コラム

 公開日: 2015-06-01  最終更新日: 2015-06-02

仙石線全線運転再開に寄せて

 5月30日(土)、仙台と石巻を結ぶJR仙石線の高城町(たかぎまち)-陸前小野間が、津波で被災した東名(とうな)駅、野蒜(のびる)駅とその前後の4kmほどの線路とを内陸側に移設した上で運転再開を果たし、東日本大震災以来4年2ヶ月ぶりに、全線開通しました。当初から沿岸の鉄道線の復旧を願い、小説を書いて来た身として、心からお祝い申し上げるとともに、関係各位のご尽力に敬意を表したいと思います。あわせて亡くなられた多くの方々に、改めてお悔やみを申し上げるものであります。

 今から32年前となる1983年(昭和58年)の夏、私がはじめて東北の海辺の駅に降り立ったのは、まさにこの野蒜駅でした。宮城電鐡の名残りをのこす仙台駅の旧仙石線ホームから、旧型国電の足回りに国電103系の車体をのせた仙石線の電車で、仙台市東郊を抜け、多賀城、塩釜を経てはじめて松島の海を見た時の言葉にならない感激は、今も鮮烈によみがえって来ます。当時、本塩釜の高架駅は完成して2年に満たぬ頃であり、朝日を浴びて輝くそのさまは、白亜の城郭のように見事でした。そして野蒜は、通称奥松島と呼ばれる宮戸島への入り口で、ここから月浜という美しい名の、宮戸島の一番奥に位置する浜辺の集落を、たずねたのです。

 2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では、野蒜駅から石巻方面へ向かっていた下り列車は高台に近いところで停車し、その後の判断も良く乗客全員が難を逃れましたが、仙台方面へ向かっていた上り列車は海岸近くで地震発生に遭遇したために、車両も流され、犠牲になった方もおられました。日々刻々と伝えられる惨状を前に、私は言葉を失いましたが、かつて野蒜から石巻、女川、そして気仙沼や陸前高田、釜石など三陸の海辺の景物に心をなぐさめられた者として、必ず報恩を為さなければと誓い、自社ブログでもそのことを表明しました。2012年(平成24年)10月から仙石線の仙台-野蒜間を皮切りに往時の沿線のすがたを描いた小説『たまきはる海の命を-鉄路よ永遠なれ』シリーズは、本年4月5日に第6作(『志津川の海』)を発表して完結しましたが、ほぼ時を同じくして、石巻線が女川までの全線開通を果たし、そして仙石線が今回の高城町-陸前小野間の再開による全線開通に加え、東北本線から仙石線へ乗り入れる仙台東北ラインの新設という形をあわせて、仙台-石巻間の鉄道の運行が再開されたことは、まことに感無量であります。

 今後もひきつづき、鉄道と三陸の海を愛する一人として、未だ再開ならない気仙沼線、大船波線(両線はBRTによる仮復旧中)、山田線の行方を見守り、三陸縦貫鉄道の全線再開を願いつづけるものであります。

小説『たまきはる海の命を-鉄路よ永遠なれ』シリーズは、『Web頌』にてお読みいただけます。
 『Web頌』は、現在7号が最新号で、バックナンバーの第2号~第7号に、全6作を掲載してあります。『たまきはる海の命を-鉄路よ永遠なれ』の総題は記載してありませんので、「小田原漂情」の各作品をご覧下さい。

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

4年間、ありがとうございました。

4年間、ありがとうございました! 先生方がとてもあたたかく...

F・H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

言問学舎の2017冬期講習(本講習・小学生)実施要項のご案内

 小学生の勉強で何よりも大切なのは、「考える力」を身につけることです。特に、大学入試改革を大きなうねりの発...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

言問学舎の2017冬期講習 説明会のご案内

 文京区内の公立中学校では、六中が昨日から期末テストに入り、各校とも来週火曜日ぐらいから、軒並み期末テスト...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ