コラム

 公開日: 2013-02-27 

家事事件法の改正④ 申立書等の送付

審判事件、及び調停事件における、相手方への申立書の写しの送付(家事事件手続法67条

1項、256条1項)~



この点について、従来は明文の規定がなく、運用上、申立人の相手方に対して申立書の写しを送付しない扱いがなされてきました。あるいは、相手方の申し出により、同意を得て送付するなどの扱いがされていました。



しかし、今回の法改正により、家庭裁判所は、「手続の円滑な進行を妨げるおそれがあると認められるとき」(同法67条1項ただし書、256条1項ただし書)を除き、原則として、申立書の写しを事件の相手方に送付しなければならないとされました。



これは、相手方が争点等を把握して第1回期日に臨めるよう配慮したものであり、相手方の手続保障を図る目的から定められたものです。このような制度目的からすると、申立人としては、争点が明らかになるよう、できるだけ具体的に事実関係や主張を申立書に記載する必要があります。



もっとも、今回の法改正によると、離婚調停申立書の写しなどについてもそのまま相手方に送付されることから、相手方が見ることを前提に作成する必要があります。



例えば、よく言われることではありますが、攻撃的な表現を用いることや、相手方を誹謗中傷するような記載は、手続の円滑な進行を妨げます。



さらに、申立人がDVの被害に遭い相手方と別の住居地に避難している場合には、住所地については裁判所のみに伝える等の方法をとる必要があります。

この記事を書いたプロ

竹村総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 竹村公利

東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル4-B [地図]
TEL:03-5447-2888

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

芸能事務所を経営しております。取引先との債権回収をめぐるトラブルがありましたが、竹村先生に依頼して、1か月もしないうちにすべて解決でき、また、新たな取引先も...

 
このプロの紹介記事
竹村公利

知識と経験に思いやり、洞察力をプラスしたサービスを提供(1/3)

 将来どんな職業に就きたいか、現実に即して思い描いたのは何歳くらいのことでしたか。そしてその希望を、あなたは叶えることができましたか? 竹村公利さんが弁護士になろうと決めたのは、中学2年生のある夜のこと。何か特別なきっかけがあったわけで...

竹村公利プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

訴訟、離婚、不動産・会社法等紛争・債権回収に通じています。

会社名 : 竹村総合法律事務所
住所 : 東京都渋谷区恵比寿4-4-6 MARIX恵比寿ビル4-B [地図]
TEL : 03-5447-2888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5447-2888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹村公利(たけむらきみとし)

竹村総合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
預貯金が遺産分割の対象に

今回は相続に関し、最近出された最高裁判例の紹介をいたします。これまで、相続財産のうち預貯金については、...

[ 相続 ]

特殊な破産手続き~債権者破産申立て~

破産手続きといえば、債務者が支払いをできずに破産申立てをするということが一般的ですが、破産法上、債権者が申...

[ 破産・再生 ]

親権者の指定についての特殊判例の照会

今回は、親権者の指定に関する特殊な判例をご紹介いたします。通常、親権者の決定においては従前の養育状況が...

[ 離婚 ]

債務者が破産したときの債権者の立場

債務者が支払いをできずに破産をするとなった場合には、債権者としてはどのような対応をすることになるのでしょう...

[ 破産・再生 ]

発信者情報開示請求

 インターネット上の掲示板における誹謗中傷の書き込み(名誉毀損等)や他人の写真の無断アップロード(プライバ...

[ ネット被害 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ