コラム

 公開日: 2016-09-12 

遺言作成にあたっての注意点

今回は、前回ご案内した遺言書について、作成する際の注意点について、お話します。

前回ご案内したとおり、遺言書は、法定相続分とは異なる配分で相続をさせたり、法定相続人以外の人にも財産を渡したりすることを可能にします。

ただし、遺言書に記載をしておけば、遺言書のとおりに相続がなされるかというと、必ずしもそうではありません。
法定相続分と異なり、相続人には「遺留分(いりゅうぶん)」と呼ばれる権利があるためです。

たとえば、あなたが配偶者に先立たれ、お子さん3人(長男、長女、次男)がいて、遺言を残すとき、自分と同居をして生活を共にしている次男に全ての財産を相続させたい!と思ったとします。
この場合、「遺産の全てを次男に相続させる」等の記載を遺言書に記載することとなりますが、遺言書に基づいて、全てを次男が相続できるかというと、そうでない場合もあるのです。

民法上、遺産を相続させないこととしたお子さんお2人(長男、長女)も、法定相続人として、各自の法定相続分の2分の1に相当する財産については「遺留分」として、自分が相続できるのだ!と主張することができるためです。(もっとも、主張できる期間は、制限があります。)

もちろん、将来、あなたが亡くなられたとき、遺言書記載の内容は、遺産分割協議の中で、あなたの遺志として1番尊重されるものです。
ただし、あまりにも相続内容を変えてしまうと、せっかく遺言書に記載したあなたの遺志が死後に反映されずに、相続人間で争いが続くことにもなりかねません。

どなたかお1人にだけ相続させたいと思った場合でも、他の相続人の方にも遺留分に相当する金額を相続させる内容にさせたり、他の相続人の方に相続内容を決定した理由を記載したりすることで、相続人間での争いを起きにくくするような工夫が必要といえます。

どのような工夫をすることによって、将来の争いが起きにくくなるかは、これまでのご家族のご事情等で異なるといえます。

こんな遺言書の内容でもよいか、工夫が必要か、とのお尋ねでもかまいませんので、よろしければ弊所にご相談ください。

この記事を書いたプロ

竹村総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 竹村公利

東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル4-B [地図]
TEL:03-5447-2888

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

芸能事務所を経営しております。取引先との債権回収をめぐるトラブルがありましたが、竹村先生に依頼して、1か月もしないうちにすべて解決でき、また、新たな取引先も...

 
このプロの紹介記事
竹村公利

知識と経験に思いやり、洞察力をプラスしたサービスを提供(1/3)

 将来どんな職業に就きたいか、現実に即して思い描いたのは何歳くらいのことでしたか。そしてその希望を、あなたは叶えることができましたか? 竹村公利さんが弁護士になろうと決めたのは、中学2年生のある夜のこと。何か特別なきっかけがあったわけで...

竹村公利プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

訴訟、離婚、不動産・会社法等紛争・債権回収に通じています。

会社名 : 竹村総合法律事務所
住所 : 東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル4-B [地図]
TEL : 03-5447-2888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5447-2888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹村公利(たけむらきみとし)

竹村総合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
預貯金が遺産分割の対象に

今回は相続に関し、最近出された最高裁判例の紹介をいたします。これまで、相続財産のうち預貯金については、...

[ 相続 ]

子どもの手続代理人制度の活用

皆さんは、『子どもの手続代理人制度』というものがあるのをご存知でしょうか。この制度は、平成25年1月1...

[ 家事事件 ]

別居中の生活費~婚姻費用分担請求~

夫婦が離婚をする際には、その前に別居をしていることが大半です。しかし生活が別々になったとしても、法律上は...

[ 離婚 ]

職場におけるセクシュアル・ハラスメントに対する事業主の責任及び対策

今日、労働者が性別によって差別されず、その能力を十分に発揮できる職場環境を整備することが重要な課題となって...

[ 法務 ]

業務委託契約とは

他人に自己に代わり業務を遂行してもらうにあたり、一般的に「業務委託契約」という名称で契約が締結されることが...

[ 契約 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ