コラム

 公開日: 2017-11-15 

技能継承に必要な2つのこと

貴社では技能継承に取り組んでいますか?

ベテラン作業者の持つノウハウや3K情報を引き継ぐには


日本の現場では、
世界でもトップレベルの改善や品質管理が、
ベテラン作業者のカンや経験に支えられながら展開されてきました。

したがって、今後、
ベテランが退職していくにしたがい、
強みの源泉が失われる懸念があります。

そこで、情報通信技術(ICT)を活用して、ベテランの感性を引き継ぐことを考えるのです。
複数のデータをリアルタイムで統合させ、的確な判断を可能にするシステムを構築します。

こうして、ベテランの感性を引き継ぎます。
このように考えれば情報通信技術(ICT)を現場へ導入する目的が明確です。
インダストリー4.0やIndustrial Internetの考え方を現場へ展開するきっかけとなります。



GEの関係者も、
IT(情報技術)を使って、
日本メーカーの優れた品質管理や改善活動などの強みを進化させられると考えています。
そして、より高い水準に持っていくのに、Industrial Internetは役に立つとも語っています。



ジェネックスパートナーズ
代表取締役会長の眞木和俊氏は
技能継承にICTを活用すべきと語っています。





匠の技やからくりのノウハウを持っている
ベテランの職人技を、
人的な継承だけでなく、
情報通信技術を使いながらA
Iやロボットによる技能継承手段を検討することも必要であると語っています。
人の感覚器よりも
感知性能に優れた
センシング技術を活用することで、
ベテランが
定期的な目視検査で
見極めていた切削刃の交換時期を、
高感度カメラで撮影した
切削面の画像と
切削時の振動音の周波数変化から
自動的に判別できます。
(出典:日経ものづくり2016年5月号)







今後、センシング技術は、
ベテランの感覚鋭い目や耳の代わりが
できる程に進化すると期待できます。

それは、現象を客観化するための
デジタル化には欠かせない技術です。

現物を観察して、判断を要する作業は、
科学の力、特にセンシング技術に任せます。
そうすれば、現場はより創造的な仕事に従事できるのです。





こうした点を踏まえて、日本独自のスマート工場を構築したいのであれば、長く工場で働いてきたベテラン作業者の持つノウハウや3K(勘、コツ、経験)の情報は貴重な経営的資源であり、これらをいかに効果的に生かすかが重要となります。
(出典:日経ものづくり2016年5月号)


こうした仕事を進める時に、2つのネットワークが大切であると、眞木氏は説いています。
・ベテランと若手人財の「ヒューマンネットワーク」
・ロボットやAIとの「デジタルネットワーク」

この2つのネットワークの両立が重要です。

ベテラン作業者の職人技を
デジタル化するにあたって、
ヒューマンネットワークが大切な役割を果たします。
技能継承には人的要素も欠かせません。







技能継承に必要な2つのこと


製造現場で生かせる日本らしい情報通信技術を考えると、
「ヒューマンネットワークを土台としたデジタルネットワークの構築」
のイメージが浮かびます。

そして、「ヒューマンネットワーク」で必要なのは、次の2つです。
・コミュニケーション力
・工学的な専門知識

これらを駆使して、ベテランから有益な情報を引き出します。

そして、ベテランの言葉を翻訳し、工学的な解釈を加えます。
そうして、ベテランの技能を数値化するのです。

ですから、ベテランの技能を数値化するには、言語能力と専門知識が必要です。
若手が先頭に立ってこうした仕事に挑戦すれば、技術屋の腕を磨くことができます。


技能承継に求められるのは、
コミュニケーション力+専門知識です。

両者がそろって初めて、ベテランとのネットワークが成立します。
コミュニケーション力のみでも、また専門知識のみでもダメです。
両方がそろって、成果が得られます。

技能承継に求められる
コミュニケーション力+専門知識は、
若手に習得して欲しいことでもあります。

今後、現場へIOTが導入されるときも、技能伝承と同じ状況に至ります。
現場の仕事を翻訳して、デジタル化することが必要になるからです。



若手には、コミュニケーション力と専門知識を大いに学んでもらいたいものです。
こうした能力を高め、技能継承や情報通信技術の現場への導入で活躍してもらいます。
将来のイノベーションも期待できるのです。

若手がコミュニケーション力や専門知識を学ぶための環境整備をしませんか?


弊社のメルマガも是非お読みください。
登録はこちら→ http://koujoukeiei.jp/

また、個別相談もご活用ください。
当サイトの「メールで問い合わせる」からご一報ください。
あるいは下記、弊社ホームページの「お問い合わせ」からご連絡ください。
http://koujoukeiei.jp/company/inquiry

最後までお読みいただきありがとうございます。
では、皆さん、次回のコラムまで。

株式会社工場経営研究所 
   伊藤 哉(イトウハジメ)
〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号日本橋CETビル2F
TEL03-5860-4179 FAX03-6869-8441
Eメール itoh@koujoukeiei.jp
URL  http://www.koujoukeiei.jp
blog http://hajime-i.com(戦略的工場運営ブログ)

この記事を書いたプロ

株式会社工場経営研究所 [ホームページ]

経営コンサルタント 伊藤哉

東京都中央区東日本橋2-28-4 日本橋CETビル2F [地図]
TEL:03-5860-4179

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
個別相談へ
イメージ

貴社の現場では次のようなことでお悩みではないですか?・改善活動が定着しない。・改善活動が利益につながらない。伊藤には25年以上、大手、中小の現場に立っ...

伊藤ができること
イメージ

 貴社が直面している問題を2つの視点から解決できます。  ・短期的視点  ・長期的視点 儲かる工場経営は長期的視点に立ちます。弊社コンサルティング...

 
このプロの紹介記事
儲ける力を150%にアップさせる工場経営コンサルタント 伊藤哉さん

経営に直結したカイゼンと、「10年ロードマップ戦略プログラム」で儲ける力を150%にアップ(1/3)

 「工場のコンサルティングは机上の理論だけでは成り立ちません。30年近く大手及び中小の工場に勤務し、現場をとことん知っているからこそ、“儲かる仕組み”をご提案することができるのです」 と話すのは、株式会社工場経営研究所、代表の伊藤哉さん。...

伊藤哉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

カイゼンとイノベーションで中小製造企業の儲ける力をアップ

会社名 : 株式会社工場経営研究所
住所 : 東京都中央区東日本橋2-28-4 日本橋CETビル2F [地図]
TEL : 03-5860-4179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5860-4179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤哉(いとうはじめ)

株式会社工場経営研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大田区にある小さな世界企業
イメージ

貴社の付加価値を認めてくれる顧客と出会う機会がありますか? 大田区にある日進工業株式会社 欧州には...

[ 儲かる工場経営コラム ]

技術だけが改善やイノベーションの対象ではない
イメージ

中小製造企業の社長、経営幹部の方々へ弊社のコラムをお読みいただきありがとうございます。儲かる工場経営...

結果と過程の両者をフォロー・評価して、現場のやる気を引き出す
イメージ

頑張りの過程も評価していますか?  フォローと評価 人づくりでは、OFF-JT、OJT、自己啓発を単...

[ 儲かる工場経営コラム ]

若手が「得」と感じる環境を整備してイノベーションを起こす
イメージ

イノベーションのきっかけとなる人材を育てていますか?  イノベーションと産業革命 イノベーションは自...

[ 儲かる工場経営コラム ]

「つながる」ことで現場に化学反応をおこす
イメージ

貴社には外部の力や知恵を取り入れる仕組みがありますか?  これから求められるのは「オープンなIOT」 ...

[ 儲かる工場経営コラム ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ