コラム

 公開日: 2013-01-28  最終更新日: 2013-02-04

「行間を読む」~高村光太郎『レモン哀歌』より 第2回

 ひきつづき、『レモン哀歌』を読み進めます。

⑧・⑨ 単独行の二連
 「正常」をとり戻した智恵子の生ける姿を、ふかく目に刻み胸に収めようとしながら、なお、智恵子の生きる力を思いその命をつなぎとめようとするかのような言葉運び。この二行ではおもに3音・4音の短い文節が繰り返され、9行目の行末を5音(半)で締めています。前後の5音・7音中心のリズムから、ここだけがゆるやかなリズムの破調となっており、Aの読者には、「ついの別れ」を噛みしめるような鎮魂の思いが、Bの読者には、いまわの際にようやくもどって来た「もとの智恵子」と、二十四年間のこもごもを振り返り、もはや一時しか残されていない二人での時間をいつくしもうとする詩人の痛切な思いが感じとれるでしょう。

⑩~⑬
 作中で唯一、四行が一文となっています。ついに「命の瀬戸ぎは」を迎える一瞬のために、前二行から一転して7音のリズムが多用されて緊張が高まり、二人の別れは、「生涯の愛を一瞬にかたむけた」13行に昇華されます。
この13行目の絶唱は、光太郎と智恵子の生涯を知る読者も、知らぬ読者をも、震えさせずにはおかないでしょう。選びぬかれた表現のきびしさ、言葉の力は、それだけで読者の心を強く打つものです。
 あえて言うならば、Bの読者は、この四行において、ここまで述べて来た光太郎と智恵子の人生という「行間」を、一瞬のうちに読みとるのです。

⑭~⑯
 Aの読者にも、若かった二人が山のいただきで澄んだ空気を歓びあったむかしが読みとれるはずです。幾十年をともに生きた夫婦のついの別れが、慟哭を誘うでしょう。
 そしてBの読者は、上高地滞在中の光太郎を智恵子がたずね、生涯をともにすると誓いあった行程から、世間と乖離し、世俗と闘い、ひたすらにお互いと芸術だけを見すえつづけた二人の生涯が、回想されます。
                     
 引用した北川太一編・旺文社文庫『高村光太郎詩集』(昭和44年3月1日初版発行、昭和52年第29刷)の「レモン哀歌」の項には、智恵子の死の床に付き添った斎藤徳次郎医師の回想が、掲載されています。
  <ほんとうにそうでした。あかるい死の床、レモンの香、静寂をふるわせるものは咽喉の嵐、それだけでした。この情景はいまでも眼に映ります。夕方から脈が次第に細くなり、呼吸が乱れ勝ちになりますと、光太郎氏はもうお注射はおやめ下さいと力をこめておっしゃいました。そっとしておかれたかったのでしょう。しばらく眼をとじられて瞑想されたと思います。それからしばらくのちに「昔山巓でしたような深呼吸」を一つされました。それと同時に黒の和服に袴をつけた光太郎氏の巨大な身体が大きくゆれだしました。私は思わず外にとび出して、静かにご冥福を念じ上げました。このように荘厳な、力に溢れた臨終を、私は今日まで知りません。恐らく一生経験出来ないと存じます。>(『高村光太郎詩集』より引用、原典は「高村智恵子さんの思い出」昭和34年)

⑰・⑱
 この二行は回想であり、智恵子を死の床に見送ってからしばらく時を経た時点の感懐だと、すべての読者が気づくでしょう。かなしい永遠の別れの時を思いえがきながらも、智恵子の魂を解き放ったあのレモンは、つねに詩人の心を浄める存在なのです。
                                                        
 『レモン哀歌』を光太郎が発表したのは昭和14年(1939)2月、智恵子の死から4ヶ月を経たのちのことです。Bの読者は、この作品が智恵子の死後数ヶ月を経て書かれたものであることはもとより、光太郎がやがて『元素智恵子』の境地を獲得し、戦後岩手の山口村に山小屋をかまえたのちも智恵子とともに生きたこと、さらに昭和28年(1953)に原型が完成した「十和田湖畔の裸婦像」までもが智恵子をモチーフとしていることに、思いをはせることでしょう。
                                    つづく

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 今日は東京都立高校の合格発表日(分割前期)。朝一番で、うれしい合格の報が届きました。小山台高校に合格した生徒は、遠方から受験対策に通ってくれました。これを...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

家族一同感謝しております

 2年数か月にわたるご指導、まことにありがとうございまし...

A.K.
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
冬期講習説明会第3週は12月10日(土)開催です!

 12月に入って一週間。区立中学では、続々と内申点の内示があり、連日私立高校との連絡に明け暮れる時期となり...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

「国語力.com」をリニューアルしました!作品別に検索できます!

 2013年7月の開設以来、2~3学期の高校の定期テストの期間には毎日数百人の方にアクセスしていただいてい...

[ 国語 ]

受験生のみなさんへ 言問学舎・小田原漂情がお手伝いします!

 受験生のみなさん。師走、すなわち12月になりました。はじめて受験を経験する方も、またそうでない方も、いよ...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

次回説明会は12月3日(土)・4日(日)開催!平日のご来訪も受け付けます!

 朝方は好天だった日曜日、午後から雨となって、ところによっては、夜は本降りとなりました。すでに観測史上初の...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

受験直前のこの時期、「何とか国語の得点を上げたい」方たちへ

 真冬のような寒さとなり、東京では観測史上初という11月の積雪となった、今週でした。まもなく12月。いよい...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ