コラム

 公開日: 2016-07-21 

夫源病やストレスを感じている50代の女性は卒婚が解決!

夫源病やストレスを感じている50代の女性は卒婚が解決してくれる?

みなさんは夫源病をご存知でしょうか?
夫の言葉や行動に対する不平や不満がストレスになり、
妻の身体に更年期のような症状がでてしまう病気です。

コミュニケーション不足と役割分担がうまくいっていないことが問題、と言われています。家庭の主婦がおこす病名として、大阪大学大学院医学系研究科の准教授である石倉文信先生が名付けました。
更年期の症状と似ているのですが、原因不明の不定愁訴や強い耳鳴り、横揺れのめまい、激しい頭痛、のぼせ、ひどい肩こり、全身の痛み、動悸、息切れ、呼吸困難、不眠、倦怠感など、様々です。

40~50代からが多いということもなく、
年齢に関係なく早い人で20代から経験しているようです。

妻の状況や考えている事を察しない夫への日々の小さな不平や不満が、脳の視床下部(自律神経やホルモンのバランスを司る部位)にストレスをかけ続け、次第に自律神経がバランスを失ってしまい、色々な症状をおこす、と考えられています。

夫に対してものが言えない専業主婦やもともと生真面目な人、また、まじめだけど頑固な夫をもつ妻、などがかかりやすいようです。波風をおこすのを恐れて我慢し続ける事でストレスをため、頭痛、肩こり、動悸など更年期のような症状に悩まされるようになってしまいます。

私の知り合いにも数名このような方がいらっしゃいます。専業主婦の方が起こりやすい病気と言うわけではなく、お仕事を持ち両立されてる方にも大変多く見られます。やはりどなたも辛抱強く生真面目な方が多いように思います。
何度も頭痛と耳鳴りを繰り返しついには突発性難聴で、現在も苦労されています。

ただ病状は人により様々で病院でもはっきりとした原因や対処方法がわからない場合がとても多いようです。病名がつかないので長年様々な病院を回ってきたと言う方も少なくありません。
但し放って置くと危険な場合もあるようです。

危険な病、すなわち脳過敏症候群を患っている可能性もあります。
軽い「めまい、耳鳴り」が時々起こる状態が数年続いたある日、突然、激しい頭痛に襲われたら、脳波を調べて脳過敏症候群でないかどうか調べてみましょう。もしそうでなければ、夫源病の疑いが強くなります。心筋梗塞や脳梗塞を患って取り返しのつかない事態を招くことになります。
以上 -気になる健康コラム- 健康・医療の総合情報サイトより引用

これに対して医師たちは
日ごろからため込まないようにする。
気分転換を図る。
会話などでコミニケーションを取る。
それでも変化がない場合は、数日間、家をあけてみましょう。夫から距離をおくことで症状は改善するでしょうし、夫に妻のありがたみを知ってもらう良い機会になります。とあります。

ですが、つい最近始まった事なら
コミニケーションを改善すると言う方法もありますが、
もうすでに数十年もこの病気と闘っている人もたくさんおられます。

55歳の女性で不眠や難聴、めまいを長い間繰り返していた方が、
子供さんの結婚を機に数ヶ月間泊まりに行かれて、産まれた赤ちゃんのお世話をして
旦那さんと別々に暮らしておられました。
すると体調不良は見事に治り、ストレスのない生活を手に入れられました。
このことをきっかけに、今までの病気は夫が原因だったのだとわかり、
時々距離を置かれるようになりました。

夫へ対しての不満や愚痴をすぐ口にできる人には、
このような症状で悩まれる方が少ないかもしれません。
以前医師の本に
「あんたのような、わからず屋と一緒にいると夫源病になっちゃうよ!」
と口に出せる人は、まずこの病気にはならない。
言えないでじっとこらえているから病気になっちゃうんだ。
と書かれていました。

これらは夫の性格にもよります。穏和な性格ならば言いやすいですが、
カッとなりやすく怒ったら長引く人や頑固で気難しい場合はなかなか言えないでしょう。
長年連れ添った夫婦ならまだしも結婚当初からあからさまにズケズケと言う事は難しいものです。
このような病に心当たりがある方は、長年我慢をしていると体が悲鳴をあげてしまいます。

暮らし方を変えたり、頼れる身内の所へ少しだけお世話になったりと、
少しずつ距離をとることが必要かもしれませんね。
子供さんの世話をする事を理由にそちらと半々の生活を始めるのもいいかもしれません。
いずれにせよ、
卒婚は改善策になるでしょう。

女性ライフスクールではパートナーシップ・家族関係
の個人相談を随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

いくつになってもイキイキと輝く女性でいるためにも
ひとりで悩まないでください!
これからを楽しみましょう!

女性ライフスクール

様々な夫婦のかたち、パートナーシップでお悩みの方へ

セミナー情報

この記事を書いたプロ

女性ライフスクール [ホームページ]

キャリアコンサルタント 山本和美

東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL:090-1335-9867

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
女性ライフスクール_山本和美さん

新しいパートナーシップの形を女性に向けて発信する卒婚アドバイザー(1/3)

人生後半に向けた夫婦の在り方や熟年離婚などが取り沙汰される昨今において、前向きな女性ライフを提案するのが女性ライフスクール代表である山本和美さんです。山本さんは卒婚アドバイザーとして、既存の夫婦像にとらわれない新しいパートナーシップの形を女...

山本和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

新しいスタイルの結婚生活・家族観で自由な女性ライフを提唱

会社名 : 女性ライフスクール
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL : 090-1335-9867

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1335-9867

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本和美(やまもとかずみ)

女性ライフスクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50代、60代 新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須なわけ

新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須。何しろ夫婦揃って我がまま、自分優先世代なの...

[ 幸せな結婚生活と人生後半を楽しみたい女性 ]

卒婚して移住!遠く知らない土地を目指す女性たちが急増?

最近、夫と離れ、女性が移住して新しい土地で生活する事を望む人が増えています。テレビなどでも何度か取り上げ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

何故、卒婚?何故この仕事をしているのか?

女性ライフスクールです。では、前回に引き続き質問にお答えしたいと思います。今日はなぜその仕事をしている...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

何故、卒婚?女性たちの幸せな生き方には必ずたくさんの選択がある

女性ライフスクールの卒婚についてはいつもたくさんのご質問を頂きます。卒婚とは一体どのようなものですか...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

老後に対する不安が高まる50代、60代の出来ること。

50代前後は、年齢を重ねるにつれ高齢者になる自分をうまく受け入れることができず、とても不安になったり、マ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ