プロTOP:屋形武史プロのご紹介

あなたの住宅・不動産に将来価値はあるのか 資産価値を最大に残すFP(1/3)

屋形武史 やかたたけふみ

知らないと損をする 既存住宅・不動産の将来価値

 今ある住宅の将来価値に対する客観的なアドバイスや、資産としての住宅取得を研修セミナーで教えているファイナンシャルプランナーがいます。屋形武史さんは、30年以上に渡り大手住宅メーカーで業界に携わり、住宅相談2000件以上、具体的提案500件以上という実績を持つ、住宅を取り巻く環境を知り尽くしているエキスパートです。これまでは建てるときの困りごとなどを解決してきました。現在は、住宅・不動産の取得から賃貸化、売却などの住まいの片付けまでを「住まいの資産価値とライフプラン」という観点から、クライアントにアドバイスしています。

 「住まいを購入する時に、たとえば30年後、その土地と建物がどれくらいの価値があるのか、という視点から考える方は少ないのが現状です。購入したらその不動産は「最後まで自分が所有し、価値はあり続ける」と思われている方が多いと感じます。ですが、不動産の価値は買い手が見つかって初めて本当に価値があると認められます。ですから、買い手側のニーズや立場に立った思考で、現在お持ちの住まいにどれくらいの将来価値があるか、まず知ることがとても重要です」 

 不動産の将来価値は、今後何十年かの人口世帯推計、経済、政策など複数の要因をもとに見極めることが可能、と屋形さんは分析しています。しかし、住宅取得時やその後、私たち素人はそこまで考えることはできません。だからこそ、諸々の判断をする時、プロのアドバイスが重要な鍵を握ることになります。

 「長寿社会では住宅・教育・老後の人生三大資金のなかで、住宅資金はかなりのウェイトをしめます。住まいにかかるトータル費用を客観的に算出し現状を知ることで、将来何に困るか、起こりうる可能性のあるトラブルの分析ができます。それは、ライフプランのキャッシュフローを検討する上でとても大切です」と屋形さんは言います。では、将来起こりうる問題やトラブルとは、どのようなものでしょうか?

<次ページへ続く>

【次ページ】 あなたの住まいは売却できるか

最近投稿されたコラムを読む
サービスメニュー

サービスメニューにつきましては下記当社HPをご参照くださいhttp://ldsupport.jp詳細につきましては、お手数ですがお問い合わせお願いいたしますメ...

屋形武史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

顧客の条件に合わせた住宅の取得・終活(売却、賃貸)をサポート

会社名 : 株式会社エルディーサポート
住所 : 東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル7F bizcube(東京オフィス) [地図]
TEL : 03-5931-7116

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5931-7116

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

屋形武史(やかたたけふみ)

株式会社エルディーサポート

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
日本FP協会第6回小論文コンクールで優秀賞をいただきました

突然ですが、お知らせしたいことがあります。私が所属しています日本FP協会主催の小論文コンクールに私が寄稿...

「敷地セットバック必須道路」には土地健康診断で不動産価値の確認を
イメージ

前回に続き道路種別のうち「建築基準法42条2項」の道路扱いを受ける、いわゆる「狭あい道路」「細街路」「みなし道...

やはり戸建住宅は新築も既存も耐震等級3が必須か?(2)
イメージ

前回に続き、戸建住宅の耐震性能について取り上げていきます 既存住宅にも求めたい、耐震等級3レベル 住...

やはり戸建住宅は新築も既存も耐震等級3が必須か?(1)
イメージ

平成28年4月の熊本地震では建築基準法でも想定していない前震、本震で震度7を二度記録しました。前震で倒壊を免れ...

既存住宅選択基準は新築にも共通する。劣化診断結果は最終の判断?
イメージ

日本では空き家が820万戸(不明を含めれば850万戸)となり「空家対策特別措置法」の成立や、昨年度の住生活基本計...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ