コラム

 公開日: 2016-07-01  最終更新日: 2016-07-03

50歳で熟年離婚を考える妻たちの本音

離婚を考える世代別アンケートで30代に次いで
50代の女性たちが多いのは何故でしょうか?
50代と言えば昭和40年前後の生まれで、
社会に出た頃はちょうどバブル全盛期あたりです。

女性たちが自分で稼いだお金でブランド品を買い、
おしゃれを楽しんできた世代。
美味しいものを食べ、踊りに行き、
ゴルフやスキーを楽しみ、旅行にも行き
とても贅沢な20代を過ごしています。
それと同時に結婚式や新婚旅行も
派手に行ったカップルが多いことでしょう。
もちろん結婚生活への憧れも大きかったはず。

そのようなスタートを切った夫婦たちは
結婚20年以上が過ぎてしまいました。
世代別の統計から見て
夫の仕事を優先し、夫の出世を夢見る妻が多い
のも特徴です。

住まいや持ち物にこだわりも強く
ランクの高い生活を送ることが目標という人も多い世代でしょう。
結婚生活が20年以上を経過して
子供は高校卒業して、社会人や大学生になるのが
50代。子育ても一段落してくる頃。

それと同時に夫の職場でのポストや
今後の収入も分かってくる頃といえます。
期待通りに出世してくれた夫、
思わぬ不況の被害者になった人など
長い夫婦生活の中にはいろいろな出来事があります。

2人3脚でこなした子育ても終盤に近づき、
一緒懸命夫を支えてきた妻たちは
こんなはずじゃなかった。
どれほどに期待をしてもこの程度で終わりかもしれない。と言う失望感が湧くようです。

家庭を優先し子育てに没頭してきた50代の女性たちが
真剣に離婚をしたいと考える理由は何でしょうか?

40代50代の女性対象に行われたアンケートでは
1.性格、生活習慣の不一致
2.嫁姑問題
または自分の実家と夫の問題
この上位2位が7割近くが占めています。
3.夫の浮気
4.自分の夢を叶えたい
5.夫の暴力やギャンブル
6.自分のほうに好きな人ができた

このような結果が出ているそうです。
(日経ヘルスプルミエ調べ)

50代と言えばこれからあと30年近く、
もしくはもっと長い期間を夫婦でともに生活をします。
その30年近くを改めて考えてみてしまう
節目のような世代なのかもしれません。

もっと違う人生もあったかもしれない。
これからは自分のためにもっと時間を使いたい。
そう考えるのはごく当たり前のことかもしれません。

少しくらいの欠点は誰にでもあります。
目をつぶり大目に見ている人も多いはず。
ですが、離婚を考えるほどの性格の不一致は
精神面にも悪影響を与えていくといえます。

長年我慢してきたものが、
ここに来て、将来に対する夢が失われかけた時に
爆発し離婚の決断へと至るのでしょうか。

離婚を決意してないにせよ50代の女性にとって
これからの夫婦生活が楽しいことばかりでは無いと
感じることも多くなってきます。

世話をする対象が我が子から
次は、義理の親へと変わってきます。
同居、介護、長男の嫁の役割などを
考えると心中穏やかではありません。

まだ見えない未来に対して不安を覚え
希望が見つけられなくなってしまう。
体調崩しやすくなると
訴える人が多いのもこの世代です。
50代の女性はホルモンの減少に伴い
一般的に落ち込みやすくなると言う人が多いようです。

一時の思いつきという人や
もう何度も繰り返し離婚を考えるという人、
もしくは、ずっと離婚を考えてきたなど
悩んで来た期間は様々です。
ですが行動に移してない理由は何でしょう。
次回はこの辺を書いていきますね。

女性ライフスクールは
様々なパートナーシップや
人生の後半戦に向けての新しい夫婦のかたちを
アドバイスしています。

卒婚とパートナーシップ

卒婚セミナー、個人相談会等
随時受け付けています。

卒婚講座・ご相談会

お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらを

女性ライフスクール

様々な夫婦のかたち、パートナーシップでお悩みの方へ

セミナー情報

この記事を書いたプロ

女性ライフスクール [ホームページ]

キャリアコンサルタント 山本和美

東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL:090-1335-9867

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
女性ライフスクール_山本和美さん

新しいパートナーシップの形を女性に向けて発信する卒婚アドバイザー(1/3)

人生後半に向けた夫婦の在り方や熟年離婚などが取り沙汰される昨今において、前向きな女性ライフを提案するのが女性ライフスクール代表である山本和美さんです。山本さんは卒婚アドバイザーとして、既存の夫婦像にとらわれない新しいパートナーシップの形を女...

山本和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

新しいスタイルの結婚生活・家族観で自由な女性ライフを提唱

会社名 : 女性ライフスクール
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-17 [地図]
TEL : 090-1335-9867

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1335-9867

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本和美(やまもとかずみ)

女性ライフスクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50代、60代 新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須なわけ

新しい時代のいい夫婦は適度な距離感とプライベートの確保が必須。何しろ夫婦揃って我がまま、自分優先世代なの...

[ 幸せな結婚生活と人生後半を楽しみたい女性 ]

卒婚して移住!遠く知らない土地を目指す女性たちが急増?

最近、夫と離れ、女性が移住して新しい土地で生活する事を望む人が増えています。テレビなどでも何度か取り上げ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

何故、卒婚?何故この仕事をしているのか?

女性ライフスクールです。では、前回に引き続き質問にお答えしたいと思います。今日はなぜその仕事をしている...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

何故、卒婚?女性たちの幸せな生き方には必ずたくさんの選択がある

女性ライフスクールの卒婚についてはいつもたくさんのご質問を頂きます。卒婚とは一体どのようなものですか...

[ 人生を左右するパートナーシップと幸せ ]

老後に対する不安が高まる50代、60代の出来ること。

50代前後は、年齢を重ねるにつれ高齢者になる自分をうまく受け入れることができず、とても不安になったり、マ...

[ 50代女性 人生の転機と未来の幸せ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ