コラム

 公開日: 2016-11-30 

不動産売却、高額査定だけでは判断せずに

不動産売却を「業者に依頼した又は依頼中」の相談と対策。

相談内容
①なかなか売れない。
②査定価格より大幅値下げを求められている。
③売却中、物件に予想外の問題が発覚した。
 など様々な、悩み・疑問の相談。

業者の選定方法を尋ねると数社に査定を依頼し高額査定をつけた業者に依頼した方が
ほとんどで、依頼者はできるだけ高く売りたいと考えるのは当然のことです。
しかし、買う側は相場より高い価格で売りだされている物件を購入するのでしょうか。

仲介売却査定は保証された売却価格ではありません。
つまり、物件が売れない理由の多くは「販売価格が高い」ことでした。
相場にたいして、価格が高いことです。

高すぎた価格設定が、期間経過によって業者は大幅値下げを提案します。
結果、精神的・肉体的にも疲れ、損をした気分になりがちです。
売り出し価格の見極めが重要になります。

不動産業者の選定方法について大手業者がよいのかなどの質問もありますが、重要
なのは担当する営業マンの経験・実績にも大きく左右されます。

対策として事前に所有不動産(土地)をよく把握しましょう

対策として事前に所有不動産(土地)をよく把握しましょう
例えば
①境界の位置(境界ブロックやフェンスの位置)を説明できるようにする。
②越境、対象地のものが隣接地へ越境又は、隣接地のものが対象地へ越境。 越境については、こちら
③前面道路が私道の場合、道路持分があるのか、又は使用承諾書等があるのか。
④対象地の路線価や公示価格等で概算坪単価を把握する。
他にも色々事前準備することは沢山あります。
不動産売却は事前準備が大事です。

公認不動産コンサルティングマスターよる、査定(売却)の事前相談を行っております。
詳細はお問合せください。
有限会社ライフ住販 ℡ 042-721-6630

この記事を書いたプロ

有限会社ライフ住販 [ホームページ]

不動産コンサルタント 前田純

東京都町田市原町田2-8-2 IS21ビル1F [地図]
TEL:042-721-6630

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ライフ住販の不動産コンサルティングマスター 前田純さん

幅広い悩みに対応できる沖縄出身の不動産コンサルティングマスター(1/3)

 相続税の税制改正が話題となっている昨今、相続対象となる土地や建物について悩みを抱えている人が増加しています。換金性の高い資産と異なり、土地や建物は時価額が不明瞭で、相続争いの論点になる事があります。そんな時に頼れる存在が、東京都町田市にあ...

前田純プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

公認不動産コンサルティングマスターの資格を所持

会社名 : 有限会社ライフ住販
住所 : 東京都町田市原町田2-8-2 IS21ビル1F [地図]
TEL : 042-721-6630

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-721-6630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田純(まえだじゅん)

有限会社ライフ住販

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
買い手がつかない不動産

不動産を処分したいです。    価格はいくらでもいいです。もらってくる人はいませんか。行政も寄付を受...

[ 不動産 売却 相談 ]

土地 地番の調べ方
イメージ

住所の表示には、住居表示と地番がありますが住居表示が実施されているところでは、地番と違う場合が多く登記簿...

[ 不動産 土地 ]

火災延焼と道路幅員関係
イメージ

以前のコラムで書きました、火災延焼と道路幅員の関係先日、新潟県糸魚川市で大規模火災が発生し、たくさんの...

[ 不動産 土地 道路 ]

不動産街頭無料相談会を開催しました
イメージ

10月11日ぽっぽ町田にて不動産街頭無料相談会を開催しました。主催 :公益社団法人全日本不動産協会 東京都...

[ 不動産 相談 ]

不動産査定 価格に影響する越境

越境とは、境界線を超えること。不動産に関する越境には、工作物(建物)や樹木等の一部が境界線を越えて(地上・空...

[ 不動産 越境 査定 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ