コラム

 公開日: 2015-10-26  最終更新日: 2017-02-21

10月26日、『アルプスの牧場』を歌わせていただきました!

 例年かならず、一筆書かせていただいておりますが、今日10月26日は、灰田勝彦先生のご命日です。今年は、YouTubeで「詩の朗読」と、「昭和(前期)の流行歌」を歌うことを私の活動に加えましたので、本日、33回目のご命日に、『アルプスの牧場』を歌わせていただきました。

 灰田勝彦先生のことをすこし紹介させていただきますと、先生は、明治44年(1911年)8月20日にハワイでお生まれになり、お父上のご葬儀のために帰日された後、帰りの船便を待っている時に関東大震災に遭遇されて、その際運悪く盗難にあい、日本に残られました。先生12歳の頃です。

 4歳年上のお兄様が灰田有紀彦先生で(当初は灰田晴彦と名乗られました)、『森の小径』、『鈴懸の径』などの名曲をのこされたほか、日本にハワイ音楽を輸入した「ハワイアンの父」として知られております。有紀彦先生の作られた「モアナ・グリー・クラブ」で、弟の勝彦先生も活躍され、独特の甘い歌声、とりわけファルセット(裏声。『アルプスの牧場』などではヨーデル)が他に類を見ない唱法として、先生の代名詞でもありました。

 私は青春時代、ひょんなことから昭和前期(昭和6年〜28年ごろ)の流行歌に心ひかれ、『酒は涙か溜息か』『緑の地平線』などの悲しい歌を歌うことにある種の情熱を燃やしていましたが、一方で、「灰田勝彦さんの明るい歌を歌えるようになりたい」という願望を、いつからか持ちはじめていたのです。それをいつ実行に移すか、と思案していた33年前、昭和57年(1982年)の10月26日に、突然、灰田先生は亡くなられてしまいました。

 その衝撃から、私はLPレコードを買いに走り、まず『新雪』から歌えるようになりました(2011年にYouTubeにアップ済みです)。さらに聞き覚えのある歌から、少しずつ練習して行ったのですが、知っていた歌の中に、「これはどうしても、歌うことはできないのではないか」という歌がありました。それが『アルプスの牧場』です。先述した裏声のヨーデルを使いますから、2オクターブ前後の音域を必要とするのです。

 ともかく私は、「裏声が出なくともメロディーだけはなぞれるようになりたい」と思って、レコードにあわせて練習をはじめました。が、メロディーをなぞることはできるようになりましたが、どうにも物足りないのです。灰田先生のご存命中に『新雪』を覚えておかなかった自分が、灰田先生の後ろ姿を少しでも追うためには、この『アルプスの牧場』を歌えるようにならなければならない。そのように、心の内奥から突き上げて来るものがありました。

 とはいえ、「裏声の出し方」という教本が、存在するわけでもありません。どこをどうやって高い声を出せば、あのような声が出せるのか、皆目わからないのです。それでも、何としてでもあの声に近づきたい、そう思ったのは、いちずな青春の思いだったのでしょう。

 ひと月からひと月半ぐらい経ったころ、ようやく「裏声」らしい声が出はじめました。それを何とか伸ばそうとしている最中、通りがかりの小学生に「音痴!」と言われたこともあります。しかし、それまで努力らしいことをあまりしたことのなかった私が、その時はじめて、「決してあきらめない」、「できるまでやり通す」努力をして、そして成功したのです。

 このことは、私にかけがえのない大きなものを、与えてくれました。『アルプスの牧場』が歌えるようになったことから、その後友人たちの結婚式などで大喝采をいただけるようになったのが、もっとも顕著な例でしょうか。しかし、それは「顕著な例」のひとつにすぎません。

 努力はすれば報われる。そして、自分ではなく、「他の多くの人たちに喜んでもらうために、何かをする」こと、さらにそこから得られる喜びが、自分自身を変えてくれ、まっすぐ生きるための、言葉にできないほど大きな力となってくれたのです。

 灰田先生が亡くなられて、今年で33年になりました。微力ではありますが、力のつづく限り、いつまでも、先生が私にのこして下さった大きなものを、私にできる形でまた違う方たちに伝えて行きたいと、願う次第であります。

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生との距離が程よく楽しく学べる塾

私は小学校の時と高校3年の夏から通いました。 高校3年次は...

A・M
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
言問学舎の国語スペシャルイベントを、5月5日(金・祝)に開催します!

 新学年の毎日にも、みなさん慣れて来られた頃と思います。高校3年生は大学受験に向かって、2年生はもっとも充...

[ 国語 ]

久しぶりに、生徒の詩作品をご紹介します!

 先日、新中学3年生の国語の授業で、詩を教えました。その授業の後半、生徒たちに詩を書いてもらいましたが、一人...

[ 国語 ]

大学受験生の国語は今のうちに!1学期が基礎徹底のリミットです!

 新高校3年生、および既卒の方たちも、あと1年弱に近づいた大学受験の一年間が、とうとう始まりましたね。大学...

[ 国語 ]

2017年度第1回英検(6月3日実施)の実施時間<予定>をお知らせ致します!

 かねてご案内致しております本年度第1回英検(6月3日実施)の各級実施時間の予定が決まりましたので、ご案内...

[ 英検 ]

ご入学、ご進級おめでとうございます!

 私ども言問学舎の所在地である文京区では、区立小学校が昨日、そして区立中学校が今日、それぞれ入学式をとり行...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ