>   >   >   >  小田原漂情

プロTOP:小田原漂情プロのご紹介

子どもに国語力をつければ、将来の選択肢が広がります(2/3)

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師 授業風景

国語を学んで学力と感性を磨く

 小田原さんが掲げた学習塾の特徴は「国語力をベースに学力を向上させ、豊かな人間性と心を育むこと」
 国語専門の塾というわけではありませんが、国語を重視している塾といえます。
 小田原さんは25歳のときに歌人として第一歌集を出版するなど、作家としての顔も持つ文章のプロ。日本語や日本文学への造詣も深く、言葉に対して強い思いがあるそうです。
 受験だけを中心とした学習塾では、どうしても英語と数学の勉強だけに偏りがちですが、同塾では、国語をしっかりと学ぶことで、①国語の本質が身につく②国語の成績がアップする③その結果「自分を表現すること」ができるようになる、というメリットがあると説いています。
 しかし、国語が苦手、という子どもが年々増え続けているのも事実。小田原さんは「10歳までの国語教育で、○×式のやり方を押しつけると、子どもは自分の考えを否定するようになってしまいます。物語を読んで、本当は何かを感じているのに、それを文章でうまく表現することができないのです」と指摘します。そこで、小学生の授業では、○×式ではなく、物語を読んで、それについて感じたことを書き起こす作業を毎回行っています。
 もうひとつは音読です。音読することで、脳が活性化され、誤読防止にもつながります。この2つを徹底することによって、「表現できる子」を育てたいとしています。中学生はテキストを使って学習しますが、やはり音読と自己表現を重んじており、高校生の場合は、評論等についても生徒自身が、自分の感性でつかむことを重視しています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 国語力を伸ばしたい

最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

合格実績

 <大学入試> 学習院大学法学部法律学科 中央大学法学部法律学科 東京経済大学経済学部経済学科 明治大学法学部法律学科 立教大学法学部法律学科...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

小田原漂情プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

文学から評論、古文漢文まで、全領域で「本物の国語」を教えます

会社名 : 有限会社 言問学舎
住所 : 東京都文京区西片2-21-12 B1F [地図]
TEL : 03-5805-7817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

成長の毎日

ありがとうございました。 4年間、お世話になりました。塾で...

A・H  
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【告知】2017年度第2回実用英語技能検定実施時間のご案内

 10月7日土曜日実施の第2回実用英語技能検定の実施時間につきまして、これまでは概略の予定時間のみご案内し...

[ 英検 ]

立原道造「草に寝て・・・・・・六月の或る日曜日に」を朗読しました!

 私ごとからはじめて恐縮ですが、今年はお盆の頃に風邪を引いてしまい、9月の初めまで、長引かせてしまいました...

[ 小田原漂情 ]

「作文に関する考察と対策」について、『JIJICO(ジジコ)』に執筆しました!

 小・中学生のお子さんを持つご家庭では、夏休みの作文や読書感想文で、お子さんたちが、あるいは保護者のみなさ...

[ 国語 ]

言問学舎で国語を勉強すると、こうなります(そのメリットと理由)!

・「文章を読む力」が身につきます。・「自分から考える力」を育てられます。・「思考力」「判断力」「表現力...

[ 国語 ]

本年度第2回英検の締め切りを1日延長(14日木曜まで)します!お申し込みはお早めに!

 かねてご案内済みの第2回英語検定のお申し込み受け付け(準会場・言問学舎での受検)は、当初9月13日水曜ま...

[ 英検 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

小田原漂情のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は小田原漂情さんが更新している外部メディアサイトです。

youtube
YouTube
2017-09-20
youtube
YouTube
2011-06-23
rss
ブログ
2017-08-21
ページの先頭へ