コラム

 公開日: 2014-07-21 

企業間訴訟への配慮

会社あるいは企業体が相手の場合、個人間での訴訟とは手続きや、実体面で配慮が必要となる場合がある。


たとえば、手続き上、個人の場合は、自然人たる本人の名称や住所などが当事者を特定する情報となるが、


会社をはじめとする法人の場合は、登記簿に記載された情報が当事者を特定する情報及び資料となる。


また、個人の場合は、過去の事実に対する認識は当該個人の認識そのままを述べればよいが、


法人の場合は、いずれの役員また理事の認識を持って、過去の事実に対する認識とすべきか、ここで多少のずれが生じることがある。


以上は例にすぎないが、自然人たる個人間における訴訟と、一方当事者が会社等法人である場合の訴訟では、手続きや書面作成において、配慮が必要となることは言うまでもないことである。


裁判経験が浅いと、このあたりの認識があいまいなまま訴訟を遂行し、ずるずると負け裁判に陥っていくことがまま見られるので注意すべきである。

この記事を書いたプロ

竹村総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 竹村公利

東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル4-B [地図]
TEL:03-5447-2888

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

芸能事務所を経営しております。取引先との債権回収をめぐるトラブルがありましたが、竹村先生に依頼して、1か月もしないうちにすべて解決でき、また、新たな取引先も...

 
このプロの紹介記事
竹村公利

知識と経験に思いやり、洞察力をプラスしたサービスを提供(1/3)

 将来どんな職業に就きたいか、現実に即して思い描いたのは何歳くらいのことでしたか。そしてその希望を、あなたは叶えることができましたか? 竹村公利さんが弁護士になろうと決めたのは、中学2年生のある夜のこと。何か特別なきっかけがあったわけで...

竹村公利プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

訴訟、離婚、不動産・会社法等紛争・債権回収に通じています。

会社名 : 竹村総合法律事務所
住所 : 東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル4-B [地図]
TEL : 03-5447-2888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5447-2888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹村公利(たけむらきみとし)

竹村総合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
預貯金が遺産分割の対象に

今回は相続に関し、最近出された最高裁判例の紹介をいたします。これまで、相続財産のうち預貯金については、...

[ 相続 ]

ストーカー被害にあったら

「ストーカー行為」とは、特定の人に対する恋愛感情その他の好意の感情や、それが満たされなかったことに対する恨...

[ 刑事 ]

破産法の非免責債権~破産免責許可決定が出ても支払を免れられない債権~

破産を申し立てると、裁判所が免責許可をされるか、不許可になるかという判断を最終的にすることになります。破...

[ 破産・再生 ]

財産分与と印税収入

著名な作曲家や作家の場合、印税は相当な金額に及び、印税収入だけで生活することが可能な場合もありますが、印税...

[ 離婚 ]

改正個人情報保護法施行

平成27年9月9日付けで、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)の改正法が公布されましたが、平成29年5月30...

[ 法改正 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ