コラム

 公開日: 2012-12-20  最終更新日: 2013-01-11

センター国語、あと1ヶ月の必勝法!

 センター試験本番まで、あと1ヶ月を切りました。まずはセンターへ全力投球、の受験生も、すでに二次を見すえている受験生も、そして私大センター利用の受験生も、とにかく入試のはじまりですから、「何となく」本番を迎えてしまうことのないよう、できることを最大限にやった上で、臨んで欲しいと思います。

 特に国立難関大をめざすみなさん、「センターの出来が合否を分ける」ケースは大変多いです。センターで取れる点を落とさないよう、当日は細心の注意を払い、事前の勉強はセンターを軽んじることなく、万全の備えをして下さい。

 では、センターの国語について、今から1ヶ月でできることを、再度のご案内も含め、お伝えしたいと思います。

①第一問~第四問の「解く順番」

 得手不得手にもよりますが、漫然と第一問から順に解くことだけは、避けて下さい。概ね、以下の順で解くことが、時間内に高得点を勝ち取る原則です。

 ア.古文が得意、もしくは文の大意が大体読め、40点前後は取れそうな人の場合
  第三問(古文)→第四問(漢文)→第一問(評論)・第二問(小説)の得手→不得手
 イ.古文が得意でない、もしくは時間がかかってしまう人の場合
  第四問(漢文)→第一問(評論)・第二問(小説)の得手→不得手→第三問(古文)

 いずれの場合も「取れるところで確実に取る」ことと「時間内に取り切る」ことがねらいです。特に漢文は、一番満点が取りやすい部分なので、第一問から順にやって、漢文に時間が残らない、ということだけにはならないようにして下さい。
 漢文が得意でない人も同様です。漢文には、確実に取れる問が必ずあるので、後回しにしてここの得点を失ってしまうことは命取りになりかねません。

 以下は以前にもご案内した内容ですが、あと1ヶ月のこの時期に、あらためて再確認していただくため、掲載する次第です。

②問題文を初めから終わりまで、通しで読むこと

 途中で設問を見てはいけません。語註以外のことを見て、思考を途切れさせたら、入試レベルの文章を、きちんと理解することはできません。文章は必ず、最後まで読みましょう。

③正答か誤答かの判断は、必ず本文に当たってすること

「何となく」「自分の考えで」、一生懸命選択肢の正誤を考える人が多くいます。残念ながら、これでは万全の正解は見つけられません。必ず本文の該当部分に遡り、「文中に書かれていることと合っているか、いないか」で、判断しましょう。

②③は、センターだけでなくすべての入試に共通して言えることです!

④選択肢の文中、「正答根拠」「誤答根拠」に線を引いて見きわめること

ここで赤と青のボールペンを使います。すなわち、5つある選択肢の中で、「本文の記述と異なっている部分」に赤線、「本文の記述と一致している部分」に青線を引きます。すべての問題ではありませんが、5つの選択肢のうち4つ(の一部分)に赤線が、1つ(の一部分)に青線が、見事に引かれます。青線の選択肢が「正答」ですね(「適当でないもの」を選ぶ時は、逆になります)。
 この感覚がつかめると、センターの問題を解くのはたいへん速く、かつ正確になっていきます。9割をとるためには「2~3問ミス」にとどめる必要がありますが、この解き方がきちんと身についていれば、本番9割も現実のものとなって来ます。なお、赤・青の色分けは、もちろん好みで逆にしてもかまいません。これが<センター試験の鉄則>です。本番(模試を含む)ではもちろん色つきのボールペンは使えませんから、できるだけ早く「練習」でこの感覚をつかみ、鉛筆(色分けなし)でこれができるようになりましょう。昨年、直前期にこれを徹底した理系の受験生は、事前の過去問演習で120~130点をとることがほとんどでしたが、本番では8割超の得点を勝ち取りました。

※実際に問題を解くにあたっては、文章ごとにさまざまな変化があります。評論については、理解するための大まかな背景の知識の集積が必要ですし、古文・漢文にも傾向とテクニックがあります。また「読解」そのものについても、文字だけではお伝えしにくい部分も存在します。
 上記の方法を使いこなせば、センター試験の得点は確実にアップします。ただ、これはいわばマニュアル」でもあり、実際の設問と文章によってさまざまなバリエーションがありますので、多くの問題を解くのとあわせて自分で照らし合わせることが必要です。

 言問学舎では国語に限り、「最後の得点アップ」をねらう受験生の方にも対応致します。もちろん現高校2年生の方は、総合的な国語の力をつけるためにも、ぜひお早めに言問学舎で国語を勉強されることをおすすめ致します。
◇電話番号は以下の通りです。何なりとおたずね下さい。 
 03‐5805‐7817  「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 

 メールはこのページ下部<メールで問い合わせる>よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

家族一同感謝しております

 2年数か月にわたるご指導、まことにありがとうございまし...

A.K.
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
中学1年生・2年生対象の作文講座を開催します!~表現力を育てる言問学舎

 夏休みがはじまって2日。まだまだ先が長く、夢見心地の中学生も大ぜいおられることでしょう。特に1、2年生は...

[ 国語 ]

都立推薦受験志望のみなさんへ~集団討論および小論文・作文の導入授業を実施します!

 いよいよお子さんたちが待ちに待った夏休みの到来です。もちろん高校受験をひかえた中学3年生は、受験に向けて、...

[ 国語 ]

夏期講習は21日金曜開講!開講後も、途中入会、体験受講可能です!

 公立の小・中・高校も、あと2日で1学期の登校がすべて終わり、夏休みを迎えます。言問学舎では、夏期講習は公...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

国語を武器に志望大学合格へ!言問学舎の夏期講習・大学受験土曜国語講座のご案内

 一学期最後の三連休。生徒諸君の様子を見ていると、もうほとんど夏休みに入りかけている感覚ですね。来春大学受...

[ 国語 ]

言問学舎の夏期講習・直前相談会のご案内

 九州地方のただならぬ豪雨と、その深刻な被害の前に、言葉を失う何日かを過ごしました。犠牲になられた方々のご...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ