プロTOP:林清子プロのご紹介

終活から葬儀まで「お元気な時から相談者に関わり、より良い人生の卒業に寄り添う」(1/3)

生と死・葬送 SOGIサポートセンターの林清子さん

「人の想い」を大切に葬儀・葬送をフューネラルコンサルティング(葬儀・葬送一式)を考える

 誰もが必ず迎える人生の卒業。「100者100様の生き方があるように、人生にはその方にふさわしい終わりがあるのではないでしょうか。それを叶えるのが私たちの役目だと思っています」。生と死・葬送SOGIサポートセンターで代表を務め、数々の方のご葬儀やエンディングに携わってきた林 清子さんは温かな口調でそう話します。その言葉どおり過去のご葬儀のお写真を拝見すると、各宗派のしきたりに則った伝統的スタイルから、ハートや明るいお花で式場を彩ったまるでウエディングのようなお別れ会、散骨、バルーン宇宙葬まで。実にバリエーション豊かで驚かされます。

 お身内の葬儀を経験した方はおわかりのように、通常は定型プランをもとに慌ただしく選択を迫られるのが一般的。ですが林さん達はプランも多数用意する一方、「オーダーメイド」にこだわり、ご本人やご家族の想いと向かいあった上でご依頼者様主体の送り方をご提案していきます。
「ご葬儀の基本は『手向ける(たむける)』という言葉にあると考えております。どのようなお人柄だったのか、何がお好きだったのか。故人様の人生に敬意を払い心から手を合わせる。その想いさえあれば、常識や伝統を重んじた伝統的な儀式を選んでも、逆に新しいスタイルの葬儀をしても、その人らしいお見送りとなり、故人様への「感謝」の気持ちで心穏やかにお別れに向き合えると思います。

 故人、遺族に寄り添う。言葉で書くのは簡単ですが、「心を理解する思いやり」「企画力」「実行力」の3つが揃って初めて叶えられること。ご希望を叶える斎場の選定と、看取りから法要までをトータルで手がける……身内のような温かさとプロならではの視点と手腕により、ご本人・家族の想いを汲み取って形にしていきます。トラブルになりがちな費用も事前に総額見積でご提案と、ご依頼者様の不安解消を徹底しています。

 現在、普及しつつある遠方の親族・知人もネットを通じて参列できる「インターネット葬」や、式場に故人ゆかりの品を飾る「想い出コーナー」も実は林さんの発案。また、あるご葬儀ではレストランのオーナーだった故人を、大好きだったバラと音楽でにぎやかに送る「レストランでの葬儀」を実現されたそう。常識やしきたりではなく、人の心を出発点に組み立てるからこそ柔軟な発想がわき、その方にふさわしい儀式に導いていくことができます。すべての中心に「心」をおいた手厚いサポートは悲しみにくれるご遺族にも何より伝わり、通夜の前、葬儀後に感謝の手紙が届くことも多く、評判を聞いて愛知県・北海道からわざわざご依頼する方もいらしたそう。ご紹介やリピーターの方も途切れず、誠実なお仕事ぶりの何よりの証しです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 人生の卒業、終活のパイオニアとして葬儀・葬送を提案する

林清子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ご本人とご家族の想いから組み立てるオーダーメイドの終活と葬儀

会社名 : 生と死・葬送 SOGIサポートセンター Lin MC Group株式会社
住所 : 東京都調布市多摩川2-3-12(本社) [地図]
※稲城支店(東京都稲城市矢野口)
TEL : 0120-255-297

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-255-297

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林清子(はやしきよこ)

生と死・葬送 SOGIサポートセンター Lin MC Group株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ