コラム

 公開日: 2013-02-23  最終更新日: 2013-02-28

都立高校入試当日/塾長のリアルタイム日記 2013.2.23

①午前9時00分<国語9:00~9:50>

 1時間目、国語の開始。今日はどんな文章からの出題となるだろうか。

 受験生には、最初の国語で、はずみをつけて欲しい。都立の国語の設問はさほど難しくないし(共通問題)、大問四の評論文で難解な用語が出たとしても、必ず[注]がつく。選択肢の選び方もきちんとマスターしていたし、過去問は74点→84点→92点と、解かせるたびに得点アップしたから、まず大きな失敗はないだろうが・・・。

 緊張でミスしないように、それだけを祈りたい。部活で大舞台も経験している、本番に強いタイプだから、大丈夫だとは思うけれど、やはりこちらも、どきどきしてしまうのだ。

②午前10時25分<数学10:10~11:00>

 数学が始まって、15分経過した。大問1でミスしないよう、十分に説き聞かせ、演習もたっぷりやった。関数(大問3)と図形の証明(大問4)に、この1ヶ月力を注いだ。あとは大問2に、柔軟に対応できるか。大問5は、[問1]ができてくれれば良いだろう。

 ここまでうまくやっていれば、英語は得意教科だから、午前の3教科で、大体見通しが立ってくる。もちろん本人の「手ごたえ」でしか、出来の良し悪しはわからないけれど。

③午前11時45分<英語11:20~12:10>

 英語の時間が半分終了。リスニングの出来はどうだったろうか。過去問では、日本語の説明の時点で聞き洩らしをするというチョンボがあった。こういうのが心配だ。

 だが本人は、「腹減った」などと思っている頃だろう。

 気の弱い子(特に女子)に比べて、男子の図太い子はあがったり、緊張しすぎて失敗したり、という心配はしなくていい反面、思わぬチョンボが気にかかる。それにしても今年はほかの子たちが私立で早めに合格→進学(すなわち第一志望)を決めてくれたから、気の遣い方がいつもの年とは大分異なる。昼休みを有効に使うよう(=社会の勉強)指示したが、あいつ、どうするつもりだろう。

④午後1時10分<社会13:10~14:00>

 さあ、午後の部、社会の開始時間。気温はさほど高くないが、春めいたおだやかな日和なので、きっとあの高校の日当たりのいい教室では、ぽかぽかと眠くなっているだろう。昼休みはそれでもよかったが、しっかり目を覚まして、気合いを入れて臨んで欲しい。

 最後に特訓した記述の書き方、大丈夫だろうか。

⑤午後2時00分~2時20分<社会終了、理科までの休み時間>

 4教科が終了した時間。当塾の受験生のことも気にかかるが、この時間帯になると毎年、たくさんの受験生のことが思われる。順調な子はいいのだが、中にはここまでで「もう駄目だ」と思ってしまっている子もいるだろう(もちろん、他人ごとではないのだが)。厳しい入試のさなかとはいえ、「最後まであきらめずに頑張る!」ことを、受験を通して学んで欲しい。

 そして当塾の受験生〇〇君、最後まで気を抜かずに全力を出し切れよ。

⑥午後2時55分<理科14:20~15:10>

 理科もそろそろ、解き終わった頃だろうか。最後の最後まで、きちんと見直しをし、手ぬかりなく万全を尽くすように、と教えているのだが、この点ばかりは、特に中3ぐらいの年齢では、なかなか本人が徹底できない。「駄目なものは駄目」と、一番決めてかかりやすいのが中3生である。小6はまだ素直だし、高3だと分別がある程度できている上、一般的に「受験」と名のつく最後の機会だから、取り組み方が違う。こちらはこのような機会に、最後まで粘り強く頑張ることを教えたいと思うのだが、こうしたことは本人がその気にならなければ、いかんともしがたいのである。

 ただ、受験や勉強という場がすべてではない。部活の練習や、試合、本人が心底夢中になれるもので、この年代は集中力、忍耐力を身につければ良いことではある。

 とにかく今日の入試で、全力を出し切っていること。そして良い結果が、28日の発表日に待っていることを、願うのみである。

⑦午後3時10分<全科終了>

 何もなければ、いま全科目の試験が終了したはずである(4年前には、一部の学校で大幅に遅れたことがある)。とにかく、お疲れ様。水曜日が中3生としての最後の授業だ。そして翌日、いい結果が出ていることを祈ってるよ。

※本日は、今日実際に行なわれている都立高校の入試の時間割に合わせて、その時その時に感じたことを、日記形式で記してみました。多くの受験生のみなさん、大変お疲れ様でした。今日はゆっくり休んで、いい夢を見て下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
[[文京区の総合学習塾・言問学舎http://www.kotogaku.co.jp/]]

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最後の最後まで、ありがとう御座いました

先生方へ  見捨てないで、最後の最後まで面倒を見て下さっ...

Y・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
冬期講習説明会第3週は12月10日(土)開催です!

 12月に入って一週間。区立中学では、続々と内申点の内示があり、連日私立高校との連絡に明け暮れる時期となり...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

「国語力.com」をリニューアルしました!作品別に検索できます!

 2013年7月の開設以来、2~3学期の高校の定期テストの期間には毎日数百人の方にアクセスしていただいてい...

[ 国語 ]

受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ