>   >   >   >   >  プロフィール

プロフィール

藤田裕二プロの一番の強み

現場監督として15年間従事した経験を持つ雨漏り診断士

ホームインスペクター資格を併せ持つ雨漏り診断士として雨漏りに困っている人や諦めかけている人の“最後の砦”として今日も雨漏りに立ち向かっている。「雨漏り知識日本一を目指す雨漏り診断士」です。

青森県弘前市で誕生。工業高校建築科卒業後、埼玉県のゼネコンで15年の間ビルやマンションの建設に携わる。その後、リフォーム関係の会社を数社渡り歩いた後、2004年に株式会社建水プロテクトを立ち上げて現在に至る。

  • 【免許・資格】
  • ・雨漏り診断士
  • ・ホームインスペクター
  • ・1級建築施工管理技士 
  • ・2級建築士 
  • ・PVプランナー
  • 【許可】
  • 東京都知事 許可(般-23)第137124号
氏名 藤田裕二(ふじたゆうじ)
会社名 株式会社 建水プロテクト
事業内容 ・雨漏り調査・修理・補修
・防水全般
・屋根工事
・塗装工事
取扱分野 一戸建て住宅、集合住宅の雨漏り調査・修理・補修工事、防水工事、塗装工事、屋根関係工事、各所下地補修工事
特徴 ・雨漏り改善工事の専門性の高さ
・雨漏りの原因箇所をとことん突き止める粘り強さ
・現場監督時代に培った高い技術と建物の知識
対応エリア:東京都練馬区を中心に、東京都及び埼玉県南部
職種 建築業
住所 〒178-0062
東京都練馬区大泉町6-29-20
電話 03-6682-6190
営業時間 月~土 9:00~18:00
定休日 日、祝日
ホームページ http://www.k-protect.tokyo/
HP/SNS HP:http://www.kensui-protect.co.jp/
東京雨漏り事情:http://xn--nbk261g7pm8onj50c.tokyo/
雨漏り110番練馬店:http://www.amamori110.com/nerima/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/kensuiprotect/
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者とし...

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督として15年間従事した経験を持つ雨漏り診断士

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

心配なことを質問しやすく 誠実に答えてくださるので安心できました

雨漏りで悩んでいたのですが、インターネットで雨漏り業者を...

所沢市 S・S
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「繰り返す雨漏り」を改善するたった一つの方法
イメージ

だから「再発」しないんですね。理由はこちら➡【東京雨漏り事情】

[ 東京雨漏り事情 ]

外装タイルの浮きや剥離と雨漏りには因果関係がある?
イメージ

タイルが剥離落下。室内の雨漏りと関係ある?答えはこちら➡【建水プロテクト】

[ 建水プロテクト ]

雨漏り 塩ビシート破断 今できること
イメージ

 天候不順で防水の修理ができない 東京地方では既に二週間以上毎日のように雨が観測されているようですが、防...

[ 雨漏り心得 ]

天窓 VS トップライト
イメージ

取り付けるならどっち?えっ? かっこいい方?ですよね~w【東京雨漏り事情】に天窓VSトップライ...

[ 東京雨漏り事情 ]

サッシが原因? 雨漏り調査
イメージ

 サッシ本体から雨漏りが? この写真の中に雨漏りの原因である入口が写っています。あなたは見つけら...

[ 建水プロテクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ