コラム一覧 :雨漏り心得

1件~15件(25件)

過去の15件

まさかの壁からとは

イメージ

​台東区に古いビルを持っているMさんは悩んでいた。建物は築年数40年以上にもなる鉄筋コンクリート造の4階建てなのだが数年前から4階の天井付近から雨漏りがしている。建物は1棟貸ししていて4階は倉庫になっている。1階に事務所、2階が作業場、3階が展示室となっているが上に行くにつれ... 続きを読む

雨漏り心得

2017-07-23

雨漏りの原因が特定されたら修理も頼めますか?

イメージ

 調査を実施した人は誰よりも建物の状況を把握している 雨漏り診断士は、数時間~数日という時間を掛けて雨漏りの調査を行っていますので推測の段階から原因の特定に至るまでの間、建物の状況や構造や納まりに想いを巡らしています。たとえ入居者の方が30年以上住み続けていたとしても雨漏り... 続きを読む

雨漏り心得

2017-06-28

え? 雨漏りの調査って雨の日は出来ないの?

イメージ

 雨の日は散水調査が出来ない? 「今、雨漏りしているので見に来て下さい!」「明日、天気予報が雨予報なので調査しちゃって下さい!」「建物全体が濡れている雨が降ってるうちに原因の当たりを付けておいて下さい!」【答え】➡➡➡建物全体が濡れている状況では、建物のどこを流れ... 続きを読む

雨漏り心得

2017-06-27

ストレーナーが無い方が目詰まりしない気もするが

イメージ

ドレンのストレーナーにゴミが溜まって水溜りになるらしく、しばらくストレーナーを取りはずしていたらしいのですが、樋の中がゴミだらけになって雨の流れにくい状況に陥ってました。樋内での目詰まりは大量雨漏りに発展する危険がありますので注意が必要です。やはり、ストレーナーは取り外さ... 続きを読む

雨漏り心得

2017-05-30

“無関係”の確定

イメージ

雨漏りの発見には散水調査が有効であるが、水をどの部位に当てるかは調査責任者の判断に任せられている。調査者が状況を読み解きながら、また、被疑箇所が重なって後から迷ったりしないように考慮しながら調査を進めている。決して思い付きの順番で行っている訳ではなく、時には関係ないと思... 続きを読む

雨漏り心得

2017-05-07

「雨漏り施工事例」や「散水調査状況」はこちらで確認!

イメージ

 いろんな雨漏り事例の写真が見れます! ①【施工事例】 はここで確認!②【施工事例&雨漏りコラム】 はこちらでも見れます!③【少しレアな事例】 はここにあります!④ここはお勧め!【マイベストプロ東京】これからもどんどん増える予定です!要チェック!! 続きを読む

雨漏り心得

2017-04-13

雨漏り?排水管?それとも・・・、先入観の先にあるもの

イメージ

下階に雨漏り?がするという事でしたが上階が置床という事で床下を確認するべくカメラ撮影用の穴を開けてもらいました。店舗なので床下点検口はひとまず避ける事にして、下張り部分だけに開口します。撮影したところかなりの水たまりが・・・近くには排水管もあります。これは... 続きを読む

雨漏り心得

2017-03-20

塩ビシートの経年による収縮破断はシート本体のみに非ず

イメージ

比較的耐用年数が長いと言われている塩ビシート防水でも経年によるシートの収縮を止める事はできません。特に挙動に対し制約が大きい端末部や入隅部、機械固定部分そしてドレン周りに関しては収縮による引張力に抗ってしまう傾向になるため結果として破断しやすくなっています。入隅部分が破... 続きを読む

雨漏り心得

2017-02-26

防水なんてしなくても雨漏りなんかしてません

イメージ

今もあるのかどうかよく分かりません。二十年くらい前に、とある設計事務所の先生がRC(鉄筋コンクリート)造の屋上陸屋根部分で「防水」を行わない仕様を推奨していたらしいのです。もちろん新築工事で。一切、防水作業的な事をしないそうなのです。撥水剤も使用しなければ、浸... 続きを読む

雨漏り心得

2017-02-22

雨水排水計画 雨を下階に流すべからず

イメージ

建物の形状によっては上階の屋根やバルコニーからの排水が竪樋に流れ込んだ後、下階のバルコニーに放出されている事があります。そういった場合、上階からの雨量が下階バルコニーの排出能力を超えて供給されると当該バルコニーの床では一時ではありますが水位が上がります。その時バルコニーの構... 続きを読む

雨漏り心得

2017-01-11

天窓のガラスの押し縁に雨が溜まるが弊害は?

イメージ

押し縁の一部を切断し雨水がガラス上に留まることなく排水出来るようにしたケースです。実際に水を流してみた状況の写真ですが緩勾配にも関わらずきれいに排水されて行きます。問題はサッシ枠とガラスの間に施工されているシリコンシーリング材の耐用力です。シーリングの付着力が低下すれば雨漏... 続きを読む

雨漏り心得

2017-01-08

スリーブ用止水板って常識?

イメージ

吸排気のガラリやフードから雨が吹き込んだ時の最後の砦として「スリーブ用止水板」というものがあります。空気の流れにあまり影響しない程度の遮蔽版で半月状の形状をしています。空気は通すが雨水ははじき返す・・・はずでした。フード廻りに散水してしばらくして室内側が湿気ってきた... 続きを読む

雨漏り心得

2016-12-21

内樋が原因の雨漏りに有効な改善策とは?

イメージ

内樋は隠し樋とも言われ外部から見えないように設けられた軒どい(雨どい)の総称です。内樋は木造でも鉄筋コンクリート造でも他の構造でも広く用いられています。意匠的な理由で選択されるのではないかと思われますが、雨漏りの観点から言わせてもらえば内樋はお勧めできません。例えば... 続きを読む

雨漏り心得

2016-12-07

バルコニーのスノコの下は 闇?

イメージ

今年も師走が始まってしまいましたが皆様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。私達は今夏の雨漏りの処理が未だ残っている状況下にあり、今年の雨のしつこさを再認識しているところです。今日も雨漏りの改善作業を黙々とこなしております。さて、戸建ての場合、バルコニーを1階の屋根... 続きを読む

雨漏り心得

2016-12-01

1件~15件(25件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者とし...

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督として15年間従事した経験を持つ雨漏り診断士

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

非常に仕事が丁寧であり、雨漏り箇所を探す熱意を感じられた。

作業を依頼する前はビルの雨漏りで悩んでいた。完全に雨漏り...

武蔵野市 M・N
  • 男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
天窓 VS トップライト
イメージ

取り付けるならどっち?えっ? かっこいい方?ですよね~w【東京雨漏り事情】に天窓VSトップライ...

[ 東京雨漏り事情 ]

サッシが原因? 雨漏り調査
イメージ

 サッシ本体から雨漏りが? この写真の中に雨漏りの原因である入口が写っています。あなたは見つけら...

[ 建水プロテクト ]

雨漏り調査 次の一手
イメージ

何処に散水した時の水なのでしょうか?あなたの次の一手はどこに打つ?【雨漏り110番】に散水調査の難し...

[ 雨漏り110番 ]

この季節 最大の悩みとは?
イメージ

 夏場の天敵 防水工事につきもののアレ、皆さんどうしてますか?建水プロテクトの雨漏りサイトにエア...

[ 建水プロテクト ]

ベターがベスト?
イメージ

 屋根 雨漏り修繕 豊島区  ベストを貫くよりもスピードが大切という話

[ 建水プロテクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ