コラム

 公開日: 2014-04-25  最終更新日: 2014-04-30

「文語文法実戦編」予告篇

 文語文法を実際の文章の中で読みこなす、使いこなすことを、「文語文法実戦編」としてご案内し、来る5月3日には「特別体験学習」として、受講生(高校2年生または3年生)を募集しております。本日は「予告篇」として、そのあらましをご紹介します。

『大鏡』‐頼忠伝‐「三船の才」

 ひととせ、入道殿の大井川に逍遥(せうえう)せさせ給ひしに、作文(さくもん)の船・管弦の船・和歌の船と分かたせ給ひて、その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、この大納言殿の参り給へるを、入道殿、「かの大納言、いづれの船にか乗らるべき」とのたまはすれば、「和歌の船に乗り侍らむ」とのたまひて、詠み給へるぞかし、

 をぐら山あらしの風の寒ければもみぢのにしき着ぬ人ぞなき

<現代語訳>ある年、入道殿(道長公)が大井川で散策・学芸の集まりを催しなさった折り、「漢詩を詠む船」、「音楽を奏でる船」、「和歌を詠む船」とお分けになって、それぞれの道にすぐれた人々をお乗せになりましたが、そこへ大納言殿(藤原公任卿)が参りなさいました。入道殿が、「あの大納言殿は、どの船にお乗りになるのだろう」と仰せになると、(大納言殿は)「和歌の船に乗りましょうか」とおっしゃって、歌を詠まれました。

 美しく彩られた小倉山から吹き降ろして来る風が寒いので、紅葉が人々に降りかかり、みな錦の衣をまとっているようだなあ。

  (『大鏡』本文は旺文社「古典解釈シリーズ 文法全解「大鏡」より引用、訳は参考)

 ここでまず注目したいのは「二重敬語」です。順に抜き出すと、「逍遥せ”させ給ひ”」「分かた”せ給ひ”」「乗せ”させ給ひ”」「のたまはす(のたまふ+す、または一語の最高敬語とも)」で、前の三つは、尊敬の助動詞「す」「さす」に、補助動詞の「給ふ」が合わさっています。

 これに対して、「この大納言殿の参り給へるを」、「のたまひて」「読み給へるぞかし」は二重でない一般の敬語表現で、大納言=公任卿の行為を述べたものです。ちなみに「参り給へる」は「二方面への敬語」と呼ばれるもので、「参り」は公任が参上する行為の受け手である道長への、「給へる」は動作主の公任への敬意をあらわすものです。

 この例は、敬語表現から動作主を特定できる、わかりやすい例です。古文では主語が明示されない場合が多いので、敬語表現から動作主が特定できるのは、ありがたい文章でもあります。また敬語表現は、とりわけ古文では重要ということですね。

 もう一つ、「参り給へる」の「る」の品詞は何か、と聞かれて、即答できますか。答えは完了(存続)の助動詞「り」の連体形で、「給ふ」(四段活用で尊敬)が已然形であることから判断できます。

 ほかにも文法のポイントはたくさんありますが、スペースに制約がありますから、このぐらいにしておきます。「文語文法実戦編」の授業(特別体験学習会)では、このように読解と文法の実戦をフルにお教え致します(さらに深いところ、また「古文の常識」も含めて)。
現在受講者募集中です。詳細は以下のリンクよりご覧いただき、お申し込み下さい。

★特別体験学習会「文語文法実戦編・伊勢物語」のご案内はこちらからどうぞ!


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 本日は、東京都立高校の合格発表日でした。うれしいしらせが届きましたので、合格校名一覧を更新してお知らせ致します。<大学入試> 学習院大学法学部法律学...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最後の最後まで、ありがとう御座いました

先生方へ  見捨てないで、最後の最後まで面倒を見て下さっ...

Y・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
桜と「業平」のことなど

 一昨日、かねて予想されていた通り、東京がことし全国で一番早く、ソメイヨシノ開花の観測地となったそうです。...

[ 小田原漂情 ]

国語に強い言問学舎・新高校1年生のご案内

 新高校1年生と保護者の皆さま、中学校ご卒業おめでとうございます。入学前の登校日も、そろそろ多くの高校で設...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

国語の勉強は、何よりも「本質の理解」にあります!

 言問学舎は、少人数制で一人一人にこまやかに目配りしながら、5科(または4科)すべてに優秀なスタッフをそろ...

[ 国語 ]

中3生と同い年

 東京都内ではほとんどの中学校で卒業式が終わったかと思います。高校はすでに終わっていますから、あとは小学校...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

国語で受験を成功させる‐とは?

 国語で受験を成功させる、ということを、私ども言問学舎は、つねづね申しております。受験生の一般的な感覚では...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ