コラム

 公開日: 2015-10-29  最終更新日: 2017-02-21

室生犀星『我が愛する詩人の伝記』第2回の朗読を掲載しました!

 先週から室生犀星の『我が愛する詩人の伝記』高村光太郎の章に取り組みはじめましたが、昨日は第2回として、光太郎のアトリエ前を毎日歩いて鬱屈した思いを抱きつづける犀星が、思い切って正式に光太郎を訪問しよう、と思い立つくだりを読ませていただきました。

 犀星が光太郎にライバル心と激しい羨望、さらにはそれゆえの嫉みを持っていたことは、今年5月に、当時犀星が住んでいた田端から駒込林町(現千駄木5丁目)の光太郎アトリエ跡地へ歩いたことをご報告した際にも、記しています。そのもととなったのが、『我が愛する詩人の伝記』の、今回朗読したくだりなのです。

 今回、『我が愛する詩人の伝記』を朗読してお伝えしたいと考えている一番の目的は、「詩の朗読」という試みの中で、詩人室生犀星の、この文章の中にこそもっともよく立ち現われていると考えられる、その人となりをお知らせすることです。ただ、それがすべてではありません。もとより、私は犀星を専門に勉強したのではありませんし、文学作品を学究的に読む立場でもありません。それゆえ私自身が、犀星の詩作品から得がたい抒情を受けとって、その後、彼の周囲にあった萩原朔太郎や立原道造、またすでに述べた、複雑な思いを秘めた好敵手高村光太郎や、師事もしくは兄事した北原白秋など、多くの詩人たちとの心の共鳴を知ることから、詩、あるいは文学の本質というものの一端を知り得たこと、すなわち作品それ自体や年譜に書かれた事実だけでない詩人(作者)の周辺のもろもろから、文学の真実、そして人間の真実を知ることができるのだということを、共有したい、お知らせしたい、と、考えているのです。

 そしていま一つは、わたしたち一人一人の人間が生きて行く上で、かならず多かれ少なかれ、また正の方向であれ負の方向であれ、他の人に影響を受けるということを確認するために、とても有り難い教材であるのが、この『我が愛する詩人の伝記』なのだということです。

 近ごろしばしば、文学作品を論評する中で(おそらくWebの中においてのことと思いますし、ことは文学のみに限らないのでしょうが)、その作品だけを読んだに過ぎない、しかし断定的な論調を、目にすることがあります。それこそ、自分が書こうとする内容への、もしくは対象とする作品のタイトルそのものでも、キーワードとして検索すれば、さまざまな情報が瞬時に入手できるにちがいない、現今の状況下においてです。

 白秋、朔太郎、光太郎、立原(道造)という、ここまでに挙げた詩人たちについてだけでも、『我が愛する詩人の伝記』には、同書の中でしか知りえない、詩人たちの姿が描かれています。そしてそこには、室生犀星という希有なる詩人の目を通して、同時代を生きた詩人たちの生の姿が、「他者の目」、それもきわめてユニークな視点から、書かれています。

 こうした多方面からの、「対象(となる文学者)への視点」を、国語や文学を学ぶ方々に、私のできる手法でお示ししたい。それが現時点の目標であることをお伝えしまして、第2回のご報告とさせていただきます。




国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

成長の毎日

ありがとうございました。 4年間、お世話になりました。塾で...

A・H  
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
言問学舎の夏期講習・大学受験国語特別体験授業のご案内

 言問学舎では、今日から夏期講習の後期日程に入りました。夏休みもあと2週間あまり。来春大学受験をめざすみな...

[ 国語 ]

忘れず、語りつづけることを

 本日もまた、言問学舎塾長ブログの記事を転載し、常体の文章を掲載させていただきます。文末表現が普段と異なる...

[ 小田原漂情 ]

暦の上では秋!夏期講習後半戦を有意義にご活用下さい!

 先月以来、豪雨に見舞われ深甚な被害を受けた福岡県、大分県ほか、今夏の豪雨の被災地と被災された方々に、心か...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

決してあきらめずに

 今日、8月9日も、ブログに書いた常体の文章を転載させていただきます。通常の文章と文末表現が異なる点は、何...

[ 小田原漂情 ]

「あなたかも知れない」を、自分のことと

 例年同様、本日8月6日の所感につきまして、「引用」の形で、敬体ではなく常体のまま、掲載させていただきます...

[ 小田原漂情 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ