コラム

 公開日: 2015-10-16 

「詩の朗読」は、「国語力アップの決め手」です!

 6月2日から、YouTubeを利用して、「詩の朗読」をつづけております。日本の近代詩を中心に、これまで高村光太郎、立原道造、石原吉郎、茨木のり子、佐藤春夫、室生犀星の作品に、取り組みました(犀星については、現在その散文を読むこととして、継続中)。

 この「詩の朗読」の試みには、大きく言って、次の3つのねらいがあります。

 まず、大学の文学部をのぞいて、近年わずかに中学・高校の教科書で取り上げられる程度になっていると思われる近代詩を、すこしでも多くの人に読んでいただく、その媒体となることを、志すものです。やや大仰な構想かも知れませんが、たとえば『樹下の二人』の朗読を学校の勉強のために視聴してくれた高校生が、光太郎の他の作品を読むきっかけになるとしたら(そして光太郎詩集を手に取り、ページを繰ってくれたら)、これほどうれしいことはありません。

 次いで、たった今例に挙げたように、中学生・高校生が近代詩を勉強する際の一助になれば、との思いもあります。詩というものは、書かれている意味内容もさることながら、言葉の流れ、韻律をしっかり受け止めることが、きわめて重要だからです。もちろん、朗読のしかたには、読む者の解釈があらわれるものであり、私の読み方が唯一のものではありません。しかし、国語と文学の立場から、過剰な思い入れを排し、それでいて詩の表すところをあますことなく表現したものにはなっていると思います。詩をしっかり勉強したいと志す方たちのお役に少しでも立てれば、幸いです。

 最後に、前段でも触れた「音韻(韻律)」についてです。国語を知ること、もしくは読解力をつけ、国語の力を正しく身につけて行くということは、日本語の「音韻」あるいは「しらべ」を、正しく知ることであり、これはかねて幾度か、お知らせしている通りであります。詩や小説などの文学作品に限らず、評論であっても、日本語で読む以上かならず日本語の「音韻」で、文章を構成する言葉たちは結ばれています。その「音韻」をふまえていないと、文章の意図するところを、正しく読みとることはできません(そうでない場合、「誤読」が多くなるという意味において、です)。そのためにもっとも効果的なのが「音読」だということを、これもかねてお伝えしておりますが、論より証拠、とくに「音韻」をつかみやすい「詩の朗読」で、実践させていただくという意図を、持っているのです。

 この意味では、「国語をしっかり勉強したい、させたい」という思いで、「国語の塾をさがしている」方々に、ぜひお目通しいただきたいと願っています。文学、表現の場を求めておられる方々もまた、同様であります。

★「詩の朗読」で、10月16日現在公開済みのものは、以下の各作品です。

高村光太郎 
「レモン哀歌」「松庵寺」「梅酒」「あどけない話」「案内」「樹下の二人」「元素智恵子」
「同棲同類」「裸形(らぎやう)」「報告(智恵子に)」「人に(いやなんです)」「狂奔する牛」  「人に(遊びぢやない)」「梟の族」「人類の泉」
 
立原道造
「のちのおもひに」「はじめてのものに」「夏の弔ひ」「夢みたものは……」

石原吉郎 
「麦」 

茨木のり子
「わたしが一番きれいだったとき」

佐藤春夫
「海辺の恋」「秋刀魚の歌」

室生犀星
「小景異情 その二」「犀川」
散文「立原道造を哭す」(『四季』第47号より)

こちらから、動画の一覧をご覧いただけます。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

4年間、ありがとうございました。

4年間、ありがとうございました! 先生方がとてもあたたかく...

F・H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
冬期講習説明会第3週は12月10日(土)開催です!

 12月に入って一週間。区立中学では、続々と内申点の内示があり、連日私立高校との連絡に明け暮れる時期となり...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

「国語力.com」をリニューアルしました!作品別に検索できます!

 2013年7月の開設以来、2~3学期の高校の定期テストの期間には毎日数百人の方にアクセスしていただいてい...

[ 国語 ]

受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ