コラム

 公開日: 2016-02-17 

『衣装のひみつと女心のお話』その① 《衣装の力を借りて上達する》編

社交ダンスといえば、華やかでゴージャスなドレスを思い浮かべる女性が多いと思います。
生徒さんの中には「あのキラキラ、ふわふわが着たくて習い始めたんです!」という方も結構いらっしゃいますが、なにぶん中年ド真ん中の不器用男子ですので「わかります!その気持ち!」とは、正直、言い難く「ほぅ…なるほど」と、浅めの笑顔を浮かべてお答えするのが精一杯。
しかし結婚式のドレス選びで繰り広げられる死闘(?)でもわかるように、女性にとってドレス選びは夢であり憧れであり、1歩もひけない戦いの場。
ここに、サーモンピンクとショッキングピンクの差なんてわからない無粋な男子である僕が入る隙は1ミリもありません…。
ということで、今回はうちの教室の講師でもある留巳先生(ただ今、産休中)と三木先生に「社交ダンスの衣装」について話をしてもらいました。


《衣装の力を借りて上達する》

留巳  見学や体験レッスンの方には「動きやすい服ならなんでもOKです」と言っているんですが、本当に着物と足の開かないロングのタイトスカート以外の服装ならそこそこ踊れると思いますよ。レッスンを始められると、女性ならTシャツ、パンツ(ストレッチ素材か太めのもの)+ダンス用のスカートを着用される方が多いですね。男性はワイシャツやポロシャツに動きやすいパンツ。

三木  ただジーパンはあまりお勧めできません。デニム生地は動きにくいし、パーティーなどドレスコードがあるところでは着用不可なので。みなさん、レッスンを始められると、練習着も発表会のドレスもどんどんきらびやかになっていかれますよね。

留巳  女性の場合、「華やかなドレスが着たくて」という動機で社交ダンスを始められる方もけっこういらっしゃるので、もー、どんどん(笑)。

三木  Tシャツにジャージでも踊れますが、練習でもダンス用のスカートや衣装を着たほうが、断然上手に見えるんです。フォルムがきれいだし、何しろ踊りやすい。ダンスも映えます。そうなってくると、もう一着新しいのが欲しくなっちゃうんですよね。

留巳  自分もそうだったのでわかりますけど、上手くなった気がするんです(笑)。でも「その気」になるって大事ですよね。確実にモチベーションが上がりますから。ちらりと鏡に映る自分の姿が「ちょっと、いいじゃない私」と感じれば、背筋もさらに伸びますし。もっと頑張りたくなる。

三木  衣装の力っていうのは絶対にありますよね。競技会なんかでは「衣装の力」が3割ぐらいあるんじゃないでしょうか。

留巳  発表会やパーティーに出るとなると、フォーマルな衣装が必要になってきます。衣装の規定は発表会やパーティーの規模や趣旨にもよりますが、「平服」「礼服」「練習着でOK」など色々。先日、行なわれたうちの発表会では7色のモヒカンカツラに電飾付きのメガネ、おかめのお面という方もいらっしゃって…

三木  もはや仮装でした(笑)。

留巳  楽しかったぁ(笑)。

三木  でも競技会に出るとなると階級にもよりますが、衣装に規定があります。ノービス級から上のD、C、B、A級の競技会になると「正装」と言われるスタンダード競技用ドレスが必要になってきます。平服、準正装といった競技もあって、それだと「飾りの入っていないワンピースドレス」や「ツーピースドレス」などという規定になります。

留巳  なのでドレスの値段もピンキリ。大手ブランドメーカーで、オーダーで作るとなると30~40万円はザラですし、ドレスの素材や生地につける飾り(スワロフスキーやストーンなど)によってもぜんぜん違ってきます。

三木  レンタルという手もあります。2泊3日で3万~8万円ぐらい? これも、ものによりますね。でもネット通販などで探してみると、びっくりするくらいお安い値段でドレスを購入できたりするんです。ほんとうに値段に関してはピンキリですね。仲間同士の口コミやネットなど上手に使って、みなさん、素敵なドレスを格安で購入されたりしていますよね。「渋谷駅の地下街に社交ダンスのドレスやアクセサリーをお安く売っているお店が何軒もある」(しぶちかショッピングロード)とか。私はまだ行ってないんですけど。

留巳  悩ましいけど楽しいんですよね、衣装選びって。創意、工夫、努力のし甲斐がある。


続きは《ラテン男子のやる気と鼻息》編です。

この記事を書いたプロ

加藤周介ダンスアカデミー [ホームページ]

ダンスインストラクター 加藤周介

東京都足立区千住3-1 柏光ビル6F [地図]
TEL:03-5284-1452

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
加藤周介 かとうしゅうすけ

踊りだしたくなるほど楽しい人生へ 心軽やかになる社交ダンス(1/3)

 右手と左手を取り合って背筋をピンとして向き合う。男性のエスコートに合わせ女性がステップを踏みます。ステップがおぼつかなくても男性の優しいリードに合わせれば、自然と足が運べるそのスマートさ。教わってすぐに2人で踊れる楽しさと高揚感、相手と向...

加藤周介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

初心者からプロまであらゆるレベルと目的にあったレッスンを提供

会社名 : 加藤周介ダンスアカデミー
住所 : 東京都足立区千住3-1 柏光ビル6F [地図]
TEL : 03-5284-1452

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5284-1452

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介ダンスアカデミー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
笑顔の作り方「ダンスは先手必笑で」 2/2

前ページはこちらそれでは、早速!笑顔(ビッグスマイル)の作り方①まずは親指と人差し指の第2関節付...

笑顔の作り方「ダンスは先手必笑で」 1/2

「社交ダンスの人ってなぜあんなにも、ビッグスマイルなんでしょうか?」と、テレビなどで競技ダンスを見た人から...

パーティーに行ってみよう! 2/2

前ページはこちら加藤周介ダンスアカデミー直伝!楽しく踊るための7つの作法①しっかり誘う、快く誘われ...

パーティーに行ってみよう! 1/2

ぱらりとダンス専門誌をめくると1/3ぐらいは「ダンスパーティーの開催情報」だったりする。しかも小さな字でぎ...

「触れる」ことの壁 2/2

前ページはこちら異性との接触の懸念というのは、年配の方なら男の沽券や日本男児たるもの的なプライドもある...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ