コラム

 公開日: 2015-10-20 

神様どうか、今日こそ怒らないでいられますように

今から約3年前、コーチングに出会う前の私は、
当時5歳の息子との向き合うことに、心が重くなっていました。

会社帰り、保育園にお迎えにいく道すがら。

「今日こそ怒らないぞ。
 私は怒らない、怒らない、怒らない…」

そう、頭の中で呪文を唱えるように、自分に言い聞かせていました。

そのうち「神様どうか、今日こそ怒らないでいられますように…!」
と、神頼みする始末。

それだけ切実に、毎日怒ってしまう自分に、うんざりしていたのです。

けれどもその願い虚しく、お迎えに行き、
9時間ぶりに感動の再会を果たしたのもつかのま…

いっこうに帰る気配がなかったり、
玄関でぐずぐずふらふらし、私の声掛けに耳を貸さない息子に、
堪忍袋の緒があっけなく切れてしまいます。


「もういい、先に帰っちゃうから!(怒)」なんて捨てゼリフで、
なんとかいうことを聞かそうとしていました。

そんな感じなので、帰り道も、イライラと悲しみでいっぱい、
その気持ちを、また子どもにもぶつけてしまい自己嫌悪、
というパターンにはまってしまっていたのです。

「どうして…?」に答えはでない


その当時の私の頭の中は、いつも「どうして!?」でいっぱいでした。

「どうしてよ、どうしてなんにも言うこと聞いてくれないの!?
 帰りたいって言ってるのに!」

「どうして!?どうしてご飯をちゃんと食べてくれないの?」

「どうして道をまっすぐ歩いてくれないの?」

「どうしてダメって言ってるのに、飛び出して行っちゃうの?」

どうして?
どうしてどうしてどうして!?

どうしてこんなに困らせるの!?

どうしてうまくいかないの?

どうしてこんなことに、なっちゃうの?

どうして私はこんなにイライラするの…!?



そのどうしてに対して、納得いく答えが返ってくることはありませんでした。

ただただ、うまくいかない子育てに、毎日悩み、
涙を流してばかりだったのです。

どうして、ではなく、どうしたら、と考える


「どうしてどうして」の迷宮。
苦しい渦中、「なぜなら」という答えは返ってきませんでした。

「どうして」と原因ばかりを考えていると、
理由がわからないので、

あの子がダメなの?
それとも私がダメなの?
と、子どもや自分にダメだしをしはじめてしまいます。

でも、その後、コーチングやアドラー心理学を学んだ私は、
どうしての迷宮から、抜け出すことができました。

その方法は、簡単でした。

「どうして?」と原因を考えるのではなく、
「どうしたらいい?」と、
自分の望みや願いの質問を、自分にすればいいのです。


子どもが保育園から、なかなか帰らないという事実。

まずは、子どもの気持ちを想像してみます。
そのとき、どんな気持ちなのかな?
私の声は、届いているかな?

すると、子どもはこんな気持ちだから帰れないのかもしれない、
という仮説がたてられます。

そして、「じゃあ、これがどうなったらいいかな?」と考えるのです。

例えば、「5分なら待てるけど、それ以上はきついな」と思うのであれば、
じゃあ、5分後に帰るためには、何ができるかな?
どんな声をかければいいかな?
と、出来ることを考えていくのです。

先ほど想像した、子どもの気持ちを加味しながら、
「自分がこの子だったら、ママになんて言われたら、心が動くかな?」

そして、そのアイディアをチャレンジ。

うまくいくかもしれないし、いかないかもしれません。
でも、それでいいのです。

子育ては、毎日が実験みたいなもの。

どうしてうまくいかないの!?と毎日嘆くよりも、
どうしたらうまくいくかな?
私は、どうしたいかな?
この子は、どうしたいかな?

そんなふうに、未来への目的を意識して、
前向きに、子どもと向き合っていけたらいいな、なんて思います。

あなたも今日から、「どうして」ではなく、
「どうしたら」と考えてみて頂けたらな、と思います。

そして、「自分は本当はどうしたい?」と問いかけ、
そのために、何ができるかな?と、
小さなアイディアを、考えてみることで、
あなたの子育てもまた一つ、幸せへの階段を上っていきますよ。


愛川よう子

■無料メールマガジン
「理想と現実のギャップに悩むママたちへ  
~もう自分にも子供にも×をつけない心の階段をのぼろう」
http://www.mag2.com/m/0001621250.html

■公式ブログ 叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法
http://ameblo.jp/ud-ikuji/

■ご相談・サービスメニュー
http://ameblo.jp/ud-ikuji/entry-12011697930.html

■講演会等のご依頼も承ります
http://ameblo.jp/ud-ikuji/theme-10083831311.html

この記事を書いたプロ

MUSE COMPASS [ホームページ]

コーチ 愛川よう子

東京都港区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス一覧
イメージ

不安でストレスだと感じている子育てが、今より何倍もラクで楽しくなります。信じる子育てで、どうすればいいか分からなかった子育てが、こうすればいんだ!に変わ...

 
このプロの紹介記事
愛川よう子 あいかわようこ

ママも子どもも光り輝く 愛しあえる子育てメソッド(1/3)

 「叱る子育て」から、どんどんラクで楽しくなる「信じる子育て」で多くのママを導いている現役ママコーチがいます。明るく溌剌としている愛川よう子さんは、かつて、子育てがうまくいかず悩み、母親としての挫折を味わったそうです。 「長男が5歳、い...

愛川よう子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ママの心が軽くなる、叱るより信じることで親子の信頼関係を築く

会社名 : MUSE COMPASS
住所 : 東京都港区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

愛川よう子(あいかわようこ)

MUSE COMPASS

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【子どもの自信とやる気をひきだす】③否定せず、最後まで話を聞く
イメージ

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法今日は(3)否定せず、最後まで話を聞くについて、解説...

[ 子育て法 ]

【子どもの自信とやる気をひきだす】②ハードルの低いチャレンジを、最後までやり通す経験を与える
イメージ

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法今日は(2)ハードルの低いチャレンジを、最後までやり通す...

[ 子育て法 ]

【子どもの自信とやる気をひきだす】①当たり前に出来ていることを承認する方法
イメージ

前回のコラムで、自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法を書かせて頂きました。自信のない子の、...

[ 子育て法 ]

自信のないお子さんの、自信とやる気をひきだす方法
イメージ

 あなたのお子さんは、自信がありますか? 自信、それは「自分を信じる力」。自分でも出来る、と思える...

[ 子育て法 ]

子育てに迷ったら、子育ての軸を考えよう

私は、子どものこころのコーチング協会の、インストラクターをつとめています。http://kodomokokoro.jpこの...

[ 子どものこころのコーチング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ