コラム

 公開日: 2012-08-22  最終更新日: 2012-09-03

小田原漂情・言問学舎のWeb夏期講習⑫ センター試験対策・国語の鉄則<実例>編 

前回掲載しましたWeb夏期講習⑪センター試験対策・国語の鉄則は、連日多くの方にご覧いただく盛況で、大変ありがたく存じております。
 
 さて、より詳しく実例を知りたいというご要望もありますので、「センター対策の鉄則・実例編」をお届け致します。夏目漱石の『彼岸過迄』が用いられた年(2008年本試験第2問)を例にとります。

 二人の容貌が既に意地のよくない対照を与えた。しかし様子とか応対ぶりとかになると僕は更に甚だしい相違を自覚しない訳にいかなかった。僕の前にいるものは、母とか叔母とか従妹とか、皆親しみの深い血族ばかりであるのに、それらに取り巻かれている僕が、この高木に比べると、かえってどこからか客にでも来たように見えたくらい、彼は自由に遠慮なく、しかもある程度の品格を落とす危険なしに己を取り扱う術を心得ていたのである。知らない人を怖れる僕にいわせると、<この男は生まれるや否や交際場裏に棄てられて、そのまま今日まで同じ所で人となったのだと評したかった。>彼は十分と経たないうちに、凡ての会話を僕の手から奪った。そうしてそれを悉く一身に集めてしまった。その代わり僕を除け物にしないための注意を払って、ときどき僕に一句か二句の言葉を与えた。それがまた生憎僕には興味の乗らない話題ばかりなので、僕はみんなを相手にする事も出来ず、高木一人を相手にする訳にもいかなかった。彼は田口の叔母を親しげにお母さんお母さんと呼んだ。千代子に対しては、僕と同じように、千代ちゃんという幼馴染みに用いる名を、自然に命ぜられたかのごとく使った。そうして僕に、先ほどお着きになった時は、ちょうど千代ちゃんと貴方のお噂をしていたところでしたといった。
 僕は初めて彼の容貌を見た時から既に羨ましかった。話をするところを聞いて、すぐ及ばないと思った。それだけでもこの場合に僕を不愉快にするには充分だったかもしれない。けれどもだんだん彼を観察しているうちに、彼は自分の得意な点を、劣者の僕に見せつけるような態度で、誇り顔に発揮するのではなかろうかという疑いが起こった。その時僕は急に彼を憎み出した。そうして僕の口を利くべき機会が廻って来てもわざと沈黙を守った。(以上、問題掲載の『彼岸過迄』より一部引用)

 さて、問2では、<この男は~>の部分に傍線が引かれ、「僕」のそのような思いの説明として最も適当なものを、5つの選択肢の中から選ぶのが問題です。この問題で、正答は次の内容の選択肢となっています。

・明るく話し上手で人づきあいに長けているうえ、そつのない態度で会話を支配するので、不快に思っている。
 そしてこの選択肢のうち、「人付き合いに長けている」「そつのない態度」「不快に」が、正答の根拠、すなわち「青線を引く部分」です。

 これに対して、誤答の各選択肢では、「不快に」に対し「羨ましく」「うっとうしく」「憎らしく」などの表現が、「そつのない態度」に対し「おしつけがましいもの」「完全無欠な態度」「作為的な振る舞い」など、「人付き合い~」に対しては「家族のように親しげに」などの、言い過ぎであったり、ふさわしくなかったりという表現が、意図的に盛り込まれているのです。

 この違いを見きわめることが、「センター試験の国語対策の“鉄則”」であり、技術として習練の段階では、誤答の根拠に赤線、正答の根拠に青線を引きながら、違いをはっきり区別する訓練を(実際に解きながら)繰り返すことなのです。

 2008年の漱石の出題をすでに解いたことがある人は、さっそく問2以外の設問も、点検してみて下さい。ここを一つの足がかりとして、センターの解き方のポイントが、実感としてつかめることと思います。

 9月からのセンター試験対策講座のご案内は、今月末ごろには各サイト上でお知らせできる見込みです。今しばらくお待ち下さい。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

成長の毎日

ありがとうございました。 4年間、お世話になりました。塾で...

A・H  
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【告知】2017年度第2回実用英語技能検定実施時間のご案内

 10月7日土曜日実施の第2回実用英語技能検定の実施時間につきまして、これまでは概略の予定時間のみご案内し...

[ 英検 ]

立原道造「草に寝て・・・・・・六月の或る日曜日に」を朗読しました!

 私ごとからはじめて恐縮ですが、今年はお盆の頃に風邪を引いてしまい、9月の初めまで、長引かせてしまいました...

[ 小田原漂情 ]

「作文に関する考察と対策」について、『JIJICO(ジジコ)』に執筆しました!

 小・中学生のお子さんを持つご家庭では、夏休みの作文や読書感想文で、お子さんたちが、あるいは保護者のみなさ...

[ 国語 ]

言問学舎で国語を勉強すると、こうなります(そのメリットと理由)!

・「文章を読む力」が身につきます。・「自分から考える力」を育てられます。・「思考力」「判断力」「表現力...

[ 国語 ]

本年度第2回英検の締め切りを1日延長(14日木曜まで)します!お申し込みはお早めに!

 かねてご案内済みの第2回英語検定のお申し込み受け付け(準会場・言問学舎での受検)は、当初9月13日水曜ま...

[ 英検 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ