コラム

 公開日: 2016-04-05 

【子どもの自信とやる気をひきだす】③否定せず、最後まで話を聞く

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法

今日は(3)否定せず、最後まで話を聞く

について、解説しますね。

子どもの話を、聞けていますか?


普段、お子さんは、様々な内容のお話を、ママにお話してくれていると思います。

遊びで気付いたこと、テレビのこと、園や学校のこと、お友達とのこと…

普段当たり前のように話しかけてくれるわが子ですが、
そんなとき、ママ自身がどんな風にお話を聴いているか、ちょっとチェックしてみてください。


たとえば…


1. ながら聞きをしている(家事をしながら、携帯を見ながら、考えごとをしながら)

2. 話しかけられても返事をせず、だまって聞いている

3. 途中でさえぎって、気付くと質問をしたり、ママの意見を言っている


いずれかにあてはまっている時、ありませんか?


1のながら聞きは、忙しいママとしては、やりがちですよね。


2の返事をせずだまって聞いているというのは、話しかけられた時、
「なあに?」と返事をしないまま、目だけで話を聞いている。

あるいは子どもが夢中で話していても、うなずいたり笑顔で返さず、興味のなさそうな表情で聞いている。

これ、実は私も気付くとやっちゃっている時が多いです。


3のケースは、例えば子どもが「今日、習い事に行きたくない…!」と言った時、
あなただったらどんな反応で返すと思いますか?


「そんなこと言って…!ダメよ!ちゃんと行くって約束したじゃない」

と言いますか?

それとも

「今日、行きたくないんだ?どうしたの、何かあった?」

と言いますか?


上の言葉を言いがちな場合、それはママの価値観を中心に話しています。

ママの価値観というのは例えば、

「自分でやると決めたのだから、ちゃんとやるべき」とか、

「今日休んで、サボリ癖がついたら困る」とか、

ママの中のルールや不安が先立って、そうならないように子どもをコントロールしようとしていることです。


でも、下の「今日、行きたくないんだ?どうしたの、何かあった?」言葉は、
ひとまずママのルールや不安は脇において、
行きたくないといった子どもの気持ちを聞こうとしています。


子どもは、習い事に行きたくなる様にママにしむけてほしいのではなく、
行きたくないというその気持ちを、ただ聞いて欲しい、受け止めてほしいのです。


実は普段からそんな風に、子どもの「聞いて欲しい」ことと、
ママが「聞いているつもりになっている」ことは、ギャップがあるのです。

子どもの話を、そのまま聞く方法


自分のお話を聞いてもらえていない子どもは、がっかりします。

もう話してもムダだなと感じ、自分のことを話して、わかってもらおうとすることを諦めます。

勇気をだして打ち明けても、親に否定的な事を言われたり、事情も聞かず叱られると、
自分自身を否定されたようになり、どんどん自信を失っていきます。

自分の気持ちや意見を、言えない子どもになっていくのです。


ですから、子どもの自信をひきだすには、子どもの話をよく聞くことがとっても効果的です。


どのように聞けばよいかと言うと、上記の1.2.3と反対の聞き方です。


・子どもの目を見て、手をとめて話を聞く(毎回でなくても大丈夫です!)

・子どもの話に関心を示しながら、うんうんと相づちをうったり、「それで?」と話を促しながら聞く

・どんな話でも、いきなり話をさえぎらず、子どもの話したいことを最後まで聞く


これらを意識するだけで、子どもは親に話を聴いてもらえた実感がわき、
自分自身におきる出来事や感情を、ありのままに受け容れられるようになっていきます。


そう、「聞く」は、子どもの存在そのものを肯定する行為なのです。



ママが自分の話を否定せずに最後まで聞いてくれると、
子どもは、自分の存在そのものを、肯定的にとらえられる心が育っていきます。

子どもの立場になって、感じてみる


この「聞いてもらえている」という感覚。

ママも、自分ごととして感じてみてくださいね。


例えばあなたがご主人に
「あ〜今日は凄く疲れた。夕飯作りたくないな…」とポロッとこぼした時、

ご主人に「え?それはダメだ。食事はママの仕事でしょ。頑張ってよ!」と言われたら、

どんな気持ちがしますか?


一方、「そっか、そんなに疲れてるんだね。何かあった?」と聞いてもらえるだけで、
自分を大切にしてもらえている気持ちがしませんか?


本音で話ができる相手がいること、
本音を受け容れて聞いてくれる相手がいることは、
その人自身を勇気づけてくれます。


子どもは、まず一番にママに知って欲しい。
ママに、どんな気持ちも受け容れて欲しいと思っています。

ですからママが、
「あなたはそう思ってるんだね」
と、まずは受け止めて、話を最後まで聞いてあげるだけで、子どもの自信は育ちます。


自分の感じた事や考えを否定されずに聞いてもらえる子どもは、
どんどん自信をもって、自分の意見を外でも言えるようになっていきますよ。


とは言えいつもいつも、毎回こうやってお話を聞きましょう!というのは、
ママにとっても大変だと思います。

1日のうち、お風呂のときはしっかり聞いてあげようと時間を決めてもいいと思います。

あるいは、子どもの様子がいつもと違って深刻なとき、それは子どもからの大事なサイン。

スルーせず、そのときばかりは手を止め、時間を取って、
お話を聴いてあげられると、いいと思います。


まずは、今日から3分だけでも、お子様の話を最後までしっかり聞く、
ということに意識を向けて、やってみてはいかがでしょうか。



【愛川よう子の講座開催情報】

◯子どものこころのコーチング講座(初級)、詳細はこちら
 4/10 仙台、残席2!
 http://ameblo.jp/ud-ikuji/entry-12127843712.html


■無料メールマガジン
「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」
http://www.mag2.com/m/0001621250.html

■公式ブログ 叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法
http://ameblo.jp/ud-ikuji/

■ご相談・サービスメニュー
http://ameblo.jp/ud-ikuji/entry-12011697930.html

■講演会等のご依頼も承ります
http://ameblo.jp/ud-ikuji/theme-10083831311.html

□子どものこころのコーチング協会
http://kodomokokoro.jp

この記事を書いたプロ

MUSE COMPASS [ホームページ]

コーチ 愛川よう子

東京都港区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス一覧
イメージ

不安でストレスだと感じている子育てが、今より何倍もラクで楽しくなります。信じる子育てで、どうすればいいか分からなかった子育てが、こうすればいんだ!に変わ...

 
このプロの紹介記事
愛川よう子 あいかわようこ

ママも子どもも光り輝く 愛しあえる子育てメソッド(1/3)

 「叱る子育て」から、どんどんラクで楽しくなる「信じる子育て」で多くのママを導いている現役ママコーチがいます。明るく溌剌としている愛川よう子さんは、かつて、子育てがうまくいかず悩み、母親としての挫折を味わったそうです。 「長男が5歳、い...

愛川よう子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ママの心が軽くなる、叱るより信じることで親子の信頼関係を築く

会社名 : MUSE COMPASS
住所 : 東京都港区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

愛川よう子(あいかわようこ)

MUSE COMPASS

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【子どもの自信とやる気をひきだす】②ハードルの低いチャレンジを、最後までやり通す経験を与える
イメージ

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法今日は(2)ハードルの低いチャレンジを、最後までやり通す...

[ 子育て法 ]

【子どもの自信とやる気をひきだす】①当たり前に出来ていることを承認する方法
イメージ

前回のコラムで、自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法を書かせて頂きました。自信のない子の、...

[ 子育て法 ]

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法
イメージ

 あなたのお子さんは、自信がありますか? 自信、それは「自分を信じる力」。自分でも出来る、と思える...

[ 子育て法 ]

子育てに迷ったら、子育ての軸を考えよう

私は、子どものこころのコーチング協会の、インストラクターをつとめています。http://kodomokokoro.jpこの...

[ 子どものこころのコーチング ]

子どもの言い訳「でも」「だって」が減る方法

よく、「子どもが言い訳をするんですが、どうしたらいいですか」といったご相談を伺います。先日も、4歳・...

[ 子どもへの声かけ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ