コラム

 公開日: 2012-05-07  最終更新日: 2012-05-24

入試の国語で9割とる秘訣!実践その⑥<読解の仕方 実戦篇>

<「読解」の仕方 実戦篇>

 さて今度は、「読解」の実戦篇です。はじめに述べるのは、この一点です。
「文章はつづけて、最後まで通して読む。読む前も途中でも、絶対に問題を見ないこと。」
 理由はこれまでに述べています。先入観を持たないこと、途中で思考を途切れさせないこと、以上の二点です。
 そして実際に読み進む上では、次のような「作業」をあわせて行います。
①「空所補充」・・・ここは「しかし」だろうと感じたら、それを問題の空所の横に書きこむ。絶対に設問は見ない。
②キーワード、キーセンテンスとおぼしき部分には、形式段落を読み終えるあたりで傍線を引く。見つけてすぐには引かない。→慣れたら、意味段落ごとに引くことができるようになれば、なお良い。
③わからない語句、表現には、傍線を引き、「?」をつけておく。これと似た意味で、「注」については、読みながらその都度確認して良い。
④どうしても意味をつかみにくい部分は、一、二回程度、読み直して考える(前の部分を含めて)。それ以上は決して、その場所にとどまらない。わからないままでもその先へ読み進んで、「あ、さっきのあの部分はこういうことだった」とわかることも多い。

 読み進める段階では、こんなところです。とにかく、わからない部分があっても、文章を最初から最後まで通しで読むことが重要です。
 では次に、設問の解き方です。ここでは選択肢の問題についてのみ、ご説明します。選択肢の数は、都立高が4つ、センター試験では5つです(適切、または不適切の1つを選ぶ)。
⑤ここでの鉄則は、「本文に書かれているかどうか、その一点で判断する」ことです。必ず本文の該当部分に戻って、その前後の(多くが前、時々後ろ)記述と照らし合わせて、正答を選びましょう。よく言われることで、主観を交えてはいけません。「主観」とは、次のようなことをすべて指します。
 ・問題を解く時点での、読後の「何となく」のイメージ。
 ・自分はこう思う。
 ・文中には書かれていないのに、「一般論ではこうも言えるから」。
 ・間違った「深読み」で、人物Aがこう考えることも「あり得るだろう」という憶測。
 ・その他、本文中に根拠のない勝手な判断。
 「入試」「試験」は、「その文章に書かれていることの読みとり、理解度」について、正誤をつけるためのものです。文章の中に述べられていない内容の選択肢は、徹底して排除しましょう。
⑥「消去法」のやり方(中学受験でも同様です)
 消去法がすべてではありませんが、限られた時間で問題を解くためには、きわめて有効な方法です。そのやり方はかんたんです。
 ア)明らかに違う選択肢の「記号」に、斜め線を一本だけ引いて消す(選択肢の文すべてを消してはいけません。見直しができなくなります。正答に、最初に☓をつける受験生も多いのです)。
 イ)残った選択肢を本文と照らし合わせ(吟味)、題意に合うものを自分の解答とする。
☆ア)がきちんとできるようになれば、都立高では80~85点、センターで150~160点は、コンスタントにとれるようになります。イ)の吟味の精度が、8割から9割への壁を超えるポイントです。
⑦解答を決めきれない設問も、一度飛ばす(但し、やり忘れないように!)。
 読む時と同じで、設問でも一つのものにこだわりすぎない(時間をとられすぎない)ようにしましょう。
 なぜなら、問二(小問)のヒントが問四(小問)の中に存在していることが、国語の試験問題では、よくあるからです。どうしても解けない、あるいは2つのうち1つに絞れない問題が、その後の問題を解くことですっきり分かるということが、現実に起こるのです。正答を決定できない設問にこだわりすぎず、先へ進んでみましょう。
 「やり忘れ」を防ぐためには、とばす設問の解答は「仮決め」しておくことが良いでしょう。

 以上が「読解の仕方」の実戦篇です。前回の「テストの手順」実戦篇とあわせ、これだけのことが実行できれば、国語のテストの点数は、目に見えて上がるはずです。
 では、近日中に「まとめ篇」を掲載します。ひきつづきご注目下さい。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎

2017年、新しい入試制度、学習環境を見すえての勉強は言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

有限会社 言問学舎 [ホームページ]

塾講師 小田原漂情

東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL:03-5805-7817

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 小田原漂情さん

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(1/3)

 東京・文京区。地下鉄・南北線「東大前」で下車。東京大学農学部の正門から徒歩1分という学習環境には最高の場所にあるのが緑色のあざやかな看板が目印の総合学習塾、言問学舎(ことといがくしゃ)です。 文京区内や南北線沿線など、地域に住む幼稚園生...

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

4年間、ありがとうございました。

4年間、ありがとうございました! 先生方がとてもあたたかく...

F・H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
冬期講習説明会<第4回・5回>を開催します!文京区の言問学舎

 文京六中では、月曜日から3日間、期末テストが行なわれます。昨夜および本日午後、中3生と中2生が、恒例の実...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

冬期講習説明会<第3回・4回>を開催します!文京区の言問学舎

 言問学舎では、今日(11月11日土曜日)から本格的に、中3生の土曜特訓を開始しました(小6受験生は先週か...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

冬期講習説明会<第2回>は明後日、11月11日(土)開催です!文京区の言問学舎

 11月の異名は霜月です(古語、本来は旧暦)。かつて私が親しんだ奥三河(愛知県北東部)では、まもなく霜月神...

[ 総合学習塾・言問学舎 ]

恩師を思う

 11月、霜月。普段は受験が近づき、受験生を鼓舞する記事を多く発信させていただいておりますが、この季節はま...

[ 小田原漂情 ]

国語の勉強は、まず「文章を読む力」から!~文京区の言問学舎

 国語の勉強で、もっとも大事なことは、文章を読み、その内容をきちんと理解することです。その次に、文章を読ん...

[ 国語 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ