コラム

 公開日: 2016-07-09 

卒婚はこれから結婚する人たちへのいざと言うときのための保険

最近とても変わってきているなと思うことが、
未婚の男女たちの結婚への意欲の変化です。

私は美容という仕事柄、毎日多くの女性に接していますが、独身女性は、
男性にモテたいからきれいにするという意識よりもいつもきれいにしている自分でいたいから。
自分のための、自分磨きという感覚の人が増えてきているように思います。
ネイルやエステに行くのも、マメにヘアーサロンへ行くのも、彼氏や出会いの目的ではなく、
あくまでお仕事や身だしなみの一部として。

そしていずれ結婚はしたいと思うが、
結婚相手で自分の生涯が決まってしまうことが怖い。
今の生活を満喫しているので、それを犠牲にするのは少し勇気がいる。
そしてこれらは幅広い世代の人に当てはまるようです。
その背景に自分の両親たちが苦労して来たことや、主婦業の大変さをとてもよく観察しています。

20代から40代の独身男女を対象に行なった意識調査では結婚観について
・全体的に独身であることへの焦りはあまりない。
・結婚願望や子供が欲しいという人は男女共に半数程度、
また、結婚願望がないと回答したのは男性が40%、女性で22%。
・少子化については男女共に半数以上が諦めムード、
子供を全く欲しくないと回答したのは全体の25%。
・大家族に対しては金銭的な理由からネガティブな意見が多数
・結婚相手に望む年収については、女性の44%が500万以上と回答
・結婚をしたい年齢は男性平均が37.2歳、女性平均が36.0歳という結果が出たそうです
(クリエイティブサーベイ調べより)

結婚に夢を感じるか?
結婚に未来はあるのか?
このあたりが、結婚に対する意欲の相違、結婚観ですが、多くの男性は結婚に及び腰であるということ。男性は一度結婚すると、独身時代のように自分の自由な時間やお金がなくなり、家族を食べさせるための責任が生まれます。このような将来に対する不安や責任感が心理的なプレッシャーとなり、結婚をためらう要因となるのだとか。

また、恋愛の悩み相談によくあるのは、
「彼氏が結婚を決意してくれない」というもの。男性から、
「彼女が求婚やプロポーズに応じてくれない」という話はあまり耳にしません。
(以上、みんなのウェディング調べより抜粋)
このように昔に比べ結婚に対する意識がずいぶん変わってきています。

以前出版関係の20代の女性とお話をしていたときに、
「仕事も面白いし続けていたい。
せっかく勉強してやっと築き上げたキャリアを出産や結婚でつぶしたくない。
かといって一生結婚したくないわけではないが、今の収入を100%自分に使えなくなると
思うと踏み切れない。母親の背中を見ていてこの人は、ほんとうに幸せなんだろうか?
と思うことがある。
姑の介護や自分の父親の世話に明け暮れている生活をあまりうらやましいとは感じない。」
と言うものでした。

また40代の女性は、
「母親がいつも大変そうだったのでかわいそうだった。
この先どうするのかと聞いたら夫が死ぬまで我慢すると
言う、自分もそうなるのかと思うと怖くて。」
結婚観や夫婦については、どうやら自分たちの親の影響がかなり大きいようです。

ですがこの人たちに卒婚の話をすると
そういう方法があるんだ!
もしかしたらたくさんの人が望んでいるかもしれない!
自分もそのような選択肢があるのなら結婚にも勇気が出るかも!と。
でもこれは女性だけの話ではありません。

同じく30代男性は上に書いたように結婚に関してとても慎重です。
自分の時間がなくなってしまうと言う、
失望感で、結婚に対する夢がわかないと言う男性は珍しくないように思います。
でも卒婚の現状をお話しすると、
「ある一定の期間は自分が拘束されるかもしれないけど、のぞみがあると言う事ですね!」
と大変興味深そうでした。

今現在、女性たちの中で話題になっている卒婚ですが、
これからの世の中、男性たちの中でも重要が広まり逆転現象が起きるかもしれませんね。
卒婚を促すのが男性側。何しろ今の若い世代の方たちは大抵の事は自分でできてしまいます。
一人暮らし大歓迎という声も聞こえてきそうです。
熟年世代の方たちには見習ってほしいことですね。

女性ライフスクールでは、いくつになっても生き生きと輝く女性を応援しています

過去記事

女性ライフスクール

様々な夫婦のかたち、パートナーシップでお悩みの方へ

セミナー情報

この記事を書いたプロ

女性ライフスクール [ホームページ]

キャリアコンサルタント 山本和美

東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL:090-1335-9867

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
女性ライフスクール_山本和美さん

新しいパートナーシップの形を女性に向けて発信する卒婚アドバイザー(1/3)

人生後半に向けた夫婦の在り方や熟年離婚などが取り沙汰される昨今において、前向きな女性ライフを提案するのが女性ライフスクール代表である山本和美さんです。山本さんは卒婚アドバイザーとして、既存の夫婦像にとらわれない新しいパートナーシップの形を女...

山本和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

新しいスタイルの結婚生活・家族観で自由な女性ライフを提唱

会社名 : 女性ライフスクール
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL : 090-1335-9867

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1335-9867

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本和美(やまもとかずみ)

女性ライフスクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50代、60代 新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須なわけ

新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須。何しろ夫婦揃って我がまま、自分優先世代なの...

[ 幸せな結婚生活と人生後半を楽しみたい女性 ]

卒婚して移住!遠く知らない土地を目指す女性たちが急増?

最近、夫と離れ、女性が移住して新しい土地で生活する事を望む人が増えています。テレビなどでも何度か取り上げ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

何故、卒婚?何故この仕事をしているのか?

女性ライフスクールです。では、前回に引き続き質問にお答えしたいと思います。今日はなぜその仕事をしている...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

何故、卒婚?女性たちの幸せな生き方には必ずたくさんの選択がある

女性ライフスクールの卒婚についてはいつもたくさんのご質問を頂きます。卒婚とは一体どのようなものですか...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

老後に対する不安が高まる50代、60代の出来ること。

50代前後は、年齢を重ねるにつれ高齢者になる自分をうまく受け入れることができず、とても不安になったり、マ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ