コラム

 公開日: 2016-05-27 

キレイをつくる艶感 〜肌・髪編1〜

艶。
潤い。

どれも、もう必須に欲しいお年頃ですワタクシ(笑)。

潤い



艶感


これは、きれいをつくる必須条件。
肌の艶感。
髪の艶感。
どちらも年齢を重ねていくと、誰でもがどんどん失われやすくなってきますもの。
例えば、50歳を過ぎた松田聖子さん。
いつまでも若々しくてcuteで素敵ですよね。
でも、もし彼女から肌の艶感、髪の艶感を引いてみた姿を想像してみてください。。。
ちょっと、いやだいぶ、年齢がアップした見た目に変わりませんか?




「年齢を左右する大切な魅せ方=艶感」


肌の艶感なくしてお化粧をすると、
お化粧のノリはもちろん、仕上がりもキレイになりません。
ファンデーションも乾燥している肌に塗れば
厚化粧になりやすいし、そうすると汗や日差しで崩れやすくもなります。
その「お化粧をした感」が気になってお化粧をしない、というお声も耳にします。
が、それもいくつか問題点ありです。
どんなにいい美容液を使おうが、
どんなにエステに通おうが、
日々のコレがないと、艶感には効果は半減。
言い換えると、日々のこれがあれば、効果は倍増?かも(笑)


それは、「保湿」よね。やっぱり^^。
化粧水をたっぷり、たくさん、丁寧に入れることですね。

いつも入れている手の動き、よくみてくださいね。
ちゃんとお顔全面に動いてますか?
ほっぺただけにしか・・・入れてないってことはないですか?(笑)

また
毎日のご飯を食べないで、栄誉ドリンク剤だけで生活するのはどうですか?
偏っていますよね。^^
化粧水は、毎日のご飯と同じ。
そして美容液やエステは、栄養ドリンク剤と同じ。と私は考えています。
お化粧水を「きちんと」「たっぷり」入れ始めると、それだけで
しっとりと艶が出てくるのはもちろん、お肌のくすみ感が消えた、とか
お客様からのお声を耳にします。

私も疲れたな〜という時こそ、
いつもより量と回数を多く、たっぷり化粧水補給を心がけてます。


お肌が整ったら、
艶感を意識したメイクにチャレンジするのもいいですよね。
最近チークに細いラメの入っているものもよ〜く見かけます。
いつものチークを入れる位置よる少し上めのあたりに軽くホワイト系のラメだけを
ふんわり入れておいて、それからいつもの頬骨のあたりにふわっとピンクと
混ぜながらのせると、
頬のあたりが艶っぽく見えてキレイです。
ただし、アラフォー&アラフィフは、上品に華やかに。
なのでやりすぎないで、自然に見える程度で、ね。

ラメがキラキラしすぎると・・・ギャルっぽく見えてしまって
かえって若作りな見え方になってしまうので^^。




虹ハート

「歳を重ねたら、必要なのは可愛いではなく「可愛げ」」


年齢を重ねていけばいくほど、
「可愛い」という言葉はなかなか合わなくなってくるけれど、
大切なのは・・・「可愛げ」。

可愛げの漂う女。
いくつになってもそんな雰囲気をまとっていたいな、と思うしっとり雨の後の週末。
お肌も湿度があって、しっとり落ち着いています。




魅力の総合演出家   斉藤典子

◆プロモーション動画
https://youtu.be/h0VpKqAMt3g
◆HP
https://lumiere-image.com
◆クローゼットコンサルティング
http://ameblo.jp/lumiere-jun/theme-10087678124.html
◆同行ショッピング
http://ameblo.jp/lumiere-jun/entry-12125758114.html

この記事を書いたプロ

Atelier Lumiere [ホームページ]

イメージコンサルタント 斉藤典子

神奈川県横浜市青葉区 ※詳しい所在地は、ご予約を頂いた方に直接お知らせさせて頂いております。(完全予約制) [地図]
TEL:080-4663-8378

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご依頼例(個人)

ビジネスでの印象は「人」の印象だけがよくてもそもそもお願いをしたい問題が解決できそうもない人では、依頼・契約に結びつくのは難しいものです。「職業からの...

研修・講演実績例

洋服を気にかけること=おしゃれ、でもなくて自分と相手をも大切にする習慣のひとつ、だと思っています。 忙しいママは、特におしゃれになって気を使っていら...

 
このプロの紹介記事
lumiereのイメージコンサルタント 斉藤典子さん

言葉からも見た目からも「伝わる」自己表現能力。両方を磨き、仕事に活かす独自の研修を提供(1/3)

 「自分が好きで着ている服装について、人からアドバイスを受ける」。正直、抵抗感があります。自分が好きで着ているのだから、他人にとやかく言われたくない。多くの人が同意見でしょう。誰しも“自分”が思っている“自分像(セルフイメージ)”が存在し、...

斉藤典子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人間力を「見える力」に変え、伝わる力の高い人材に育てる

事務所名 : Atelier Lumiere
住所 : 神奈川県横浜市青葉区 [地図]
※詳しい所在地は、ご予約を頂いた方に直接お知らせさせて頂いております。(完全予約制)
TEL : 080-4663-8378

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4663-8378

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

斉藤典子(さいとうのりこ)

Atelier Lumiere

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
HP/ブログ、リニューアルしました!
イメージ

【HP/ブログ、リニューアルしました】        ずいぶんと・・・長い間お仕事をしている中、...

[ メニュー ]

大切な娘へ贈る自身というおくりもの
イメージ

 【Nineteen's Birthday Present】   ~大切な娘へ贈る自信というおくりもの~        ...

[ メニュー ]

お客様の声 1
イメージ

昨このサイトのリリース告知をさせていただいてから、ほんとにたくさんのメッセージをありがとうございます。...

[ ビジュアルコンサルティングって ]

色と服と、語る時間
イメージ

〜Autumn Lesson「色と語る 服と語る」開催終了〜   [色と語る] 数秘やカラーセラピーから、自分の資質や...

[ ビジュアルコンサルティングって ]

いくつになってもココロを育てるFashion遊び♪
イメージ

なんだか本当に時代は進化してるな〜〜(笑)なんて思うこともよく、よく感じてしまう昨今♪   私がチビの...

[ ビジュアルコンサルティングって ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ