コラム

 公開日: 2016-01-29  最終更新日: 2016-02-04

スポーツにおける理論の必要性

なぜ理論が必要か?

なぜ、スポーツに「理論」が必要なのか?

日本体育協会が発行している情報誌“Sports Japan”のvol.23にこのような見出しがありました。
理論があるのは当たり前だと思っていた私としては、このようなテーマを特集することが不思議でした。
しかしまだまだ経験に頼った指導をしている指導者が多いのが現状のようです。
理論が無ければブレが生じ、ブレが生じれば選手との信頼関係も築けないので、結果的に強い選手やチームを作っていくことは不可能ではないでしょうか?

競技経験に頼ることの方が難しい

私は現役時代に中長距離を専門としていましたが、自分の教え子が全国大会へ進出した種目は以下の順番です。
1.4×100mリレー
2.100m・ハードル
3.走高跳
4.200m
5.四種競技・駅伝
6.走高跳
7.3000m
8.走幅跳・800m・1500m
このように中長距離の教え子が全国大会へ進出するよりも短距離や跳躍の方が先に全国を経験しているのがわかります。

今は情報化社会なので、ネットで調べればたくさんの理論やトレーニング方法が載っていますし、親切に動画で紹介してくれていることも珍しくありません。
では、そのような情報に頼っていたら頂点に立てるのでしょうか?
みんなが得られる情報なので、その情報で頂点に立つことは難しいでしょう。
強いチーム、強い選手を育成するには、ネットなどに無いような新しい理論(発想)が大切だと私は思っています。
自分の専門としていた種目では、新たな発想を生み出すことが難しく、経験していない種目の方が自由な発想を生み出しやすいため、短距離や跳躍の方が先に全国大会に進出するという結果になりました。

科学的知識+ひらめき(発想)

根拠のないひらめきは結果につながらないだけではなく、怪我につながり選手生命を断ってしまうことに繋がりかねません。
大切なことは科学的な基礎知識をしっかりと学ぶこと!これは重要です。
科学的な根拠に基づいたひらめきはほとんど結果に直結していました。
科学的な知識をつければ誰でも新たなひらめきがあるわけではないので、そこは指導者としてのセンスになるのかもしれません。
しかし科学的知識をつけ選手を強くしたいと四六時中考えていれば、そこから何か生まれると私は信じています。
新しい理論
情熱のある指導者が、科学的な知識を学び、ひらめきがあり、それを検証する、その結果新たな理論が生まれるという感覚でしょうか。

理論は最強アイテム

昔は監督やコーチの考えたメニューに『何故これをやるんですか?』などと聞いたら『いいからさっさとやれ!』とか『自分もこれで強くなった』とか言われたかもしれませんね。
では、今の子たちに対しそのような姿勢で指導をしていたらどうなるでしょうか?
『あのコーチの言っていることは信用できないな』とか『きっと説明できないんだろうな』と思われてしまいます。
そのような関係性の中で結果を残していくことなどできるのでしょうか?

情報過多ともいえる現代では、説明のできない指導者は選手と良い関係など築けないでしょう。
指導者がオリンピック出場経験のあるのスター選手であれば、選手が何も言わずについてきてくれるかもしれませんが、そのようなことは稀なので、指導者がきちっと理論を説明して選手に納得してもらうこと大切であり、丁寧に説明した理論を選手が納得しながらトレーニングすることの方が結果につながるのではないでしょうか。
理論=説得力、であり
理論=方向性を示す、ということだと思います。
ジュニア期の選手であれば間違った理論を教えても、その間違いには気づくことは少ないかもしれません。
しかし間違っていたとしても、納得した上でのトレーニングは結果に繋がりやすいと思います。

私たち指導者は説明できないトレーニングを選手にさせてはいけません!
そして、選手側も理解していないトレーニングをしてはいけません!!

東京都調布市 / KMC陸上クラブ
陸上競技指導の専門家 川口博正
http://pro.mbp-tokyo.com/kmc-kawaguchi/
http://www.kmc-athlete.com/

この記事を書いたプロ

KMC陸上クラブ [ホームページ]

スポーツインストラクター 川口博正

東京都調布市飛田給2-42-12 メゾンドール調布101 [地図]
TEL:042-426-4161

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
生徒の声
KMC陸上クラブ 評判 お客様の声

息子が小学校に入った時、自分から陸上をやりたいと言い出しました。しかし、学校で陸上クラブはなく、インターネットで小学生でも入れる近隣の陸上クラブを探しまし...

 
このプロの紹介記事
陸上コーチ・スポーツトレーナー 川口博正さん

正しい体の使い方を指導し、速く走る喜びを伝えます(1/3)

 府中市民陸上競技場(東京都府中市)をホームグランドに活動しているKMC陸上クラブは、関東小学生陸上クラブ交流大会という関東大会で20010年から4連覇中の強豪クラブです。2010年は全国小学生陸上競技交流大会男子80mハードル優勝、201...

川口博正プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

身体の使い方を修正することで速く走る感覚を蘇らせる

会社名 : KMC陸上クラブ
住所 : 東京都調布市飛田給2-42-12 メゾンドール調布101 [地図]
TEL : 042-426-4161

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-426-4161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川口博正(かわぐちひろまさ)

KMC陸上クラブ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無知であり未熟であること
イメージ

私は常々教え子たちに『無知であり未熟であることを認識しなさい』と言っています。ちょっと間違えるとマイナ...

本質を見極める力
イメージ

 みんな本質が見えていない 最近の選手を見ていると、物事の本質が見えていないことが多いように感じます。...

陸上競技を通して子供たちに学んでもらいたいこと
イメージ

私が子供のころはスポーツ=学校の部活動でした。学校外でスポーツをしている友人もいましたが、少年野球など一...

ソチオリンピックに見たアスリートらしさとは
スキージャンプ

ソチオリンピックが終わり、今回もたくさんのドラマがありましたが、オリンピックを指導者という立場で見ていると...

選手の進学に向けて願うこと
進む方向

学生アスリートにとって大きな転機となるのが進学です。競技を行う上でどのような学校へ進学するかはとても大き...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ