コラム

 公開日: 2017-07-30 

転職活動には、リクルートスーツがあれば大丈夫??

昨日今日と、梅雨が明けたと思ったら、
しっとり(時々豪雨・・)の少し涼しい週末ですね。

真夏のビジネススーツを着ているビジネスマン、ほんとに大変ですよね。
かといって、豪雨に見舞われるとスーツもじめっとして
なんとなくテンションがさがると、、先日お会いしたビジネスマンの方が
おっしゃてました。

私も普段スーツを着る機会は今少なくなってはいますが、
雨だと移動の荷物をどうするかとか、
髪型がまとまらないのでどうするか、、とか朝の身支度の時間が増えます。

女性の方の多くも、雨だと足元の靴が気になったり、
ヘアスタイルが崩れたり、、テンションダウンするポイントも増えますが、
雨の日でも楽しめるポイントを見つけたいですね。




転職活動は、天職への一歩


先週は、転職にむけて準備をしている20代の方への研修がありました。

転職学校1

   
マナーや声診断、コミュニケーションなどから自分の今を見つめ直し、
人事採用のプロからの 職務経歴書などの書類の用意の仕方や
起業家の生の声など、さまざまな話を7日間かけて、じっくり学び、
最後の日に私のそれらを「伝える伝わるものに変える印象」というテーマで
仕上げる8日間の転職学校。
求人広告を扱っている株式会社ダイシングランドが主催をしている学校。
http://www.daishingrand.co.jp
   

ただ求人を募集をして企業へつなぐということだけでなく、
転職の機会は天職につながる道。
よかったと思える仕事に出会え、会えてよかったと思える人材に
つなげられる道を、という活動から作られた転職学校。
全日程9日間の最後の日には、 実際の企業の人事採用担当者を招き、
企業側と転職希望者両方からの プレゼンを行い、
ご縁につなげるという丁寧な取り組みの学校です。
  
  
応募も多い中、一人一人を面接し、入学者を決め、
自分達で考え行動することを うながすためのサポート姿勢もあたたかい。


私も色々と迷ったり、悩んだりした20代。
今の仕事に出会う前までは、ほんとうに自分が何がやりたいのかなんて わからなかった。
学生の頃に、やりたいことが見つかるなんて 本当に幸せなことだと思うんですよね。


社会に出ても、「自分が何に向いているか、やりたいか」
そんな思いを持って悩んだり、不安になったりしている人に これまでもたくさんお会いしてきました。


いいんだと思います。それで。
10代に天職に出会えるなんて、奇跡だと思うもん。


たくさん考えて、たくさん経験して、それが何か、次への道へつながる。
やらなければ、「よかった」も「ちがった」も わからないことってあるもんね。


だけど大切なのは、道を選びなおす時に何かのせいにしないこと。
会社?先輩?仕事?給料?待遇?
それを超えて辞める時を迎えられたら、それ以外の何かをやりきったと思ったら、
きっと次への道って、開けるものだと思うんですよね。

私も20代は転職重ねた派ですから。
  




転職学校7

身だしなみを超えて、「装う」ってどういうことか。
どんなに時が流れて、昔のように一社一社に電話をかけたりしなうても
ネットで様々な情報が得られるし、 活動の仕方も、様変わりした今。
でもこれから先も絶対になくならないのは、「面接」という場面。
そこに、
転職には「きちんとスーツを着て出かける」ということだけでなくて
必要なこと、大切なこと。
思っている以上に表現しないと伝わらないんだよ。
今の自分のできていること、これから身に付けたいこと、
それをこれからどうしていったらいいかを、印象の立場から お伝えしてきました。
  

転職学校8

一人一人が真剣に自分と向き合ってる姿。
なんだか素敵だな〜と思いながら
新しい世界へ一歩踏み出す勇気ときっかけになれば、と。

今の自分の勇気と可能性を信じて。。

転職学校4
  
  



ーーーーーー
そんな日には、私よりもはるかに様々な葛藤や経験を超えて
活躍をされている人生の先輩方と暑気払いへ。
  

生き方の背中を見せてもらって、
お話とすっぽんに、心も肌もつるつるなエネルギーチャージいただきに。
夏バテ対策しましょう!と選んだメニューのはずが、、
私そういえば、、、夏バテを経験したことが過去になかったということに
気づいた夜。

みつだ2
  

みつだ3

いろんな経験を重ねたからこそ、力の抜けた生き方ができる。
そんなことを感じた時間でした。

みつだ1


私も、そこを一歩ずつ目指していこう。
そう思える人に出会えた時間と、丁寧なおもてなしで迎えてくださった
お店の姿勢に、たくさんの気づきをいただいた時間でした。







魅力の総合演出家  斉藤典子

    

◆プロモーション動画 (自信という贈りもの)

https://youtu.be/h0VpKqAMt3g

◆ HP
https://lumiere-image.com

◆クローゼットコンサルティング
http://ameblo.jp/lumiere-jun/theme-10087678124.html
◆同行ショッピング
http://ameblo.jp/lumiere-jun/entry-12125758114.html


以前のブログは(2017年4月まで)こちらから↓
http://ameblo.jp/lumiere-jun/

◆プロモーション動画
https://youtu.be/h0VpKqAMt3g
◆HP
https://lumiere-image.com
◆クローゼットコンサルティング
http://ameblo.jp/lumiere-jun/theme-10087678124.html
◆同行ショッピング
http://ameblo.jp/lumiere-jun/entry-12125758114.html

この記事を書いたプロ

Atelier Lumiere [ホームページ]

イメージコンサルタント 斉藤典子

神奈川県横浜市青葉区 ※詳しい所在地は、ご予約を頂いた方に直接お知らせさせて頂いております。(完全予約制) [地図]
TEL:080-4663-8378

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご依頼例(個人)

ビジネスでの印象は「人」の印象だけがよくてもそもそもお願いをしたい問題が解決できそうもない人では、依頼・契約に結びつくのは難しいものです。「職業からの...

研修・講演実績例

洋服を気にかけること=おしゃれ、でもなくて自分と相手をも大切にする習慣のひとつ、だと思っています。 忙しいママは、特におしゃれになって気を使っていら...

 
このプロの紹介記事
lumiereのイメージコンサルタント 斉藤典子さん

言葉からも見た目からも「伝わる」自己表現能力。両方を磨き、仕事に活かす独自の研修を提供(1/3)

 「自分が好きで着ている服装について、人からアドバイスを受ける」。正直、抵抗感があります。自分が好きで着ているのだから、他人にとやかく言われたくない。多くの人が同意見でしょう。誰しも“自分”が思っている“自分像(セルフイメージ)”が存在し、...

斉藤典子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人間力を「見える力」に変え、伝わる力の高い人材に育てる

事務所名 : Atelier Lumiere
住所 : 神奈川県横浜市青葉区 [地図]
※詳しい所在地は、ご予約を頂いた方に直接お知らせさせて頂いております。(完全予約制)
TEL : 080-4663-8378

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4663-8378

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

斉藤典子(さいとうのりこ)

Atelier Lumiere

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
HP/ブログ、リニューアルしました!
イメージ

【HP/ブログ、リニューアルしました】        ずいぶんと・・・長い間お仕事をしている中、...

[ メニュー ]

大切な娘へ贈る自身というおくりもの
イメージ

 【Nineteen's Birthday Present】   ~大切な娘へ贈る自信というおくりもの~        ...

[ メニュー ]

お客様の声 1
イメージ

昨このサイトのリリース告知をさせていただいてから、ほんとにたくさんのメッセージをありがとうございます。...

[ ビジュアルコンサルティングって ]

いくつになってもココロを育てるFashion遊び♪
イメージ

なんだか本当に時代は進化してるな〜〜(笑)なんて思うこともよく、よく感じてしまう昨今♪   私がチビの...

[ ビジュアルコンサルティングって ]

「ステキ」を作るのに、つや感と潤いは必須
イメージ

先月今月と、 プロフィール写真撮影やらもろもろに向かわれる方の 衣装選びのご依頼が続いていました。  ...

[ 撮影プロデュース ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ