コラム

 公開日: 2016-01-15 

私と百人一首のことなど~言問学舎・小田原漂情<下>

 ひきつづき、私と百人一首周辺ということで、お話しさせていただきます。

高校の百人一首大会とY先生


 高校は神奈川県下の進学校で、生徒に関しては理系優遇のきらいがあったのですが、1年生の正月休み明けに、学年全体(550名ほど在籍)の百人一首大会がありました。ここぞとばかりに臨んだ結果は、3位でしたが、賞品として古語辞典をいただき、それは今でも言問学舎の書棚にあって活躍しています。

 また百人一首とは異なるのですが、この高校では、文学にのめりこんで成績が低迷していた私を救い上げて下さった、お二人の国語の先生とも出会うことができました。その先生方、ことに2年生の時にご指導下さったY先生のお導きによって、独りよがりの世界から本当の国語の世界を知るにおよんで、まず国語の成績が飛躍的に伸び、ついで全体の成績も向上するに至ったという経験があります。

 そのY先生が昨年、鬼籍に入られたとのお知らせをいただき、父同様に別れは避けがたいと知りながら、相州大山の山頂近くでいろいろ文学のことをお話し下さった温顔が、しばらくまなうらに浮かんで消えませんでした。国語を教える職にある以上、国語を学ぶ意思のある生徒の力になることで、ご恩返しをするほかないと誓う次第です。

短歌とのかかわりと現在


 高校時代から書きはじめた短歌は、十代後半から三十代のなかばまで、私の表現活動の中心でありました。一時は短歌こそが、生きる道のすべてと考えていたこともあります。言問学舎創業の前後から、しばらく休筆せざるをえない時期があり、7年前に復帰してからは、小説が主になってはおりますが、自分自身のうちから短歌という詩形、五・七・五・七・七の音韻が消えることは、決してあるまいと確信しています。今でもその音韻に、えもいわれぬあたたかみを覚えますし、古来、この詩形と五・七・五・七・七の音韻は、数えきれぬほど多くの魂をなぐさめ、救って来たのです。

 現在私は、言問学舎で国語と百人一首を教えているほか、Web 文学サイト「美し言の葉」、および言問学舎を会場とする「桜草短歌会」の活動を通して、少しく短歌とかかわりつづけております。百人一首との出会いがもたらしてくれた多くのもの、とりわけ短歌という詩形と、ともに学ぼうという思いを持って下さる方々と、力を合わせ心を通わせて、歩んで行きたいと願うものであります。

高校生以降も、国語、短歌、百人一首は力強い味方です


 私自身の高校時代の、特に「成績」に関する部分は、もともと国語の好きだった高校生が、すばらしい先生に出会えたおかげでチャンスを生かすことのできた、個別の経験に過ぎないかも知れません。

 しかし、できるだけまんべんなく、オールマイティーの学力を身につけてゆくことが理想とは言いながら、得手不得手や、勉強以外の要因に足をとられることも多い年ごろですから、得意なもの、信じるところをつらぬくことで、全体が好転することもありうるのだということの実例として、恥ずかしながらお話ししました。

 また、そもそもの題材である百人一首についてですが、これを高校から学ぶことも、まことに是とすべきことであると考えます。人が人を思う心、それは多くは、異性への思いから知るものだとも思われますが、思春期も深まる高校生の年代こそ、百人一首にも多く含まれる恋の歌など、より理解しやすいものと言えるでしょう。

 さらに、高校卒業後、もっと言えば大人になって年齢を重ねても、百人一首にしろ、短歌を含む文学にしろ、いつ始めなければいけないとか、遅すぎるとかいうことはありません。「総合学習塾・言問学舎」としては、大学受験までの受験勉強、各教科の勉強と、SPI対策講座が定期講座ではありますが、その他の年代の方々の何らかの「勉強」、また塾としてではない、文学をともに学ぶ方々の集いと研鑽の場としても、ひろくみなさまのお越しをお待ちしております(詳細はおたずね下さい)。

 今年の百人一首大会のご報告をしたことから、私の百人一首との出会いと思いとを、周辺のことなども含めて、お話しさせていただきました。ありがとうございました。

※お問い合わせは、メール・電話で随時お受け致しております。お気軽にご相談下さい。


国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

成長の毎日

ありがとうございました。 4年間、お世話になりました。塾で...

A・H  
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
冬期講習説明会第3週は12月10日(土)開催です!

 12月に入って一週間。区立中学では、続々と内申点の内示があり、連日私立高校との連絡に明け暮れる時期となり...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

「国語力.com」をリニューアルしました!作品別に検索できます!

 2013年7月の開設以来、2~3学期の高校の定期テストの期間には毎日数百人の方にアクセスしていただいてい...

[ 国語 ]

受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ