コラム

 公開日: 2017-10-16 

10月16日 鈴懸の径、森の小径のこと

 本日、10月16日に関するコラムとして、言問学舎塾長ブログ「言問ねこ塾長日記」の文章を、常体のまま掲載させていただきます。ふだんと文末表現などが異なる点、何卒ご容赦下さい。


  今日10月16日は、故灰田有紀彦先生のご命日である。今年は特に、先生が作曲され、弟の勝彦先生が歌われた、『鈴懸の径』と『森の小径』のことを、お話ししたい。

 作詞はいずれも佐伯孝夫氏で、『鈴懸の径』は昭和17年(1942年)、『森の小径』が昭和15年(1940年)に発売された。どちらも「灰田メロディー」を代表する大ヒット曲であり、また長く歌い継ぐべき、美しい佳曲である。

 さて、この2曲の灰田メロディーには、現在のわれわれにとって深い示唆をふくむ、かなしい歴史が付随している。多少とも客観的な記述とするため、私自身の旧著で恐縮ではあるが、1992年10月刊行の『遠い道、竝に灰田先生』より、『森の小径』についての一節を引用させていただきたい。

 <今では書名も著者もわからなくなってしまったが、大学の図書館で見つけたある本に、次のような意味のことが書かれていた。「ある意味で、もっとも灰田勝彦らしいと言える一曲。淡い夢さえも現実には見ることを許されなかった戦時下の若者たちが、ひそかに愛唱したという。ある飛行兵は毎日わずかな空き時間に、基地のはずれでひっそりこの歌を口ずさみ、飛んで行って、そして再び帰らなかった。」>

  『森の小径』は、美しく清らかな、淡い恋の歌である。日中戦争から太平洋戦争へと局面が進み、戦況がきびしくなるにつれ、国内でも物資の不足、生活の窮乏が著しくなり、当たり前の男女の交際なども許されない風潮になって行った。引用した本の飛行兵の例などは、異性にあこがれの気持ちを持つことさえ押さえられ、『森の小径』という歌の中に、切ない思いをせめても託していたのである。このような青少年は数多く存在したし、歌われた灰田勝彦先生は、あの歌で救いのない道を生きる若者が少しでも夢や希望を持ってくれたのだとしたら、歌手になってよかったし、歌手として本望だったと述べられている(前掲書および「ビッグショー/青年66歳」より)。

  『鈴懸の径』は、立教大学構内に勝彦先生の筆跡の碑が現存しており、立教大学の鈴懸の径をテーマに青春の友情を歌っている。各種のアレンジによって、世界的にも広く知られたメロディーである。そしてこの歌も、「友情」をモチーフとして、死の待つ戦線へ出撃して行く往時の若者たちに愛唱されたのである。どちらの曲も美しいメロディーに、美しい言葉がのせられて、多くの若人たち(その方たちは私たちの先人である)の心をつかんだ。そしてその歌への思いを胸に、将来ある若い先人たちが、戦争で不幸な死を遂げられたのである。

 あらためて述べるまでもなく、現在わが国をとりまく情勢は予断をゆるさない。その中で、「戦争がはじまるのは止むを得ない」などの言葉も、目にすることがある。しかし止むを得ない、しかたがないなどと皆が考えてはいけない。もしそうなってしまったら、自分の愛する人が命を奪われ、生活基盤も失われ、当然自分自身の命さえ、失われるかも知れないのだ。当たり前のことを、当たり前に発言できる社会の中で、発言すべきことを発言しなければならない。灰田有紀彦先生のご命日に、今年はこのことを述べさせていただきたい。

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

家族一同感謝しております

 2年数か月にわたるご指導、まことにありがとうございまし...

A.K.
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平成30年第1回入塾説明会/国語の相談会を開催致します!

 ことし平成30年が明けて、ほぼ2週間が過ぎました。私ども言問学舎も、新年3日から受験生正月特訓を皮切りに...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

『三陸の鉄路よ永遠に-たまきはる海のいのちを』連載を開始致しました!

 ことし、3月11日に、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生から満7年を迎えます。言問学舎ホームペー...

[ 小田原漂情 ]

本日より新規お問い合わせを受け付けさせていただきます

 年があらたまり、平成30年となりました。言問学舎では、一昨日1月3日から、受験生を中心に冬期講習を開始し...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

謹んで新春のお慶びを申し上げます

何もできない、どうにもならない と考えたこともある・・・     遠いむかしに。今また、時おり...

[ 小田原漂情 ]

今年も一年、ありがとうございました。新年は3日から営業します!

明日一日で、平成29年、2017年も終わりとなります。先ほど、年末恒例の湯島天神合格祈願をすませて来ました...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ