コラム

 公開日: 2015-11-20 

0歳の赤ちゃんを育て、子育てが辛いと感じているあなたへ。

あれほど心待ちにしていた、赤ちゃんとの生活。

ママになったら、あんなこともしたい、こんな風に接したいと、
明るい未来を思い描いてたよね。


そしていよいよ赤ちゃんがやってきた。

ひとり、家族が増え、おうちに光がさしたみたいだったね。


でも、あっという間にその光を感じる余裕もなくなった。

一日中、おっぱい、オムツ替え、抱っこ、黄昏泣き…

それだけで、手一杯。


自分がこんなにできない人間だったなんてって、落ち込んだ。

周りのママは、うまくやってるように見えるもの。


頑張らなきゃ。

睡眠不足の体にはこたえる。

だけど私は、一日、おうちにいるんだもん。

夫は外で仕事を頑張ってるもん。

夕飯くらい、作らなきゃ。


もう、何日、掃除機かけてないっけ…

視界にホコリが入って、モヤモヤする。


「ごめん、今日も片付けられなかった」って、
疲れて帰って来た夫には言うけど、

なんで私、謝らなきゃいけないんだっけ…?


私だって、赤ちゃんを育てるっていう大仕事してるのに、

なんでわたしだけ謝らなきゃなの?

赤ちゃんの面倒より、外で仕事をしてる方が楽なんじゃない?


てゆうか、土日くらい手伝ってよ…

なんで泣いたら、わたしを呼ぶの?

あなたが抱っこすればいいじゃない。

あなたがおむつを替えてくれればすむことじゃない。



大変なのは、いつもわたし。
男なんてずるい ずるい ずるい。


そんなこと考えてても、赤ちゃんはまた泣いてる。

もうこんな時間、家事しなきゃ…

ああ、よしよし 泣かないで…


ねえ、なんで泣くの?
おんぶしてるじゃない!
おっぱいもあげたばかりだよ!?


背中でぎゃーぎゃー泣いてる…
背中びちょびちょだよ
揺れながら、家事なんてできないよっ


ねえ、ねえってば


もう、、、、、、

うるさい!!


泣いてないで、早く寝てよ...!!!


......


わたし、いま、赤ちゃんに、「うるさい、早く寝ろ」って言った….


なにそれ。 やだ。

サイテイ。

だれ?


自分が自分じゃないみたい。

こんなに小さい赤ちゃんにむかって、本気でイライラしてしまった。

こわい。
自分が自分でなくなるようで 怖い…


初めて赤ちゃんを迎えたママへ


あなたは おかしくなんてないよ
自分を恐れる必要はないよ

みんなみんな 同じ思いを通過して
母親になっていってるんだ

何もかも思い通りにならなくなった生活の中で
あなたは精一杯よくやってる

命を育てるという大仕事を
手探りでやってる

辛抱強く
忍耐強く


だから  

間違えるのも当たり前
出来ないのも当たり前

どこかの物語で描かれているような
ニコニコ笑顔の 素敵ママなんて目指さなくていい


あなたはあなたなりに
精一杯やっているのだから

あれもこれもと 追いかけないで

今 目の前で 顔を真っ赤にして泣きながら
すくすく育つ我が子を見ていればいい

子育ては、初めてのことばかり


子育てって、会った事もない自分と、初めて出会うことになります。

それは時に醜く、とても受け容れたく無いような自分。


そんな自分を目の当たりにし、愕然とし、泣きたくなり、
逃げたくなるときもあるんです。

でも、逃げる事は出来ない。

毎日は変わらず訪れ、
母親は、子どもたちの命をつなぐ責任を背負い、
自分の心を置き去りに、
自信を失いながら 子育てをしていくことになる。

子どもが何歳になっても、親として初めてのことばかり。

その道のりは、果てしなく遠く、
先が見えなくなる時もあるかもしれない。

でも、どうかどうか絶望しないで下さい。

あなたは決して、一人じゃありません。

あなたは決して、ひとりじゃない


それは 口うるさい親かもしれない。
家事も子育てもイマイチな夫かもしれない。
いつも楽しそうに子育てをしてるように見えるママ友。
SNSで交流しているあの人。

きっと、あなたの味方はいます。

そして どうか抱え込まず
自分で自分を責めず
あなた自身が
一番の  

自分の味方であってほしいのです。

今は、そのやり方も意味も、分からないかもしれないけれど、
たくさんの方法や、考え方があるから大丈夫。

必要な時に、あなたにその知恵は訪れます。

だから、焦らないで。責めないで。
大丈夫って、何度もつぶやいて。

もしも「大丈夫」が言えなくなったら…

まずは、自分の欲求を思いっきり感じてみてください。

ケーキが食べたい
髪を切りたい
映画を見たい
一人でゆっくカフェしたい
旦那様とデートしたい

声に出して、言ってみましょう。

そして、そのどれか一つでいい。
なんとしてでも、叶えてみて。

赤ちゃん、泣いても大丈夫だから、
他の家族や、一時預かりを利用して自分の欲求を叶えてみてください。

ただ…

24時間誰にも起こされる事なく
眠り続けたいって希望だけは
叶えてあげられないと思うけれど…

それ以外のどれか一つ、叶えてください。

それが自分を大事にする、一番最初の、簡単な方法です。

ママだって、ワガママ言っていい


ママになったあなたは、もう、今まで沢山のことを手放してきましたよね?

頑張って家の事をするのも
大人の食事の品数も
自分の見た目も
手放して手放して
それでもうまくいかなかったり、出来ないって思うんですよね?

だったら思い切って、
一度手放すのも、一休みして、
自分のための時間やものを、欲張って手に入れてみよう!

勇気を出して、我がまま、言ってみよう!
「ママなのに」我がまま言ってみよう。
人に甘えて、頼ってみよう!

他の誰でもない、自分と我が子のために。

***

これは、赤ちゃんを育てている中で、孤独を感じ、
うまくできない自分を責めているママへのメッセージです。

同じ気持ちを抱えたママに、
少しでも 光がともせます様に。


愛川よう子

■無料メールマガジン
「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」
http://www.mag2.com/m/0001621250.html

■公式ブログ 叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法
http://ameblo.jp/ud-ikuji/

■ご相談・サービスメニュー
http://ameblo.jp/ud-ikuji/entry-12011697930.html

■講演会等のご依頼も承ります
http://ameblo.jp/ud-ikuji/theme-10083831311.html

この記事を書いたプロ

MUSE COMPASS [ホームページ]

コーチ 愛川よう子

東京都港区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス一覧
イメージ

不安でストレスだと感じている子育てが、今より何倍もラクで楽しくなります。信じる子育てで、どうすればいいか分からなかった子育てが、こうすればいんだ!に変わ...

 
このプロの紹介記事
愛川よう子 あいかわようこ

ママも子どもも光り輝く 愛しあえる子育てメソッド(1/3)

 「叱る子育て」から、どんどんラクで楽しくなる「信じる子育て」で多くのママを導いている現役ママコーチがいます。明るく溌剌としている愛川よう子さんは、かつて、子育てがうまくいかず悩み、母親としての挫折を味わったそうです。 「長男が5歳、い...

愛川よう子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ママの心が軽くなる、叱るより信じることで親子の信頼関係を築く

会社名 : MUSE COMPASS
住所 : 東京都港区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

愛川よう子(あいかわようこ)

MUSE COMPASS

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【子どもの自信とやる気をひきだす】③否定せず、最後まで話を聞く
イメージ

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法今日は(3)否定せず、最後まで話を聞くについて、解説...

[ 子育て法 ]

【子どもの自信とやる気をひきだす】②ハードルの低いチャレンジを、最後までやり通す経験を与える
イメージ

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法今日は(2)ハードルの低いチャレンジを、最後までやり通す...

[ 子育て法 ]

【子どもの自信とやる気をひきだす】①当たり前に出来ていることを承認する方法
イメージ

前回のコラムで、自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法を書かせて頂きました。自信のない子の、...

[ 子育て法 ]

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法
イメージ

 あなたのお子さんは、自信がありますか? 自信、それは「自分を信じる力」。自分でも出来る、と思える...

[ 子育て法 ]

子育てに迷ったら、子育ての軸を考えよう

私は、子どものこころのコーチング協会の、インストラクターをつとめています。http://kodomokokoro.jpこの...

[ 子どものこころのコーチング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ