲しいものです。慣れるまで時間がかかると思いますが、マスターすれば効果は絶大なもの... 続きを読む

2017-04-17

6.男性リズムと女性リズムの違いについて

イメージ

リズムが休止を伴うということは以前に書きましたが、リズムは休止の仕方によって呼び名が異なります。下例のように強拍で終わっているリズムを「男性リズム(男性終止のリズムとも言う)」、弱拍で終わっているリズムを「女性リズム(女性終止のリズムとも言う)」と言います。 次回はリズム... 続きを読む

2017-04-17

5.拍子とリズムの違い

イメージ

拍子とリズムの違いとはいったい何でしょうか?簡単に言ってしまえば、拍子は下例のように「動的な要素、力の要素」によって発生し、リズムは「音の連続の中断、休止という要素」によって発生するということです。拍子は永遠に同じ運動を繰り返し、リズムは必ず休止を伴いながら運動するということ... 続きを読む

2017-04-15

4.リズムに属さない音

イメージ

音楽の中にはリズムに属さない音というものがあります。リズムとリズムに属さない音の区別がつかないと演奏に混乱をきたす事になります。基本的には、音量的にリズムはリズムに属さない音よりは強く演奏されます。リズムに属さない音は4つに分類され、最初の2つはリズムとリズムを繋げるために使わ... 続きを読む

2017-04-15

3.音楽の中のリズム

イメージ

今回はリズムの具体例を見ていきましょう。上例の2小節づつの塊を「動いて止まる」塊として感じてみて下さい。そうすると1小節目が「運動」、2小節目が「停止」と感じられます。このように、音楽の中にはこのような塊がいくつもあってそれらが連なって音楽全体を作り出しているのが分かります... 続きを読む

2017-04-15

2.音楽リズムの定義

リュシーは自著の中で次のようにリズムを定義しています。「最終音が多かれ少なかれ休止の印象を与える音のグループ」私はもっと分かりやすいことばで次のように生徒達に説明しています。「動いて止まる一塊の立体的な運動体」この定義の理解が演奏の良し悪しを決定します。この理解が出来るように... 続きを読む

2017-04-15

1.音楽におけるリズムについて

音楽におけるリズムは現状をみる限りしっかりした定義がないようです。和声や形式には定義や理論があるものの、リズムにはありません。特に演奏表現のためのリズム理論となるとなおさらです。実はほとんど日本では知られていませが、このリズムというものが演奏表現の原因となっているのです。この... 続きを読む

2017-04-15

マティス・リュシーのプロフィール

イメージ

 マティス・リュシー(Mathis Lussy)は、1828年スイスのシュタンスで生まれました。12歳の時に父を亡くし、その後アベ・ブジンガーという音楽に精通した聖職者兼オルガニストに育てられ、彼に音楽への入門の手ほどきをしてもらいました。18歳の時にパリに行き、ブジン... 続きを読む

2016-04-10

1件~10件(10件)

RSS
 
このプロの紹介記事
稲森訓敏 いなもりのりとし

演奏は理論で生まれ変わる。140年前の欧州に影響を与えた音楽表現理論をメソッドに(1/3)

言葉を越えて感動を与えてくれる音楽。プロの演奏家や声楽家は、聴衆を魅了するために日夜演奏技術を磨き、曲の理解や表現を研究し、その結晶が心震わせる音楽となるのでしょう。ヨーロッパの音楽家・マティス・リュシーが約140年前に発見し、当時のヨ...

稲森訓敏プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽の表現法則の理解で情感溢れる演奏を理論的に作れるよう指導

会社名 : リュシーメソッド
住所 : 東京都三鷹市下連雀3-44-13ライオンズプラザ三鷹1006 [地図]
TEL : 0422-42-7465

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-42-7465

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲森訓敏(いなもりのりとし)

リュシーメソッド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
9.拍子の訂正について(2)
イメージ

拍子の訂正の為の4つの法則を説明します。1)小節線はそのままで拍子の単位のみ変える。上例の場合、訂...

8.拍子の訂正について(1)
イメージ

皆さんに驚くべきことをお伝えしなければなりません。作曲家が拍子を間違えて書いていることを。バッハしかり、モ...

7.リズムを発見する為の法則(フレージングの法則)とリズム内部の3つのアクセント法則

リュシーのリズム理論にはリズムを発見する為の法則(フレージングの法則)とリズム内部の3つのアクセント法則という...

6.男性リズムと女性リズムの違いについて
イメージ

リズムが休止を伴うということは以前に書きましたが、リズムは休止の仕方によって呼び名が異なります。下例のよう...

5.拍子とリズムの違い
イメージ

拍子とリズムの違いとはいったい何でしょうか?簡単に言ってしまえば、拍子は下例のように「動的な要素、力の要素...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ