コラム一覧 :ビジネス

1件~15件(23件)

過去の15件

UBER(ウーバー)

Uberを知っていますか?Uber(ウーバー)は、アメリカで誰もが利用しているほど市民権を得ている「白タク」になります。白タクというと、なんだか違法なイメージがしますが、間もなく上場するという話もあり、新しい配車システムとしてすっかり文化に溶け込んでいます。... 続きを読む

ビジネス

2017-07-13

お給料ももらうためには

「手取り25万貰うにはいくら稼げばいいでしょうか?」額面が30万円だと、社会保険料や税金などを引かれるので、手取り25万円。「自分は会社から25万円の給料をもらっている」と考えます。ところが、会社側からすると、従業員に支払っている人件費は「給料の約3倍」と言います。... 続きを読む

ビジネス

2017-06-22

集客、マネジメント、モチベーションの悩み

お金にまつわる経営者の悩みは、売上、もっと分解すると、「集客」の悩みになります。集客に困らなくなれば、おおよそ売上に困ることはありません。それで、この集客ですが、これが厄介です。集客のための打ち手は、僕がリストにしてあるだけでも51個あり... 続きを読む

ビジネス

2017-06-19

ワースト3のカネ、ヒト、ビジョンの悩み

一昨日紹介したワースト3のカネ、ヒト、ビジョンは、中小・零細企業やクリニックなどのオーナーが陥りやすい「悩み」の典型的なパターンになります。http://mbp-tokyo.com/kyokai/cohttp://mbp-tokyo.com/kyokai/column/61443/そしてこれらは、「フェーズ」によって起こる問題が... 続きを読む

ビジネス

2017-06-16

「悩み」ワースト3

社長や院長、理事長の「悩み」ワースト3は、1位 お金の悩み2位 人の悩み3位 目標の悩みになります。お金についての悩みは、言い換えれば、「集客(集患)」に関する悩みで、お客さん(患者さん)さえ来てくれさえすれば、キャッシュフローが改善... 続きを読む

ビジネス

2017-06-15

愛用しているブランドから招待状が届いて

愛用しているブランドからAutumn & Winterの新作披露パーティの招待状が届いたので行ってきました。パーティなので新作披露だけでなく、シャンパンやオリジナルカクテルとフィンガーフードでもてなしてくれました。この秋冬のコンセプトは「宇宙」ということらしく、なるほど、60... 続きを読む

ビジネス

2017-06-12

ぺんてるのサインペン

ぺんてるのサインペンは、一家に一本くらいあるなんとも書きやすいちょうどいい加減の水性サインペンです。黒や赤のサインペンは、誰もが一度は使ったことがあるんじゃないですかね?いわゆる、定番のサインペンです。でも、最近はあまり見かけなくなったかもしれません。... 続きを読む

ビジネス

2017-06-11

定番商品を売るには

定番商品は、そのブランドが認知されていて、それを持つことがステータスに感じられるから魅力なのであって、そうでなければ、デザイン性のない平凡なものになってしまいます。そういう場合、たいていは、価格競争の波に飲まれて苦しくなってしまいます。今は亡き、僕が新卒で入っ... 続きを読む

ビジネス

2017-06-10

強烈な動機付けが必要になる

売りたいモノが380円のペンならば、ペンとしての「書ける」機能さえ失わなければ、そこに少しの可愛さを施すことで売れるモノができます。そんなに苦労は入りません。ところが、38万円の講座を売ろうとするには、多少の目新しさ程度ではなかなか申し込んではくれません。... 続きを読む

ビジネス

2017-06-09

デザインとは

ディズニーランドの「ディズニー&カンパニー」に行けば、たくさんのステーショナリーが売られています。昔、子供服の店長だったときには、胸ポケットにディズニーのキャラクターが付いたペンを差していました。子どもウケが良かったのでそうしていたのですが、そのほうが自分が楽し... 続きを読む

ビジネス

2017-06-08

機能美と装飾美

デザインとは、「機能美」が備わっていることが大前提にあって、はじめて「装飾美」の意味を成します。装飾的なデザインに富んでいても、使い勝手がまったく悪いものは、はじめは話題になったとしてもいずれ求められなくなります。これについては、スティーブ・ジョブズに... 続きを読む

ビジネス

2017-06-07

芸術について

食文化についての話し合いで、「私はお寿司が嫌いだから、和食は文化ではないと考えている」という発言は誰からも相手にされません。言うまでもなく、自分の好みと文化は関係ないからです。でもこういったレベルの議論は、よく芸術についての話で横行します。芸術という概念は、... 続きを読む

ビジネス

2017-06-06

『ブラタモリ』から学んだこと2

よく「質問力」と言うけれども、ただ質問すればいいというわけではないですよね。広義では、質問しなくとも相手に気づきを与えられれば、それは十分に質問力です。相手がグッとくるようなうならせる質問ができれば、それは最高の質問力です。昨日の『ブラタモリ』の続きで... 続きを読む

ビジネス

2017-05-24

『ブラタモリ』から学んだこと

先日、久しぶりに『ブラタモリ』を観てみると、「さすが、タモリさん!」と思えるシーンが満載でした。『ブラタモリ』は毎回ある場所を訪れて、その風土を紹介する番組ですが、その土地に詳しい専門家がタモリさんたちを案内してくれます。地元の人でもなかなか知らないその街の歴史な... 続きを読む

ビジネス

2017-05-23

ファン心理の変遷

ファンというのは、最初 「なんとなく その人を観ていると嬉しい」 というところから始まり、 「その人が活躍したり、 いい成績を出したりすると嬉しい」という段階を経て、 「もう、ただ、その人が幸せそうなら、活躍とか成績とかどうでもよくなる」 という境地に達するものだと思う。 ... 続きを読む

ビジネス

2017-05-01

1件~15件(23件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
講座・相談会のご予約

【協会のはじめて講座(無料講座)の予約はコチラ 】【協会準備講座・個別相談会の予約はコチラ 】 【シュテルンの講座の予約はコチラ】

協会について

協会総研では、「美しい協会が 美しい社会を創る」ということを証明するために日々活動しています。美しい理念を掲げて、それを実現しようとする協会が...

 
このプロの紹介記事
設立から運営まで「協会事業」を支援するコンサルタント 吉岡岳彦さん

協会の設立から運営まで幅広くサポート(1/3)

 同じ理念を持つ人が集う組織、「協会」。協会総研理事の吉岡岳彦さんは、協会を設立したい人、運営する人をサポートするコンサルタントです。 30歳で独立後、医療リサーチのインタビューや歯科医院のコンサルティングなど、医療、健康、栄養、美容分...

吉岡岳彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

協会の設立から運営まで、長期に渡って幅広くサポート

屋号 : 協会総研
住所 : 東京都港区南青山3-1-3 [地図]
TEL : 03-6780-0824

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6780-0824

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉岡岳彦(よしおかたけひこ)

協会総研

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ビジネスの順番が違う

ティーチャーズ・ポジションをとってから発信する。 これが本当に大事になります。 あなたが一番先にや...

[ マーケティング ]

ティーチャーズ・ポジションの例

もし、あなたがスーパーフードを特集したいテレビ曲のディレクターだとします。 食の雑誌の編集長でもいいです。...

[ マーケティング ]

ティーチャーズ・ポジション

さて、これまで「ブランディングをしながら、ポジショニングをとる」 という話を書いてきました。 これは本...

[ マーケティング ]

No.1(ナンバーワン)になる

ブランディングをしながら、ポジショニングをとるために、 「フラッグ(旗)を立てる」ことが必要です。 そ...

[ マーケティング ]

フラッグ(旗)を立てる

「協会を立ち上げるときに最初に何をしたら良いか?」の質問に、 「ブランディングをしながらポジショニングを...

[ マーケティング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ