コラム

 公開日: 2014-08-15 

「伝える立場」の一員として

 今年は、8月6日、9日の両日に、例年塾長ブログにだけ記している、その日の文章を掲載させていただきました。ひきつづき、今日15日のものも、転載させていただきます。常体である点、ご容赦下さい。


 例年通り、全国戦没者追悼式をテレビで見て、正午に黙禱。そして考えた。

 朝のネットのニュースでも関連記事を読んだが、今年、「零戦(旧日本海軍の零式艦上戦闘機)」を、国内の戦争に関する資料館等の施設で展示するという報が、目についた。ある施設の方の意見として、「本当に来館者に見てほしいのは、戦争の悲惨さを伝える資料の方だが、来館者を増やさないことには、それらを見てもらうことができない。そのために零戦(の実物大模型)の展示は有効だ」(大意)という言葉が伝えられていた。そして、「『零戦はかっこいい』では、終わらないはずだ」、とも。

 実際に現場で零戦の展示に当たる当事者の言葉だから、安易に批判をするつもりはない。「かっこいいで終わらない」ようにするために、能(あた)う限りの力を尽くしていただきたいと、願うのみである。だが、零戦にしろ戦艦大和にしろ、メディアや映画などが伝えている描き方は、どうなのだろうか。

 私自身も、もちろん戦時を経験した立場ではなく、かつて記録や文章や映像等(アニメ化された作品を含む)で、往時のことを伝えられて知り、学んだ身である。「伝えよう」という行為がなくなってしまったら、それこそ不幸な、悲惨な過去を学ぶ機会が失われ、若い世代にわが国の戦争のことを知ってもらう可能性が少なくなるわけだから、「伝える作品」があることは、重要なことだと考えている。

 しかし、その描き方、描かれ方は、はたして、「かっこいいで終わらない」ものなのだろうか。これも当然のことながら、私が四十年前、三十年前に「学んだ」時代と現在とでは、「作り手、書き手」の大半が、実際に戦争を経験した年代の方たちから、戦後生まれの世代に変わっている。昭和50年(1975年)前後と現在とでは、その「暗黙の前提」に、非常に大きな違いがあるように思われるのだ。

 塾に来ている子どもたちが、零戦や大和、その他の兵器のことを、子ども同士で話しているのを、耳にすることがある。すぐには口を挟まないが、時々、やはり、「かっこいい」とだけとらえて終わって欲しくない、と感じることがある。私もその子たちと同じ年ごろには、零戦や大和をはじめ、旧陸海軍の艦船や飛行機のほとんどのプラモデルを作り、ある時までは、「かっこいい」と思っていたものだ。

 だが、大切なことは、「そこから何を学ぶか」だと思う。零戦に代表される初期・中期の日本軍の航空機は、防弾(すなわち搭乗者の生命を守る)面が貧弱で、そのために戦死された搭乗員も多かったのだという。そして周知の通り、末期には特別攻撃で帰還の見込みのない方たちが、その操縦席に身をあずけ、出撃された。

 零戦の展示を見る人たちには、その操縦席に、自分と齢の変わらない、あるいはずっと若い方たちが、その「命」を乗せて行ったのだということを、思いみて欲しい。そして、現在あの当時のことを語って下さる経験者の方たちの言葉に、耳を傾けて欲しい。もちろん私自身も、いま語り残して下さる方々の思いをしっかり受け止め、これまで身に受け取って来た多くのことどもとともに、「(受け継ぎながら)伝える立場」であることを銘じて、能う限り、為すべきことを為さねばならぬと誓う次第である。

                                                        平成26年8月15日
                                                             小田原漂情

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

家族一同感謝しております

 2年数か月にわたるご指導、まことにありがとうございまし...

A.K.
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

言問学舎の2017冬期講習(本講習・小学生)実施要項のご案内

 小学生の勉強で何よりも大切なのは、「考える力」を身につけることです。特に、大学入試改革を大きなうねりの発...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

言問学舎の2017冬期講習 説明会のご案内

 文京区内の公立中学校では、六中が昨日から期末テストに入り、各校とも来週火曜日ぐらいから、軒並み期末テスト...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ