コラム

 公開日: 2014-10-18  最終更新日: 2017-02-21

核心を衝く授業~「塾」での「国語」の授業について<教材=安部公房『棒』>

 先日、高1の国語の授業で、こんなことがありました。内容は中間テスト対策、教材は安部公房の『棒』という小説です。生徒は国語の成績が良い男子ですが、『棒』は超現実的な内容であり、どうしても全体の内容が、つかみにくいようでした。

 タイトルに書いた通り、塾での国語の授業の特質は、「核心を衝く」ことにあります。その生徒には、最初に問いを与えました。小説の最後のところで、「この雑踏の中の、何千という子供たちの中には、父親の名を叫んで呼ばなければならない子供がほかに何人いたって不思議ではない。」と書かれている、「何人いたって不思議ではない」子供たちの「父親」とは、どういう「父親」なのかと。

 いくつか正解にたどり着く過程を経たあと、生徒は「核心」に触れました。「裁かないことによって、裁かれる連中……」、つまり「棒」である人々だ、と。

 このあと、さらに補強するやりとり、学校のノートに対する補足説明等もしましたが、60分の授業の終盤、「あと聞きたいこと、確認したいことは?」と聞くと、彼は答えました。「全体がわかったように思います。」

 これが、「塾で国語を教えること」の、端的な例です。もちろん、非常にうまく行った例であり、同じ生徒でも、毎回60分内に「1回完結」できっちり決まるわけではありません(ちなみにこの日の授業は1対1ではなく、もう1人高1の生徒に並行して『城の崎にて』を教えており、そちらは2回完結でした)。

 ただ、今日の記事では次のことを、お伝えしたいのです。塾では週に1時間か2時間、授業をするのがふつうであり、ひとつの作品、教材にかけることのできる時間は、自ずと限られています。その限られた時間の中で、生徒に国語を教えるのには、「核心」もしくは「本質」をいかにわかりやすく教えるか、が要であるということです。

 もちろん、対象の生徒によって手法も異なり、今回『棒』を教えた生徒には上記の方法が最適と判断して、授業を進めました。一人一人の生徒に「わかる」ように教えられることが、塾という少人数の授業で国語を教える醍醐味でもあります。

 ここでひとつ付け加えておきますが、限られた時間の中で「核心」を教えることができるのは、それぞれの生徒が学校ですでにある程度勉強しているからであり、学校の先生方のご尽力があってこそ、こうした授業が成り立つのだということを、つねづね自覚しているものであります。「塾内完結」で小説を教えるのもひとつの理想ですが、それは高1から高2の季節講習で、例えば横光利一の『春は馬車に乗って』などを教えることで実現しています。国語をしっかり勉強したい高校生の方たちには、ぜひ早い時期から言問学舎で勉強して欲しいと、これもつねづね願っております。

 さて、かねてご案内ずみの『国語力.com』における『山月記』の解釈ですが、「読解本篇」と「サポート篇」に分ける形をとっております。「読解本篇」が、今日この記事でお伝えした「核心」であり、「サポート篇」が「補強する」部分にあたります。そのサポート篇の最終回(本年度)、「李徴の『詩』について」は、今夜もしくは明日、アップする予定です。ご期待下さい。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

4年間、ありがとうございました。

4年間、ありがとうございました! 先生方がとてもあたたかく...

F・H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
立原道造「草に寝て・・・・・・六月の或る日曜日に」を朗読しました!

 私ごとからはじめて恐縮ですが、今年はお盆の頃に風邪を引いてしまい、9月の初めまで、長引かせてしまいました...

[ 小田原漂情 ]

「作文に関する考察と対策」について、『JIJICO(ジジコ)』に執筆しました!

 小・中学生のお子さんを持つご家庭では、夏休みの作文や読書感想文で、お子さんたちが、あるいは保護者のみなさ...

[ 国語 ]

言問学舎で国語を勉強すると、こうなります(そのメリットと理由)!

・「文章を読む力」が身につきます。・「自分から考える力」を育てられます。・「思考力」「判断力」「表現力...

[ 国語 ]

本年度第2回英検の締め切りを1日延長(14日木曜まで)します!お申し込みはお早めに!

 かねてご案内済みの第2回英語検定のお申し込み受け付け(準会場・言問学舎での受検)は、当初9月13日水曜ま...

[ 英検 ]

2学期は学力を伸ばせるときです!~その理由は?

 9月ももう上旬が終わろうとしています。学校の授業も、週明けからは各科そろって、本格的になることでしょう。...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ