コラム

 公開日: 2015-08-15  最終更新日: 2017-02-21

真の「未来」とは

 敗戦後70年の節目の日であります。個人ブログ(言問学舎HP塾長ブログ)より、常体のままの文章を引用させていただきます。


 8月15日、全国戦没者追悼式をテレビで見ながら正午より黙禱し、天皇陛下のおことばを拝聴する。今回はじめて、「深い反省」という表現を盛りこまれたという。

 あわせて考えなければならないのは、衆議院で可決され、現在参議院にかけられている、いわゆる安保法制と、昨日発表された総理大臣の「談話」である。

 「談話」に関しては、すでにいろいろなところで指摘されているが、饒舌な割に「話す本人」の気持ちが見えず、誠意が感じられない。一部では、戦後50年の村山談話、60年の小泉談話の姿勢を踏襲しながら、「未来志向」の内容にした、との評価もされている。が、「未来」とは、何であろうか。 

 思い出すのは、ドイツの元大統領で今年1月に亡くなられたワイツゼッカー氏のことである。有名な1985年5月8日の演説には、「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります」という一節が含まれており、わが国でもよく知られている(当時は西ドイツ)。今回の総理大臣「談話」が、自ら過去を率直に見つめているものか、否か、それは「言葉」であるゆえ、全文をよく読んでみれば明白であろう。「解釈」云々の問題でなく、「言葉」が正直に、雄弁に語るところを、皆がきちんと読み解く必要があると思う。

 また今回の「談話」には、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫」という表現がある。はたしてそうだろうか。今年なされた多くの報道の中に、十代の若者たちが、祖父母のことを思って書いた詩や文章なども散見された。戦時下に命を落とした方たちの孫やひ孫の世代でも、自分の問題としてあの戦争のことを真剣にとらえる人もいるのである。  

 そして、ふたたびワイツゼッカー氏の演説に目を向けると(今日の人口の大部分はあの当時子どもだったか、まだ生まれてもいませんでした。この人たちは自らが手を下してはいない行為について自らの罪を告白することはできません。とした上で)、「罪の有無、老若いずれを問わず、われわれ全員が過去を引き受けねばなりません。だれもが過去からの帰結に関わり合っており、過去に対する責任を負わされております。」というくだりがある。

 ワイツゼッカー氏の演説は、西ドイツの戦後40年に際して連邦議会で行なわれたものである。単純に比較したり、引き合いに出したりするのではない。真の「未来」を築くための「過去」への目の向け方として、どちらが信頼しうるか、そのことを考えたいのである。そこにこそ、われわれの大切な子や孫の世代、そして未来に対する責任があると考えるためである。いま、いくつかのことがらに対して私たちがとりうる姿勢が、その責任に直結するものでもあろう。 

                                                    平成27年8月15日
                                                        小田原漂情

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最後の最後まで、ありがとう御座いました

先生方へ  見捨てないで、最後の最後まで面倒を見て下さっ...

Y・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
言問学舎の冬期講習2017-18プレ開講/大学受験のラストスパートは言問学舎で!

 大学入試センター試験まであと3か月弱、高校受験の都立推薦が3ヶ月強、都立一般入試がほぼ4か月後となり、ま...

[ 国語 ]

都立高校入試の国語の解き方体験講座(第1回)を開催します!

 10月も半ばを過ぎ、東京都立高校の一般入試まではあと127日(本日を含めません)、4ヶ月と少々になってい...

[ 国語 ]

10月16日 鈴懸の径、森の小径のこと

 本日、10月16日に関するコラムとして、言問学舎塾長ブログ「言問ねこ塾長日記」の文章を、常体のまま掲載さ...

[ 小田原漂情 ]

「合格実績」について

 今年、言問学舎ホームページは、開設から7年となりました。そこでトップページを中心に、教育理念・指導方針等...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

小学1年生がものがたり(のつづき)400字を書きました!

 現在言問学舎では、「国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力」という教材の刊行を計画しています。す...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ