コラム

 公開日: 2014-06-05  最終更新日: 2014-07-31

【7日目】経営改善計画の検討





【経営改善計画策定支援研修(理論編)7日目】

7日目のテーマは、

1.現状分析をふまえた計画立案

2.CF分析・計画 概論

3.税務概論

でした。


最初に6日目の積み残しをやりました。

6日目は、決算書を正常化することが中心でした。

そのうえで、さらに現状を正しく把握するための分析手法を学びました。

それは、数期の決算書を見比べての分析や、限界利益の分析、またセグメント分析です。

ここまでで、一応の現状分析が終了です。


ここからは、現状分析に基づいて経営改善計画の策定に入っていきます。

ところで、この計画の策定主体は誰でしょうか?


あくまでも経営者ですね。

間違っても、コンサルやアドバイザーではないということです。

当たり前のようですが、現実を目の前にすると主客転倒することもあるので注意しないと・・・。

気をつけます、はい。


それでは、計画策定はどこから手を付けるのか?

まずは、PLからですね。

商売はまずは結果として損益に表れますから・・・。


では、鉛筆をナメナメ作りましょうか。

って、根拠は何でしょうか?

損益はエクセルを使えば簡単に作れます。

根拠のない数字ですが・・・。


そこで、根拠をしかりさせましょう。

そのためには、施策が必要です。

この詳細は、また次回ということです。

いずれにしても、施策に基づいた損益計画を作ることが大切です。

その際に、SWOT分析と整合させたり、業種別関連指標との整合性も重要になります。

全然はずれてるとダメですもんね。


さらに、施策を作るときにはセグメント分析を行ったり、経費削減を行ったり、業種別の特徴を押さえることなどが重要になります。

こうやってPLを完成させたら、その結果をBSに反映させます。

特に借入金が何年で返せるかですね。

10年を超えるのであれば、資産売却等でBSを改善して借入返済期間を10年に近づけないといけません。


これでPLとBSができあがりますが、まだ一つ足りません。

それがCF計算書です。

要するに、資金が回らないとお話にならないということですね。

しかも、この計算書がないと借入金が返せるかどうかも分かりません。


注意しないといけないのは、再建が進むと売上・利益が向上します。

すると思ったよりも資金が足らなくて苦労します。

買掛金も増えますが、売掛金や在庫の金額も増えるので、結構資金繰りに汲々とします。

気をつけないと。


また、再建中は経費削減ばかりを考えがちですが、新規投資もしないと売上が上がりません。

工場や事務所、機械設備が老朽化していては話になりませんよね。

これらも考慮に入れて、CF計算書を作らないと・・・。


そのうえで、自由に使えるお金がいくらあるのかを計算します。

フリーキャッシュフローと言います。

いろんな計算方法がありますが、それは省略します。


ちなみに、このCFを計算するのにもう一つ重要な要素があります。

それは税金です。

損金・益金の算入・不算入も重要ですが、繰り越し欠損金の扱いの方がもっと重要ですね。

赤字になると、その翌年以降の黒字分と差引してくれるので、単年度黒字でも税金は不要になります。

ところが、繰り越し欠損金が無くなったり、繰り越し期限が来てしまうともう使えません。

すると、急に税金が多額に発生してビックリなんてことになりますね。

税金が払えなくて倒産する企業もあるぐらいです。

最近ではアフィリエイトで有名な企業も税金が払えなかったようですね。


再建中の企業は長く税金を払ってなかったりしているので特に要注意です。

さもないと、借入金が払えると思ってたのに税金で持っていかれたということにもなりかねません。

税金はしっかり払う必要があるので、それも考慮に入れたCFの計算は必須ですね。


本日は以上です。

では、では。


創業前後、その後にも知っておきたい補助金や融資の話http://syatyoujuku.com/archives/6098

この記事を書いたプロ

一般社団法人エンタープライズサポートジャパン [ホームページ]

経営コンサルタント 黒川晃

東京都江東区東陽3-27-17 長谷川ビル5階 Land Chaos 東陽町 [地図]
TEL:03-6388-9414

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
教育研修と事業売買の仲介を行う経営コンサルタント 黒川晃さん

新規事業・第2創業で赤字の脱却・売上向上を目指す企業をサポート(1/3)

 中小企業の経営課題が多様化、複雑化する中、行政は中小企業支援策として「中小企業経営革新支援法」を平成17年に施行。新たな事業活動に取り組む中小企業が「経営革新計画」を作成し、都道府県知事の承認を受ければ、政府系金融機関での低利融資を受けら...

黒川晃プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

融資に結びつく事業計画の作成支援を行います

会社名 : 一般社団法人エンタープライズサポートジャパン
住所 : 東京都江東区東陽3-27-17 長谷川ビル5階 Land Chaos 東陽町 [地図]
TEL : 03-6388-9414

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6388-9414

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒川晃(くろかわあきら)

一般社団法人エンタープライズサポートジャパン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
吾妻彰二
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【創業補助金の申請支援の申込受付を開始しています】

【創業補助金の申請支援の申込受付を開始しています】 2月3日(火)に平成26年度補正予算が成立しました。...

[ 融資 補助金 ]

《補正予算》平成26年度補正予算案 中小企業対策のポイント

《補正予算》平成26年度補正予算案 中小企業・小規模事業者対策のポイント一昨日(1月9日)、平成26年度補正...

[ 融資 補助金 ]

【ボケとツッコミ】

【ボケとツッコミ】 そこちゃうやろ、ツッコむんは! ナニまともにコメントしてんねん。 ...

[ 融資 補助金 ]

【男子と女子】

【男子と女子】 そない呼ばれるんは、小学生までやろ? ええ大人が男子や女子って・・・。 ...

[ 融資 補助金 ]

【ゆとり世代ですから!】

【ゆとり世代ですから!】 それがどないしてん。 これまでユトリやってんから、これからはバシバ...

[ 融資 補助金 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ