コラム

 公開日: 2016-07-12  最終更新日: 2016-07-30

40代女性子育て中の卒婚はどうなる?

40代女性にとっての卒婚はどうなるでしょうか?

熟年夫婦にとって新しい夫婦のかたちや卒婚という選択を取り上げてきましたが、
40代ご夫婦でも卒婚をされている方がいらっしゃいます。
子供さんがいない場合は、子育てに拘束され身動きとれない子育て夫婦に比べて、
開始時期も自由で、かなり早い段階から卒婚ができることになります。
そのような方たちは、それぞれ仕事を持ち、仕事に合わせたスタイルで別々に生活されている方が多く見られます。中には早くから経済を分け、自分のことは自分で、
と言う感覚が非常に強いと思われます。独身生活の延長のように一見でき、羨ましくも感じられます。

子育てがまっただ中、または、まだ続いている40代夫婦の卒婚はどのようになるのでしょうか?
これは現実的に難しいのでは?と思われがちですが、様々なケースがありますので
工夫次第では無理なく継続できるようです。
また、現在の子供たちが、生まれ育った場所でそのまま進学して大人になると言うケースが少なくなって来ています。早くからスポーツに取り組み、早い段階からその道の学校へ進学される方や、大学進学を予定に、幼稚園や小学校から、または中学から学校を選ぶと言うことも珍しくありません。
その時、夫婦が一緒に暮らさないで、どちらかが子供に付き添い、その土地で生活を始めると言うケースもあります。

また何らかの事情で親への介助が必要となり、手助けを求められたとき
家族全員で移動できないということもあります。
子供の転校などを考えると問題が多く発生してしまいます。いきなり夫、妻の家への同居となるとハードルは高いですが、どちらかが実家へ住みながら、家族のところへも
通えるというスタンスをとることが可能になります。
実家で夫が自営業を続けたり、在宅ワークの妻が実家を仕事場にしたりと様々な方法が考えられます。

以上述べた事から分かりますが、やり方次第でいくらでも可能性があり、
40代での卒婚は難しいと思い込みは解消できましたか?
これらの共通する点は、スタートからいきなり卒婚へ無理にもっていくのではなく、
お互いが離れて暮らしていく上で、相手の生活を思いやりながら、できるだけ自分のことを自分ですると言う意識を持つことが必要になります。

妻なのだから世話や家事に通ってきて当然だと言う考え方も、
生活してみると相手の大変さも身に染みてくるようです。
まだ子育てをしている段階なので、50代以降のような24時間が自分のためにあるといった
開放感はありませんが、夫婦同士が頼り切ってしまう関係性から少し成長できるように思います。
いわば、理想的な卒婚への準備段階、予行演習のようなものと考えられます。

何にせよ、これらのことを行うにあたって、過剰な反応をする人も中にはいます。
他人からとやかく言われたり、あらぬ噂をたてられたりすることを恐れる身内も
多いかもしれません。
子供たちの立場を最優先し配慮してあげる必要はありますが、他人の評価にあまり過敏にならず、
「我が家の考え方はこうなんだよ。」と言う気持ちを家族が持っていればいいと思います。

世間一般で言う「常識的で立派な家族像」と言う固定観念を自分自身が強く持っていると、
人の目や噂が気になって仕方がなくなります。自分がどう評価されているかばかりを気にしていると、
家族全員までが、そのような気持ちになってしまいます。
そんな状態だと他人の家族のことも気になり、いちいち詮索してしまう、と言うのが人の常です。
そうなると間違いなく子供は影響してしまいます。
人はそれぞれ違って当然。そのように思い、他人へも大きな気持ちで関わりたいものですね。

度々嫌みを言われたり、過剰な詮索には、
きっと、うらやましいんだな、と流す事も大切です。

卒婚や新しい夫婦のかたちは
自分たちの新しい「家族観」へとつながっていきます。
40代の早い段階での卒婚は、その背中を見ている子供たちの自立心も養うという
いい影響力になると私は感じています。

セミナー情報

女性ライフスクールでは様々な夫婦の形を取り上げています。
個人相談もお気軽に。

卒婚、パートナーシップ、家族間のお悩みはお気軽に。
個人相談会も随時受け付けています。

女性ライフスクール

様々な夫婦のかたち、パートナーシップでお悩みの方へ

セミナー情報

この記事を書いたプロ

女性ライフスクール [ホームページ]

キャリアコンサルタント 山本和美

東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL:090-1335-9867

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
女性ライフスクール_山本和美さん

新しいパートナーシップの形を女性に向けて発信する卒婚アドバイザー(1/3)

人生後半に向けた夫婦の在り方や熟年離婚などが取り沙汰される昨今において、前向きな女性ライフを提案するのが女性ライフスクール代表である山本和美さんです。山本さんは卒婚アドバイザーとして、既存の夫婦像にとらわれない新しいパートナーシップの形を女...

山本和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

新しいスタイルの結婚生活・家族観で自由な女性ライフを提唱

会社名 : 女性ライフスクール
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL : 090-1335-9867

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1335-9867

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本和美(やまもとかずみ)

女性ライフスクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50代、60代 新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須なわけ

新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須。何しろ夫婦揃って我がまま、自分優先世代なの...

[ 幸せな結婚生活と人生後半を楽しみたい女性 ]

卒婚して移住!遠く知らない土地を目指す女性たちが急増?

最近、夫と離れ、女性が移住して新しい土地で生活する事を望む人が増えています。テレビなどでも何度か取り上げ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

何故、卒婚?何故この仕事をしているのか?

女性ライフスクールです。では、前回に引き続き質問にお答えしたいと思います。今日はなぜその仕事をしている...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

何故、卒婚?女性たちの幸せな生き方には必ずたくさんの選択がある

女性ライフスクールの卒婚についてはいつもたくさんのご質問を頂きます。卒婚とは一体どのようなものですか...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

老後に対する不安が高まる50代、60代の出来ること。

50代前後は、年齢を重ねるにつれ高齢者になる自分をうまく受け入れることができず、とても不安になったり、マ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ