コラム

 公開日: 2016-06-22 

あなたの身体のリズムはバランスがとれていますか?

人は生きるために生まれつき持っているとされる、「体内時計」がありますが、生活習慣に深く関わり、体温や血圧、睡眠やエネルギー代謝などの活動、精神的な気分や身体による体調につながる身体活動をコントロールする基になるところです。

5つの生体リズム

生活環境の周期的な変化に適応するための自律的な予知機能を備え、自然環境での順応をするため、体温や栄養素代謝など生体の状態を保つだけではない、5つの生体リズムがあります。
体調や健康・栄養管理だけではなく病気やケガなどの治癒にも応用されています。

・日周リズム(サーカディアンリズム・概日リズム)
最も基本的な生体リズムで、約1日のリズムです。人は24時間というルールのもと社会生活を送っていますが、実際は24時間よりも長い周期が生体リズムとされています。
加齢とともに数分ずつ短くなり、還暦60歳頃には社会生活の基本である24時間に一致してくるとされています。


・週周リズム
1週間=7日間の周期的なリズムです。
社会システムによってつくられたようですが、血圧、心拍、口腔温などで週周リズムが確認されています。


・月周リズム
人の月周リズムでは、女性の性周期です。
ホルモンバランスが関係している、性周期は下垂体前葉から分泌される性腺刺激ホルモンと黄体形成ホルモン、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンです。
分泌量が周期的に変化し月経周期を25日〜35日に維持しています。
女性は、性周期に依存した体脂肪の合成と分解が存在し、エストロゲンの分泌が低下している月経前後は食欲が増し、脂肪組織での脂肪の取り込みを促すとされるリポタンパク質リパーゼ(LPL)も増大します。
この時に甘いものや脂っこいものを食べ過ぎることで肥満につながります。


・季節的リズム
春・夏・秋・冬といった四季の移り変わりに応じたリズムです。
例えばですが、春に多いのが自殺であったり、冬に多いのが心疾患や脳血管疾患とされ、ケガや病気は暑さや寒さも関係し、気分や体調にも影響があります。


・90分リズム
24時間よりも短いサイクルでウルトラディアン(超短日)リズムといわれています。
睡眠のリズムで、一定のリズムでの睡眠は取ることができないので、約90分周期の規則的なサイクルを繰り返しています。
入眠期➡︎浅い眠り➡︎中程度の眠り➡︎深い眠りへの移行➡︎レム睡眠の順で睡眠に移るとされています。
レム睡眠とは、筋肉の緊張は低下していますが、脳は覚醒状態と同じで、眼球が不規則に動くのが特徴的とされています。夢を見ている時はこの、レム睡眠のときです。
入眠期から深い眠りへの移行までは、ノンレム睡眠といわれ、血圧や心拍数も低下し、疲労感も少なくなります。この睡眠のサイクルは一晩に4〜5回繰り返されます。
人の集中力は90分だといわれてますので、疲労感や眠気に襲われながら無理しようと頑張っても逆効果です。ストレスや睡眠不足では、このリズムが短縮されますので、集中力は散漫になり、空腹感が普段より増すので食べ過ぎる傾向にあり、いつもよりもイライラしやすくなります。

食の5W1H

「何を食べるか?」だけではなく、「いつ」「どのように」「どこで」「誰が」「なぜ」食べたかである「食の5W1H」を考えることが大切です。

「何を食べるのか?」栄養素、栄養の摂取として

「いつ食べるのか?」どのような時のタイミングで

「どのように食べるのか?」咀嚼

「どこで食べるのか?」環境

「誰が食べるのか?」1人なのか誰かとなのか

「なぜ食べるのか?」本質



心身にとても深く関わりますよね。
食事も食べたもので身体はつくられ、生体リズムもバランスが悪いと体調に影響するため、生活習慣や食生活を見直し考えることは大切ですね。

この記事を書いたプロ

ココロとカラダ分析 [ホームページ]

心理カウンセラー 岡本裕子

東京都新宿区白銀町 [地図]
TEL:070-5586-0177

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岡本裕子 おかもとゆうこ

心と体のフィットネス(1/3)

 メンタル&amp;ボディ総合プロデューサーとして活躍する、亀戸駅前カウンセリングルーム ココロとカラダ分析代表の岡本裕子さん。対話によるカウンセリングのほか、運動・栄養指導、生活習慣の見直しなど、心と体の両面からクライアントをサポートしています。...

岡本裕子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

弱い部分を強みに変える!

屋号 : ココロとカラダ分析
住所 : 東京都新宿区白銀町 [地図]
TEL : 070-5586-0177

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

070-5586-0177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡本裕子(おかもとゆうこ)

ココロとカラダ分析

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

幸せを感じています!

私は、2015年の2月から12月まで岡本先生のカウンセリングを受...

M・K
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
あなたは美しい人でいたいですか?それとも醜いひとになりたいですか?
イメージ

ブログを更新しました。https://kokoro-karada-bunseki.com/2016/11/27

[ 女性の生きかた 対面カウンセリング ]

30代40代のうちにやっておいたほうが良い筋トレ いつまでも美しく楽しくいるために
イメージ

ブログを更新しました。https://kokoro-karada-bunseki.com

[ パーソナルトレーニング ]

あなたは最近「泣くこと」を我慢しすぎて自分の感情を抑えすぎていませんか?

 あなたは、最近泣くことを我慢していませんか? 泣くこと 感情について書きました

[ 感情 心理 ]

男性に知ってほしい働く女性のからだ・働く女性に知ってほしい女性のからだ 2
イメージ

 更年期なんてこわくない! −更年期の症状−卵巣機能の低下によって、のぼせ、頭痛、イライラこれは、...

[ 女性のからだ ]

男性に知ってほしい働く女性のからだ・働く女性に知ってほしい女性のからだ 1
イメージ

私はセッションをする際、9割が女性クライアントですが、生理、ホルモンバランス、食生活、普段の生活習慣、メン...

[ 女性のからだ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ