コラム

 公開日: 2012-08-09  最終更新日: 2012-09-03

小田原漂情・言問学舎のWeb夏期講習⑨ 「読書感想文・前半終了の経過ご報告」

昨日8月8日で、ほとんどの学年が、夏期講習の前半日程を終了しました(一部学年は7日で終了、中学受験・大学受験は明日10日まで)。

 各学年で、後半日程までの宿題を出して、前半終了としました。おおむね英語・数学に、中2・中3では社会<歴史>の基礎事項暗記がプラスとなっています(小学生は算数と、読書感想文の本読みあるいは「気に入った部分」探しが済んでいない人に、その部分がプラスされています)。

 さて、今年の夏期講習では小学生10名が、それぞれの読書感想文にチャレンジしています。日程に制約のある生徒以外は、大半が「気に入った部分」と「思ったこと、感じたこと」のプリントまで進みました。速い子は、後半の登塾日までに、自分なりに感想文本体を書きすすめて来る目標を、自発的にこの間の宿題のようにしています。

 Web夏期講習④および⑦でお伝えした通り、やはり「気に入った部分、心に残った部分」を決めたあと、「何を感じた(思った)か」を書く段階で、迷ったり、悩んだりする子が、多くみられます。文中に述べられていることと、「自分の考え、思い」とを、どう結びつけるか、そのことが、子どもたちの気持ちの中で大きなハードルになっているのです。

 このハードルを超えるのは、そんなにむずかしいことではありません。生徒がどんなことを感じていそうなのか、二、三の対話をすればつかめる場合が多いですし、それさえわかれば、今度はそれをその子の身の周りの、気持ちの中で一本につながりそうなことがらと結びつけてあげるのです。

 有島武郎の『一房の葡萄』という小説があります。絵を描くのが好きな主人公が、西洋人のクラスメートの持っている舶来の絵具が欲しくてたまらず、体操の時間につい手に取ってポケットに入れてしまい、盗みの犯人として大好きな先生のところへ連れて行かれるお話です。

 この小説を読んだ子ども(小学生、もしくは中学生)が、主人公が先生のところへ連れて行かれた場面を、「印象深い(=気に入った)部分」として、選んだとします。しかしながら、「ではその部分を読んで、どう思ったのか」ということが、書けないわけです。

 こうした場合、まず、「主人公の『僕』のような気持ちになったことがない?」と、聞いてみます。答えはたいてい、「ない」ですね。次に「どうしてもあの人だけには、自分の失敗を知られたくない」と思ったことは?と問いかけます。ここでたぶん、半分ぐらいの子は何かしら思い当たることがあって、何らかのことを口にすると思われます。

 それでも「ない」「わからない」という場合は、「じゃあ少し前の部分(絵具をポケットに入れてしまうところ)で、もちろん◇◇ちゃんは本当にやったことはないと思うけれど、『僕』みたいに、人のものが欲しくて欲しくてたまらない気持ちになったことはないかな?」と聞くのです。このあとは省きますが、こうして「共感する部分」を引き出して行くと、子ども自身気づいていなかった「気持ち」が、だんだん見えて来ます。それを少しずつ書きとめて、あとでつなげて行くのが、感想文の書き方指導の、一つの方法です。

 こうして子どもたちは、しっかりまとまった感想文を書き上げるとともに、何かを心の中にきざみこんで、大きく成長してくれるのです。

 夏期講習の後半日程では、いよいよ実際の文の書き方、見直しのしかたなどに入って行きます。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

  都立高校一般入試の合格発表日、情報の更新が遅くなりました。これをもって、当初予定しておりました各種受験の合格発表を、完結とさせていただきます。今日合格し...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最後の最後まで、ありがとう御座いました

先生方へ  見捨てないで、最後の最後まで面倒を見て下さっ...

Y・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本年度の受け入れ体制(残席状況)についてご案内申し上げます。

 新緑の初夏の季節、いわゆる「夏日」がつづいています。5月もあと10日あまり。学校の「年度」では、2か月目...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

(公立)中学生の勉強の仕方を、解決!アスクミージジコに書きました

 5月も後半になりました。私立中学・高校では順次中間テストがはじまっており(千代田区立九段中等教育学校は二...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

都立高校推薦入試得点開示/個人面接・集団討論満点の報告がありました!

 今春高校に進学した新高校1年生は、まもなく初めての中間テストを迎えるところです。その中の一人から、昨夜連...

[ 国語 ]

【募集】2018年度 第1回日本漢字能力検定実施のお知らせ<準会場>

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検の準会場として、塾生以外にも多くのみなさまに受検(準会場利用)し...

[ 漢検 ]

言問学舎はオリジナルの国語教育を柱とした総合学習塾<4科・5科対応>です

 はじめに  本質的な国語力をはぐくむ文京区の言問学舎は、現在地にほど近い文京区本郷で平成15年に創業...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ