コラム

 公開日: 2014-06-06  最終更新日: 2014-06-16

「都立高校採点ミス2,211件」~入試は一生のもの、ミスでは済みません!<後>

 さて、「採点ミス」についても、述べておきましょう。

 ことの性質をひと言で言ってしまえば、テストの採点時において、ミスは「起こりうる」ものです。一人の採点者の採点においては、いかにミスのないように細心の注意を払って採点しても、なお少しのミスは「あるものだ」と考えるべきです。

 それが最終的なミスとして残ってしまわないよう、採点のしくみを工夫するとか、二重、三重のチェックをするなど、細心の注意を払うのが、採点にかかわり、テストを運営する側の務めです。もちろん「入試」ですから、各高校の現場の先生方、都教委ほか運営にかかわる全体が、注意に注意を重ねていたこととは思います。

 しかし、実際には大変な数のミスがあったことが、明らかになったのです。一般的に、誤りを防ぐためには、ア.携わる人が気を配る、精神面での注意 イ.システムの改善 の2種類の取り組みが、考えられると思います。

 このうちイについて、今回の新聞記事では、2点、非常に気になる内容がありました。ミスのあった学校側から、都教委の聞き取りに対して上げられた声だということです。

①用紙の書式が違うため、「見誤り」が起きやすい。

 実際に生徒が答案を書く解答用紙と、正答が公表される際の用紙の書式が、たしかに違います。記号や数字で答える問題では、見誤ることもありそうです。そのことの是非はともかく、この点などは「システム的」に改善を図るべきことでしょう。両方の書式を改善して、最適と考えられる形に統一すれば、済むことです。
 これだけ多くのミスが出て、問題が顕在化した(合格のところが不合格の受験生まで出た)以上、来春の入試から、ただちに改善して欲しいと思います。


②入試が終ってから発表まで「中3日」しかなかった。

 これは、東京マラソンのために、入試日を「1日ずらした」のが原因です。都立高校入試(前期)は、毎年2月23日実施と決まっているのに、今回「東京マラソン」の方が2月23日実施とされ、入試日を24日に変更しながら、合格発表日は2月28日で変更なしとしたため、入試当日と合格発表日の間には、たしかに3日しかありませんでした。

 来年、もとの23日に戻るとはいえ、これは看過できない問題です。東京マラソンの主催者は、「一般財団法人東京マラソン財団」(2010年設立)だということですが、もともとは東京都と日本陸連が主催であり、現在も共済団体である東京都が、東京都立高校の入試日程を動かして(または、軽視あるいは無視して)、23日のマラソン開催を認めたということでしょう。

 こうした事態を招いた一因である「都政」には、大きな責任があるはずです(決定当時の責任者は、辞任していますが)。今後再びこのような日程上の問題が生じる時に、同じ過ちを繰り返すことは、決して許されないことだと考えます。

 アについては、通常のテスト以上に、入試という機会で十分注意をされているであろうという前提のもと、さらに次のことを、実際に採点に従事する先生方に、お願いするしかないでしょう。

 それは、昨日も述べた通り、受験生たちは一枚一枚の答案に、自分の夢や人生を懸けているのであり、採点に当たる方々は、「決められた仕事」ではなく、受験生ひとりひとりの人生を左右する「崇高な職務」なのだということを、もう一度見つめ直して、採点をしていただきたいということです。

 また、今回ミスがなかった学校も、うちは大丈夫、ということでなく、ミスがあって名前の出た学校を他山の石として己を戒め、毎回新鮮な気持ちで、採点に臨んでいただきたいと思います。高い都立高人気がつづく今だからこそ、入試の公正さと信頼の維持に、全力を注いで欲しいところであります。
                                            おわり

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もしまたお世話になることがあったら・・・

おだわら先生!! おだわら先生にはすごくお世話になりまし...

K・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
都立高校入試の国語の解き方体験講座(第1回)を開催します!

 10月も半ばを過ぎ、東京都立高校の一般入試まではあと128日(本日を含めません)、4ヶ月と少々になってい...

[ 国語 ]

10月16日 鈴懸の径、森の小径のこと

 本日、10月16日に関するコラムとして、言問学舎塾長ブログ「言問ねこ塾長日記」の文章を、常体のまま掲載さ...

[ 小田原漂情 ]

「合格実績」について

 今年、言問学舎ホームページは、開設から7年となりました。そこでトップページを中心に、教育理念・指導方針等...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

小学1年生がものがたり(のつづき)400字を書きました!

 現在言問学舎では、「国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力」という教材の刊行を計画しています。す...

[ 国語 ]

受験のための小論文・作文も、真の国語力のための作文・記述も、根は一つです!

 9月も残すところ数日となり、言問学舎最寄りの文京六中では、今週の木曜・金曜に中間テストが行なわれます。中...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ