コラム

 公開日: 2013-01-21  最終更新日: 2013-02-01

国語力=読解力を伸ばすポイント<行間を読む>ことについて

 以前のコラムでもお伝えしましたが、国語の「読解力」を上げる方法、あるいは「読解力のある人」の特徴として、「行間を読む」ことが挙げられます。

 すなわち、「行間を読む」ことができるようになる指導がひとつの理想であり、読解力のある人は、おのずから「行間を読む」ことができるわけです。

 では「行間を読む」とは、どういうことでしょうか。字の通りだと、「行と行の間を読む」ということになりますが、もちろんこれは「比喩」ですね。この表現自体が、まさにその意を内包しているわけですが、文字、文章に表立っては書かれていない、書き手の真意やその背景を読みとることです。

 現在言問学舎ホームページ「音読と読解の教材・作品篇」に最新作として公開している『寝たふりをした ちご』(宇治拾遺物語『児のそら寝』)を例として、ご説明します。

『児のそら寝』
 <原文>
 このちご、さだめておどろかさんずらんと、待ちゐたるに、僧の「もの申しさぶらはん。おどろかせたまへ。」といふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへんも、待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへんと、念じて寝たるほどに、「や、な起こし奉りそ。幼き人は寝入りたまひにけり。」と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期(むご)ののちに、「えい。」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。

 <逐語訳>
 このちごは、きっとおこしてくれるだろうと、待っていると、僧が「もしもし。目をお覚まし下さい。」と言うのを、うれしいとは思ったが、ただ一度で返事をするのも、待っていたかと思われるのでは、と思って、がまんして寝ているうちに、「やあ、お起こし申し上げるでない。幼い人は、すっかり寝ておしまいだよ。」と言う声がしたので、ああ、困ったと思い、いま一度起こしてよ、と思いながら寝て聞いていると、むしゃむしゃと、ただ食べる音ばかりがするので、どうしようもなくて、だいぶ時間がたってから、「はい。」と返事をしたので、僧たちが笑ったことは際限がない。
 
 高校生が古文として学習する場合、省略、簡略化されている部分を自分で補って理解するのが理想ですが、なかなかそれができない生徒もいます。また、小学生や中学生にこの「お話」を読ませるには、工夫が必要です。言問学舎では、この作品を次のような物語として、小学生たちに読ませています。

『寝たふりをした ちご』
 この物語のちごも、そんな気持ちでだれかが声をかけてくれるのを、心待ちにしていました。どれくらいの時間がたっていたのでしょう。
 「もしもし、目をおさまし下さいな。おいしいぼたもちができあがりましたよ。」
 このときちごは、天にも上る思いでした。すぐさま飛び起きようとしたちごの頭の中で、どうしたことかふしぎな声がひびきました。
 『・・・すぐにおきたら、ぼたもちができるのを待ちかまえていたと思われるよお・・・』
 ちごはだれにもわからないように体をちぢめて、すやすやと眠っているふりをしました。すぐに起きたら、ほんとうにぼたもちのできるのを待っていた、幼い子のように見られると思ったからです。でもちごは、ぼたもちが食べたくてしかたなかったので、心の中でいのりました。
 「もう一度起こしてください。もう一度起こして下さい。」
 ところが、ちごの思いをあざわらうかのように、僧たちの中から、こんな声が聞こえました。
 「やあやあ、もうお起こしするでない。幼い人は、すっかり寝ておしまいだよ。」
 この声を聞いて、ちごは泣きたくなってしまいました。
 「ああ、しまった。どうしよう・・・・」
 それでもちごは、しばらくの間がまんして、だれかが呼んでくれないか、と祈る思いでいたのですが、むしゃむしゃむしゃむしゃと、ただひたすらに僧たちの食べる音ばかりが聞こえてきて、いよいよぼたもちがなくなってしまうかと思うと、もうたまらなくなってしまい、ちごを呼んだことをそろそろみんなが忘れそうになった頃、あらんかぎりの声で、
「はーい。」
と叫んだのでした。
 僧たちがおなかをかかえて笑ったのは、言うまでもないことですね。

 <逐語訳>にくらべて、簡潔すぎる部分を補っていることが、おわかりいただけるでしょうか。この文章は小学生に読ませ、感じたことを書かせることが目的ですから、かなり詳しく補足をいれてありますが、ここまで微に入り細を穿つことはしなくとも、年齢や力量にあわせて、生徒が「行間」を読めるよう、的確に導いて行くことが、国語の読解力を育てる有効な方法なのです。

 次回は別の例で、「行間を読む」ことについて、ご案内したいと思います。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
[[文京区の総合学習塾・言問学舎http://www.kotogaku.co.jp/]]

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 本日は、東京都立高校の合格発表日でした。うれしいしらせが届きましたので、合格校名一覧を更新してお知らせ致します。<大学入試> 学習院大学法学部法律学...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最後の最後まで、ありがとう御座いました

先生方へ  見捨てないで、最後の最後まで面倒を見て下さっ...

Y・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新高3生&既卒生対象・スタート!大学受験「国語」講座無料体験授業のご案内

 東京では早くに桜(ソメイヨシノ)の開花が観測されましたが、その後は寒い日がつづき、満開にはまだだいぶ時間...

[ 国語 ]

業平の気持ちに近づきました!
イメージ

 かねてお話しした通り、先日の日曜日に、愛知県知立市、在原業平が「から衣きつつなれにし妻しあればはるばる来...

[ 小田原漂情 ]

明日から春期講習スタート!例年通り、今からの受講&体験受講もOKです!

 今日は都内区立小をはじめ、多くの小学校で、卒業式ですね。お子さんたちも、保護者の方々も、長い6年間の思い...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

国語に強い言問学舎・新高校1年生のご案内

 新高校1年生と保護者の皆さま、中学校ご卒業おめでとうございます。入学前の登校日も、そろそろ多くの高校で設...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

国語の勉強は、何よりも「本質の理解」にあります!

 言問学舎は、少人数制で一人一人にこまやかに目配りしながら、5科(または4科)すべてに優秀なスタッフをそろ...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ