コラム

 公開日: 2016-07-26 

パーティーに行ってみよう! 2/2

前ページはこちら

加藤周介ダンスアカデミー直伝!楽しく踊るための7つの作法

①しっかり誘う、快く誘われる。そして断るときはエレガントに。
基本、男性が女性を誘います。「お願いします」「踊りませんか」と必ず一声添えて。
そして断られたときは、潔く引き下がる。舌打ちや不満たらたらの態度はみっともないです。散りぎわこそジェントルマンシップの見せ所。
女性はなるべく、快く申し出を受けること。「誘われたら断らない」のが原則です。
②不平不満を顔に出さない(もちろん言葉や態度にも)
レベルの差や踊り方の癖で上手く踊れない、また期待ハズレの相手で楽しく踊れない…、そんなときについつい表情やしぐさに出てしまうのはもってのほか。あなたを楽しませるために相手がいるわけではないことを頭にいれておきましょう。一期一会の数分間をどうやって楽しく過ごすのか? 自分が楽しむのではなく、相手を楽しませるつもりで踊ってみてください。
③自慢のステップを披露しない(男性)
パーティーは誰もが踊れるようなシンプルなステップで踊るのがマナーです。
ここぞとばかりに難しいステップを披露し、「上手いんです、僕」と主張するのは愚の骨頂。上手いより痛い人、残念な人、面倒くさい人…と認知されるだけ。「能ある鷹は爪を隠す」くらいで。
④特定の人とだけ踊らない
仲良しグループでパーティーに参加する方は、仲間だけで踊り、他の人とは踊りたがりません。「私、人見知りなんで」なのはわかりますが、パーティーは大人の社交の場。ダンスを通じて多くの人と楽しく交流する場ですから、積極的にいろいろな人と踊りましょう。知らない人と踊るどきどきを楽しんでください。技術も上がります。
⑤教えない、指導しない、鞭撻しない
「妖怪・教えたがり」が、出没しやすいパーティー会場。ステップが少々間違っていようとも、ダンスを楽しみにきているのであって、レッスンに来ているわけではありません。そのことを肝に銘じておきましょう。もちろん教えを乞われたら、気持ちよく教えてあげでください。ただし簡潔に。
⑥女性からも誘ってみる
社交ダンスのパーティーでは原則「男性が女性を誘うもの」となっていますが、女性から男性を誘うのもOKだと思います。誘われた男性は100%受けること。「肉食女子」といわれる昨今ですが、やはり女性から男性を誘うのは勇気のいることです。また気軽なパーティーならば女性同士もアリでしょう。ただし、男性が男性を誘うというのはNG(ざわざわ感が起こるのは必至です…)。
⑦踊っている最中に人とぶつかったら、必ず謝る。
人がひしめく会場で、ダンス中の接触事故は頻繁に起こりえます。ダンスのマナーというより人として当たり前のことですが、必ず「失礼」「すみません」と謝りましょう。またダンスを始める前に、「よろしくお願いします」終わった後に「ありがとうございました」のひと言も忘れずに。例え上手く踊れなくても、いまひとつだったとしても、挨拶はきっちりと。

こうしたパーティーで、悔しい思い・せつない思いをされて、心折れてダンスをやめられる方もいれば、今に見ていろ!と、リベンジを誓い、練習に励み飛躍的にうまくなる方、新たに教室に通われる方、個人レッスンに切り替える方、ぜんぜん気にせず、「ま、こんなもんでしょ」と達観されている方、さまざまです。

パーティーに行ったことが、あらたなモチベーション喚起につながるのはよきことだと思いますが、中には整いかけていた姿勢やステップが、我流で通じるパーティーのダンスで崩れてしまう方もいます。(どこでそんなクセのある荒業を習得してきたんですか…と、インストライター陣が頭を抱えることも)そんなときは「固まるまで、しばらくパーティー禁止です!」と、申し上げることもあります(笑)。

自由だから楽しい、自由だからアナーキーなトラブルも起こるのがパーティーです。
でも、ジルバやルンバ、ブルースが踊れるようになったら、ぜひおしゃれをしてパーティーに参加してみてください。そこは社交ダンスの肝がぎゅうっと濃縮された空間です。いろいろな方と踊ることで自分の課題も長所も見えてきます。

ps.
最近では「ダンスパブ」なんていうカラオケが歌えてダンスが踊れるパブが出てきました。まさに「飲んで、歌って、踊れる」という大人ならではの社交場がにわかにディープに展開中。
社交ダンスが踊れると、年を重ねるほどにお楽しみの幅が確実に広がっていく気がします。「飲んで歌って踊れる」場所なら、飲むだけより、飲んで歌うだけより、飲んで歌って踊れる人のほうが、人生、断然お得だと思うので。

この記事を書いたプロ

加藤周介ダンスアカデミー [ホームページ]

ダンスインストラクター 加藤周介

東京都足立区千住3-1 柏光ビル6F [地図]
TEL:03-5284-1452

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
加藤周介 かとうしゅうすけ

踊りだしたくなるほど楽しい人生へ 心軽やかになる社交ダンス(1/3)

 右手と左手を取り合って背筋をピンとして向き合う。男性のエスコートに合わせ女性がステップを踏みます。ステップがおぼつかなくても男性の優しいリードに合わせれば、自然と足が運べるそのスマートさ。教わってすぐに2人で踊れる楽しさと高揚感、相手と向...

加藤周介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

初心者からプロまであらゆるレベルと目的にあったレッスンを提供

会社名 : 加藤周介ダンスアカデミー
住所 : 東京都足立区千住3-1 柏光ビル6F [地図]
TEL : 03-5284-1452

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5284-1452

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介ダンスアカデミー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
笑顔の作り方「ダンスは先手必笑で」 2/2

前ページはこちらそれでは、早速!笑顔(ビッグスマイル)の作り方①まずは親指と人差し指の第2関節付...

笑顔の作り方「ダンスは先手必笑で」 1/2

「社交ダンスの人ってなぜあんなにも、ビッグスマイルなんでしょうか?」と、テレビなどで競技ダンスを見た人から...

パーティーに行ってみよう! 1/2

ぱらりとダンス専門誌をめくると1/3ぐらいは「ダンスパーティーの開催情報」だったりする。しかも小さな字でぎ...

「触れる」ことの壁 2/2

前ページはこちら異性との接触の懸念というのは、年配の方なら男の沽券や日本男児たるもの的なプライドもある...

「触れる」ことの壁 1/2

手をとる、手を握る、手をつなぐ。社交ダンスの最初にして最大の壁です。愛情や友情や親愛の情をハグやキスで...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ