コラム

 公開日: 2016-07-01 

国語に強い言問学舎・2016夏期講習の特色⑤<すなわち言問学舎とは?>

 今日から7月になりました。今週は、言問学舎の夏期講習の特色として、まず創業以来多くの受講生や保護者のみなさま、さらにはWeb上で言問学舎をご活用下さった方々にご好評をいただいている「読書感想文」のことをお話ししました(「読書感想文シート」の無料送付、またご質問も、例年通りお受け致しております。お気軽におたずね下さい)。

 そして、このような時期なればこそ、ある程度集約した形でお伝えできる、「言問学舎の夏期講習を利用した方の成功例」を、3回にわたってご紹介しました。「受験生」の実例が、一番わかりやすい例だということで、受験生の例に絞りましたが、ホームページでご紹介している他の例の中には、夏期講習後、私立中高一貫校などで2学期冒頭に実施されることの多い「実力テスト(範囲が決まっていない、つまり実力がはっきり出るテスト)」の国語で、学年中の上位に踊り出たという例も、複数あります。

 すなわち言問学舎とは?ということを、今日の記事のタイトルにさせていただきましたが、お伝えしたいことは、二点に絞られます。

子どもの内なる力を生かす

 一点目は、この夏休みという特別な機会だからこそ、その時にしかない子どもたちの心の動きをうまくとらえて、子どもたち自身の「伸びよう、伸びたい」という欲求を、大きく伸ばしてあげること。私自身も年中感じていることですが、いくら周囲の大人が、「これ(あるいは今)が大事だ、今やらないと、あとで大変なことになるぞ(後悔するぞ)」と言っても、子どもたちが自覚していなければ、その言葉は役に立たないどころか、かえってマイナスになることもあるのです(もちろん、そうした「情報」もしくは「刺激」を与えていなければ「目覚め」も来ないので、決して無益ではないのですが)。

 子どもたち、特に14歳から15歳という思春期真っただ中の中学3年生の精神は、多感です。大人が考えていることと、彼らの感じていることは、かけ離れているのです。そのような年ごろの子どもたちに、「大人の考え」で何かを求めても、ある部分は受け入れられますが、多くの部分は反発され、切り捨てられることの方が多いでしょう。みなさん、ご自身の思春期をお考えになれば、当たらずと言えども遠からず、といったところではないでしょうか。

 とはいえ、受験などの「期限」があり、いつまでも子どもたちが子どものままで、ある種の「甘え」の囲いに安住しようとしている時に、周りにいる大人は、どうすればいいのでしょうか。決め手は、子どもの「内なる力を生かす」ということです。こちらがどのように呼びかけても反応のない子どもを動かすのに、力ずくでは何もできません。しかし、相手の側から何か動きがあるということは、子どもの方も、何かを伝えたい、訴えたいと、アピールしているのです。

 この「相手(子ども)の力」を利用すれば、子どもが変わる場面を作るきっかけは、意外と早く訪れます。前回ご紹介した「コトガク三羽烏」のうちの一人とは、負けるのを承知で、私の方から腕相撲を挑みました(テニス部の彼には、利き腕の右ではコロリとやられ、左では何とか勝ちました)。腕相撲などは相手との距離をちぢめるイレギュラーの技ですが、レギュラーはあくまで授業です。授業の中で、子どもと向き合い、子どもが知りたい、伸びたいと思っている欲求の萌芽を見出し、そして子どもの力を引き出すのです。最近よく言われる「アクティブラーニング」とは、このことを技術面に言いかえたもののようにも思われます。

子どもの「心」を引き出し、「国語」と出会わせる

 二点目は、やはり夏休みだからこそ、先に挙げたような子どもたちの「力(心)」を引き出すことで、「国語の力」を大きく伸ばすことができるということです。

 41年前のことになりますが、私が中学1年生の時、夏休みの課題の一つに、「夏休みの経験を作文に書く」というものがありました。その夏、私は自分の家族と、母の妹(私から見れば叔母)の家族の二家族で、栃木県の塩原という温泉に一泊の旅行に行きました。その時のことを書いたのが、私が現在自身のテーマの一つとしている「紀行文(紀行エッセイとして、二十年以上書いています)」の、原形だったのです。
 
 何しろ古い話ですから、内容は、ほとんど覚えていません。かろうじて記憶に残っている結びの部分も、稚拙なものでした。ただ、その文章を書く機会があったことで、私は「書く楽しさ」に目覚めました。中3の夏休みには、日記帳兼用の大学ノートに、詩のようなものを書きつけて、どんどん国語に、文学にのめりこんで行きました。その大きなきっかけになったのが、中学1年の夏休みの宿題だった、夏の旅の報告記であったことは、疑いないようです。

 この夏、子どもたちはいろいろなことを経験するでしょう。それを文章に書くことで、その経験が、いつまでも記憶に残る、かけがえのないものになるかも知れません。それは子どもたちの情操面、国語力を、豊かにします。

 「今まで知らなかった国語、文章との出会いの場」を、言問学舎はお子さんたちに提供します。それもまた「言問学舎らしさ」の一つであり、「すなわち言問学舎とは?」の答えの一つでもあるのです。

 明日、明後日の夏期講習説明会、多くの方のご来場をお待ち致しております。

7月2日・3日の説明会ご案内はこちらからどうぞ

夏期講習全体のご案内はこちらからどうぞ

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

成長の毎日

ありがとうございました。 4年間、お世話になりました。塾で...

A・H  
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「国語力.com」をリニューアルしました!作品別に検索できます!

 2013年7月の開設以来、2~3学期の高校の定期テストの期間には毎日数百人の方にアクセスしていただいてい...

[ 国語 ]

受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

言問学舎の2017冬期講習(本講習・小学生)実施要項のご案内

 小学生の勉強で何よりも大切なのは、「考える力」を身につけることです。特に、大学入試改革を大きなうねりの発...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ