コラム

 公開日: 2016-06-11  最終更新日: 2016-06-14

ペアって大変!「男の事情と女の感情」 2/3

前ページはこちら

互いに真剣だからこそ摩擦も多く、ケンカにいたれば猛烈です。
前出のコラム、映画『Shall we ダンス?』考察⑤─気持ち悪いってどういうことよ?─でも書きましたが、
一期一会のダンスパーティーならいざ知らず、ペアともなればささいな「気持ち悪さ」を見過ごすわけにはいきません。
異る個性と性を持つふたりが、互いのポテンシャルをぶちまけ本気で踊れば、ぎしぎしかちゃがちゃとぶつかり合わないわけがない。

女は男の優柔不断もしくは強引なリードにざわつきイラつきます。
自分の思い通りには動けないある種コントロールされる側の女性にとって、下手なリードはもどかしく、じれったく、どうにも気持ちが悪い。
「あなたのリードが伝わってこない。私はどう動けばいいの?」と、キレます。
逆に上手いリードで踊ると、本当に身も心も軽く、多幸感がハンパじゃないそうです。
なので、ついつい「前の人(パートナー)のほうがよかった。先生はこうだった、○○さんはああだった」
という情け容赦なく「前の男比べ(リードという技術比べ)」を口にし、言われた男は、大いに深―く傷つきます。
そして「キミこそ、なんで的確に動けないの? おんぶにだっこじゃこっちだって限界がある!」と、戦いの幕は切って落とされ、苛烈な舌戦へ…(たいてい女性が勝ちますけど)。

この、ありがちなクラッシュは競技やプロを目指す一部のダンサーに起こる「いざこざ」ではなく、アットホームな教室や自由なサークルや気軽なパーティーのホールでも大なり小なりに多様な感情のもつれは起こりうること(ダンスと名が付き、男と女がいるところならどこでも勃発)。

社交ダンスは男の甲斐性が必要な競技です。
よく「ダンスは男性のリードにかかっている、女性はただ素直についていくだけでいい」と、古きよき時代の日本の夫婦心得的志向があるといわれていますが、男性をリーダーと呼び、女性をフォロー、パートナーと呼ぶあたりも、そんなふうにいわれるゆえんのひとつでしょう。

男性のスキルやポテンシャルがダンスのクオリティに大きく影響することはいなめませんが、ぶっちゃけ、男性はやることが多いんです。
ステップをする→リード(伝える)する→次のステップを用意する→ぶつからないように周囲を見て動く…。
車の運転じゃないですが、素早く的確な認知判断操作(誘導)が常に求められています。
競技会やデモ用に高度なステップを死ぬほど練習しても、リーダーが瞬間の判断を誤れば、恐ろしく平凡なステップしか披露できないこともあり、そんなときの女性の落胆と怒りはよーくわかる…痛いほどわかる。
でも男だって泣きたくなるくらい失望しているんです。

パーティーやサークルなどで、下手な男性のリードに女性がイラっとされるのもわかりますが、男性への教育的指導は、そのとき男性に技術的かつ精神的な余裕があるかどうかを見極めてからにしてほしいものです。
ダンス界における「男性」はある意味、絶滅危惧種に近い存在…(笑)。
ぜひ女性の温かい目、長い目でその成長を見守ってあげて欲しいわけです(なんか力説)。
逆に男性は自分のリードに反応しない女性に「なんでできないんだ!」と、癇癪を起こしている光景をときどきみかけますが、その未熟な俺さまっぷりは男の器量が一発で露呈してしまう瞬間です。
一昔前なら、「すみません…」と、男の罵声に耐え忍ぶ女性もいたかもしれませんが、それこそそんな女性はもはや絶滅…。
今や「だったら、伝わるようにリードしなさいよ!」と女性は怒り、星一徹ばりのちゃぶ台返しもありです(怖)。
競技会の裏舞台やデモンストレーションの楽屋裏では、ものすごくスペクタクルで空気も凍る壮絶な現場をよく目撃しました。

後日のコラムでは男女が立ち直るための秘訣をお伝えします。

この記事を書いたプロ

加藤周介ダンスアカデミー [ホームページ]

ダンスインストラクター 加藤周介

東京都足立区千住3-1 柏光ビル6F [地図]
TEL:03-5284-1452

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
加藤周介 かとうしゅうすけ

踊りだしたくなるほど楽しい人生へ 心軽やかになる社交ダンス(1/3)

 右手と左手を取り合って背筋をピンとして向き合う。男性のエスコートに合わせ女性がステップを踏みます。ステップがおぼつかなくても男性の優しいリードに合わせれば、自然と足が運べるそのスマートさ。教わってすぐに2人で踊れる楽しさと高揚感、相手と向...

加藤周介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

初心者からプロまであらゆるレベルと目的にあったレッスンを提供

会社名 : 加藤周介ダンスアカデミー
住所 : 東京都足立区千住3-1 柏光ビル6F [地図]
TEL : 03-5284-1452

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5284-1452

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介ダンスアカデミー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
笑顔の作り方「ダンスは先手必笑で」 2/2

前ページはこちらそれでは、早速!笑顔(ビッグスマイル)の作り方①まずは親指と人差し指の第2関節付...

笑顔の作り方「ダンスは先手必笑で」 1/2

「社交ダンスの人ってなぜあんなにも、ビッグスマイルなんでしょうか?」と、テレビなどで競技ダンスを見た人から...

パーティーに行ってみよう! 2/2

前ページはこちら加藤周介ダンスアカデミー直伝!楽しく踊るための7つの作法①しっかり誘う、快く誘われ...

パーティーに行ってみよう! 1/2

ぱらりとダンス専門誌をめくると1/3ぐらいは「ダンスパーティーの開催情報」だったりする。しかも小さな字でぎ...

「触れる」ことの壁 2/2

前ページはこちら異性との接触の懸念というのは、年配の方なら男の沽券や日本男児たるもの的なプライドもある...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ