コラム

 公開日: 2015-06-12 

マンションの床面積の違い

マンションの専有部分の床面積には、分譲パンフレット記載の面積と登記簿記載の面積には誤差が
あります。
それは計測方法の違いです。
分譲パンフレットや不動産広告に記載されている面積の計算は「壁芯(へきしん・かべしん)計算法」と
呼び、建物の壁の中心線により囲まれた部分です。
一方の登記簿記載の面積の計算は「内法(うちのり)計算法」と呼び、建物の内壁で囲まれた部分と
されています。



マンションの売買は、壁芯計算の面積で行われる事が多く、事前に理解していれば問題となることも
ないでしょう。

わずかな違いで、税制優遇措置に影響を与える場合があります。
住宅ローン減税を受けるための条件のひとつに延べ床面積は50㎡以上とされていますが、その面積は、
パンフレットに記載されている壁芯面積ではなく、登記簿記載面積です。
登記簿記載面積は、パンフレットに記載された面積より小さくなるため対象から外れることもあります。

税制優遇等の基準床面積に近い場合は、慎重に見極めたいものです。

もうひとつの床面積の違い。
それは、固定資産税の課税床面積です。(自治体により異なることがあります)
固定資産税の課税面積には、登記簿記載面積だけではなく、共用部分(エントランス・階段室・集会室)
も含まれる場合があります。
したがって、共用部分については、各専有面積の割合に応じて求められた面積を加算して固定資産税の
課税面積としています。


不動産購入・売却事前相談は

有限会社ライフ住販  前田 純
不動産相談・お問合せはこちらまで
http://www.p-kit.com/usermail/index.php?id=59440
〒194-0013東京都町田市原町田2-8-2 IS21ビル1F
℡042-721-6630

この記事を書いたプロ

有限会社ライフ住販 [ホームページ]

不動産コンサルタント 前田純

東京都町田市原町田2-8-2 IS21ビル1F [地図]
TEL:042-721-6630

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ライフ住販の不動産コンサルティングマスター 前田純さん

幅広い悩みに対応できる沖縄出身の不動産コンサルティングマスター(1/3)

 相続税の税制改正が話題となっている昨今、相続対象となる土地や建物について悩みを抱えている人が増加しています。換金性の高い資産と異なり、土地や建物は時価額が不明瞭で、相続争いの論点になる事があります。そんな時に頼れる存在が、東京都町田市にあ...

前田純プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

公認不動産コンサルティングマスターの資格を所持

会社名 : 有限会社ライフ住販
住所 : 東京都町田市原町田2-8-2 IS21ビル1F [地図]
TEL : 042-721-6630

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-721-6630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田純(まえだじゅん)

有限会社ライフ住販

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
不動産売却、高額査定だけでは判断せずに

不動産売却を「業者に依頼した又は依頼中」の相談と対策。相談内容①なかなか売れない。②査定価格より大幅...

[ 不動産 土地 査定 ]

不動産街頭無料相談会を開催しました
イメージ

10月11日ぽっぽ町田にて不動産街頭無料相談会を開催しました。主催 :公益社団法人全日本不動産協会 東京都...

[ 不動産 相談 ]

不動産査定 価格に影響する越境

越境とは、境界線を超えること。不動産に関する越境には、工作物(建物)や樹木等の一部が境界線を越えて(地上・空...

[ 不動産 越境 査定 ]

建物保存登記とは

建物保存登記所有権保存登記(保存登記ともいう)は、家を新築してまだ登記をしていない建物をはじめてなされる...

[ 不動産新築 購入 登記 ]

土砂災害防止法
イメージ

土砂災害防止法に基づく都道府県による土砂災害の「警戒区域」と「特別警戒区域」の両方の指定が完了しているの...

[ 不動産 土地 調査 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ