コラム

 公開日: 2014-01-15  最終更新日: 2014-01-20

都立高入試・国語の注意点/その②「大問五・古典に関する文章等の読み取り」

 東京都立高校の国語の問題の構成(および配点)は、大問一‐漢字の読み(10点)、大問二‐漢字の書き(10点)、大問三‐小説(25点)、大問四‐評論(30点)、大問五‐古典に関する文章等の読み取り(25点)となっています。

 このうち今日は大問五についてお話しします。平成25年、すなわち昨年の入試(入学者選抜学力検査)にあたって都教委が発表した、「出題の基本方針」では、次のようにねらいが説明されています。

<古典に関する文章及び座談会の記録を読み、古典並びに現代の語句及び文章の内容について理解する能力をみるとともに、座談会における発言の役割を理解することを通して伝え合う力をみる。>

 「古典」とは、古文(日本文の江戸時代以前のもの)と漢文(中国の文章や詩を、日本語の古文の文法に即して訓読し、解釈するもの)の双方をまとめて言います。従って、題材としてどちらが出題されるかは、当日までわかりません。

 ここで最初にお伝えしたいのは、「古文」「漢文」と言っても、都立高の入試では、もとの文章をそのまま読むことが求められるのではない、ということです。古文、漢文の引用部分には、必ず現代語訳がついています。高校生が古文、漢文を読みとるような出題がされるわけではないのです。極言すれば、古文、漢文の勉強をしていなくても、現代文の文脈がきちんと読みとれれば、ほとんど正解できる内容なのです。

 ですから、都立高の大問五のために、古文を現代語訳するとか、漢文を書き下し文にするといったような勉強をしなければならないということはありません。ただ、やはり中3生ですから、まったく古文、漢文を学ばずに(過去に学校で習っただけの状態で)入試に臨むのは、危険でしょう。ある程度、現代語訳のついたやさしい文章には、慣れておく必要があると思われます。最低限、数年分の過去問は解いておいて下さい。

 また、一般の評論文の問題で、ある段落の役割が「前の段落を受け、本論を展開するきっかけをつくっている」、「前の段落と反対の事実を述べ、論全体をふくらませる役目を果たしている」など、段落の性格や構成を問う小問がありますが、大問五では、都教委の方針にも書かれている通り、座談会の発言者の発言(の具体的な一部分)が、進行上どのような役目を持っているか、ということが問われます。これも一定程度「慣れ」が必要なことでしょう。

 いま一つ、これは簡単な注意で済むことですが、例えば「傍線部」の示す内容がどの部分であるかを抜き出せ、という問題では、「(古文、漢文の)原文から(漢文は書き下し文を含む)」という場合と、「現代語訳から」という場合と、両方あります。これは問題文を最初に見た時に、必ず線を引いてチェックするようにして下さい。せっかく正しい部分を抜き出しているのに、指定と違う部分から抜き出したのでは、何にもなりません。この1問の配点は、「5点」です。取れるはずのものを落として悔しい思いをしないよう、こうした簡単な注意で済むことには、くれぐれも気をつけましょう!

 ひきつづき本サイトの内容に、ご注目下さい。そして気になることなどありましたら、どうぞお気軽にご質問をお送り下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP
[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]
[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

成長の毎日

ありがとうございました。 4年間、お世話になりました。塾で...

A・H  
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【告知】2017年度第2回実用英語技能検定実施時間のご案内

 10月7日土曜日実施の第2回実用英語技能検定の実施時間につきまして、これまでは概略の予定時間のみご案内し...

[ 英検 ]

立原道造「草に寝て・・・・・・六月の或る日曜日に」を朗読しました!

 私ごとからはじめて恐縮ですが、今年はお盆の頃に風邪を引いてしまい、9月の初めまで、長引かせてしまいました...

[ 小田原漂情 ]

「作文に関する考察と対策」について、『JIJICO(ジジコ)』に執筆しました!

 小・中学生のお子さんを持つご家庭では、夏休みの作文や読書感想文で、お子さんたちが、あるいは保護者のみなさ...

[ 国語 ]

言問学舎で国語を勉強すると、こうなります(そのメリットと理由)!

・「文章を読む力」が身につきます。・「自分から考える力」を育てられます。・「思考力」「判断力」「表現力...

[ 国語 ]

本年度第2回英検の締め切りを1日延長(14日木曜まで)します!お申し込みはお早めに!

 かねてご案内済みの第2回英語検定のお申し込み受け付け(準会場・言問学舎での受検)は、当初9月13日水曜ま...

[ 英検 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ