コラム

 公開日: 2016-07-16  最終更新日: 2016-07-21

卒婚を考える50代・家族が自分のことをわかってくれないとき

卒婚を考える50代・家族が自分のことをわかってくれない時

いつになったら家族が自分にいたわりの心を持ってくれるのだろう?
そんなふうに感じたことはありませんか?
結婚生活は長い道のりです。その中で良いことばかりではありません。
家族のために、一生懸命していても苦情を言われてみたり、
ちょっとした気持ちのすれ違いやトラブルで嫌な気持ちを引きずったり、誰でもするものです。

毎日している洗濯や掃除にお礼を言ってくれる人はあまりいないでしょう。
掃除やガーデニングも自らが言わなければ褒めてくれることはありません。
「見てちょうだい、こんなにきれいにするのは大変だったのよ!」と
自分からねぎらいの言葉を催促することもしばしば。
家族にとってはそれが当たり前のことだから、気がつかなくて当然なのです。
でも、こんなに時間を割いているのにもう少し感謝してくれたらいいのに、
こんなに家事と仕事の両立で仕事で疲れているのだから少しは労ってくれるといいのに。
そう思った事はだれも経験があるのではないでしょうか。

子供に対しても小さい頃は無条件に世話ができましたが、成長して来るにしたがい、
自分のことをもっと自分でしてほしい。
手伝いひとつすら進んでしてくれない。自分の育て方、間違ったのかな?と思ってくるようです。
また、毎日家族のスケジュールに合わせていちにちが、あっという間に過ぎてしまう。
タイムテーブルを組んでいないとやっていけない。という声も聞きます。

このように普段過ごしていて、せめて休日ぐらいは自分の時間が取れるのかと思えば、
家族や夫も休日なのでますます忙しくなるわけです。
お昼ごはんを外やお弁当で済ませている家族たちは休日には3食必要になるわけです。
休みの方が忙しくなる、連休があるとかえって疲れる。
買い物に行って、作って片付けての繰り返し。と思っている人が少なくありません。

近頃ではたまに料理を手伝ってくれる夫が増えてきてはいますが、
3食全部作ってくれるような夫はなかなかいないでしょう。
まして買い物、料理、お洗濯と掃除まで、すすんでやってくれるパーフェクトな夫は果たしてどれくらいいるのでしょうか?
そのような人と結婚した人は宝くじに当たるほどラッキーな人かもしれません。

相手の喜ぶ顔が見れるからいいわ!そう思いながら多くの女性たちは
自分の時間を削って料理や家事に励みます。
きっといつか自分の時間が持てる時が来ると願いながら。
でも自らがその時間を無理にでも作らない限りなかなか手に入らないかもしれません。
一緒に暮らしている夫は気がついていないものです。

我慢に我慢を重ねた挙句、爆発してしなわないように、自分をいたわる時間が必要です。
「いつもこんなに我慢しているのに、夫がちっとも分かってくれていなかった。」
そのように話す方はたくさんいらっしゃいます。
夫婦だったらこれが当たり前、家族だったら母親はこれが当たり前、
そのような暮らしが長い年月をかけ、成立してしまっています。

苦しい時は無理をせず少しずつ息抜きをしてください。
そして自分の時間を作り出す工夫を始めましょう。それが相手の機嫌を損なうことになっても、
自分のことをわかってくれる人は自分以外にはいません。
そしてわかってくれないからと相手を責めたり、
いたわりの心を持って欲しいと、過剰に期待しても、
逆にストレスの原因になります。

家族や夫は自分のことで精一杯なんだ。
誰も皆生活することで忙しいんだ、と思うことも必要です。
そうした上でパートナーとの暮らし方、
家族関係を改善する方法を見つけるのも良いでしょう。
そして休日も、連休も家族や夫と 同様に楽しめる自分になっていきましょう。

女性ライフスクールは
いくつになっても豊かに輝く女性を応援しています。
自分の新しい時間を見つけに来てください!

卒婚、パートナーシップ、家族間のお悩みはお気軽に。
個人相談会も随時受け付けています。

女性ライフスクール

様々な夫婦のかたち、パートナーシップでお悩みの方へ

セミナー情報

この記事を書いたプロ

女性ライフスクール [ホームページ]

キャリアコンサルタント 山本和美

東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL:090-1335-9867

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
女性ライフスクール_山本和美さん

新しいパートナーシップの形を女性に向けて発信する卒婚アドバイザー(1/3)

人生後半に向けた夫婦の在り方や熟年離婚などが取り沙汰される昨今において、前向きな女性ライフを提案するのが女性ライフスクール代表である山本和美さんです。山本さんは卒婚アドバイザーとして、既存の夫婦像にとらわれない新しいパートナーシップの形を女...

山本和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

新しいスタイルの結婚生活・家族観で自由な女性ライフを提唱

会社名 : 女性ライフスクール
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL : 090-1335-9867

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1335-9867

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本和美(やまもとかずみ)

女性ライフスクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50代、60代 新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須なわけ

新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須。何しろ夫婦揃って我がまま、自分優先世代なの...

[ 幸せな結婚生活と人生後半を楽しみたい女性 ]

卒婚して移住!遠く知らない土地を目指す女性たちが急増?

最近、夫と離れ、女性が移住して新しい土地で生活する事を望む人が増えています。テレビなどでも何度か取り上げ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

何故、卒婚?何故この仕事をしているのか?

女性ライフスクールです。では、前回に引き続き質問にお答えしたいと思います。今日はなぜその仕事をしている...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

何故、卒婚?女性たちの幸せな生き方には必ずたくさんの選択がある

女性ライフスクールの卒婚についてはいつもたくさんのご質問を頂きます。卒婚とは一体どのようなものですか...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

老後に対する不安が高まる50代、60代の出来ること。

50代前後は、年齢を重ねるにつれ高齢者になる自分をうまく受け入れることができず、とても不安になったり、マ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ